代謝を上げる方法を使って無理なダイエットを予防するコツ

代謝を上げる方法を使って無理なダイエットを予防するコツ
ダイエットするなら無理なく、そして健康的にしたいですよね。そんな都合のいい話なんてなかなかない、そう思っていませんか。実は基礎代謝を上げることでそれが可能なんです。

基礎代謝というのは、何もしないでいても、ただ生きているだけで使われているエネルギーのことです。生命活動を維持するために体が使うこの基礎代謝ですが、放っておくと年齢を重ねるごとに低下していってしまうのです。

言ってみれば燃費のいい車のようなものなんですが、車と違って、人間の体は使わなかった分脂肪として体に蓄えてしまうのです。

きちんとエネルギーを使い、余ったエネルギーを脂肪にしないためには基礎代謝を上げることが大切です。そこで、今回は簡単に代謝を上げる方法をお伝えいたします。

体温を上げる。

体温が一度上がるとなんと基礎代謝は13%上がると言われています。一割を超える量の基礎代謝が上がる訳ですから、体温を上げることがイコール基礎代謝を上げることに繋がるんですね。

特に普段から低体温気味の人は意識的に体温を上げる習慣をつけるようにしてみましょう。手足を冷やし過ぎないように靴下や手袋、サポーターなどで保温する、お腹や背中を冷やさないように羽織るものなどで工夫したりカイロを上手に使う、入浴時はバスタブに10分程度入ってしっかり体を温める、

ショウガなどの体を温める食材を上手に取り、逆に夏野菜などの体温を下げる食材を食べ過ぎない、など、手軽にできることから始めて代謝を上げる工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

大きい筋肉を鍛える。

体の中でエネルギーを使うところと言えば筋肉です。筋肉が増えると基礎代謝が上がり、減ると下がりますので、代謝を上げるには筋肉をつけることが一番です。

特に大筋群と言われる大きな筋肉は少し動かしただけでもたくさんのエネルギーを使うので、そこを鍛えるのが効果的。胸のあたりにある大胸筋、背中にある広背筋、太もも廻りの大腿四頭筋、それに腹筋などが主な大筋群になりますので筋トレをするならそのあたりがおすすめです。

そして睡眠もしっかりとって筋肉を育てましょう。また、ただ鍛えるだけではなく、筋肉の柔軟性を保つためにストレッチなども取り入れると、柔軟な筋肉に包まれた血管やリンパ腺はその流れが良くなり、むくみを解消して老廃物を体外に出しやすくなります。

老廃物がたまると基礎代謝が落ちてくるので、筋トレとストレッチでしっかりと基礎代謝を上げるようにしましょう。

 

肺活量をあげる。

人間が生きて行くためには酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出す呼吸が絶対必要ですね。この呼吸も基礎代謝を上げるためにはとても大切です。

心肺機能が低下すると基礎代謝も下がりますので、積極的に肺活量を増やす運動をして心肺機能を強化することが代謝を上げることに繋がります。

一番簡単なのは姿勢を意識することで、いわゆる猫背の方は意識して背中を伸ばして姿勢を良くしましょう。そして腹式呼吸でゆっくりと深呼吸をします。

腹式呼吸というのは慣れていないとちょっと難しいですが、肩や胸の力を抜いてうつぶせにうずくまるような姿勢でゆっくり呼吸をしてみましょう。

ペットがいる方はわんちゃんや猫ちゃんがリラックスしてゆっくりお腹を動かして呼吸しているのをイメージすると分かり易いかもしれません。

限界まで吸って、数秒とめて限界まで吐く、それをくりかえすことで呼吸筋を鍛えることが出来ます。他にも風船を膨らませる、空のペットボトルを加えて吸う息だけでへこませていく、などの方法があります。

 

食べないダイエットは代謝を下げる。

ダイエットと言えば食事の量を減らすことが一番最初に頭に浮かびますが、これは代謝を下げてしまう原因になります。生命を維持するために必要なエネルギーをきちんととれないと、体は飢餓状態になり、栄養をため込もうとするためです。

すこしでも燃費をよくするために代謝を下げてしまうことになるので、リバウンドが起こりやすくなります。何度も食事を減らすダイエットをくりかえすことで体は少しでも燃費を良くしようとして代謝を下げ、脂肪を取り込んで飢餓状態に備えようとします。

痩せたくてダイエットしているのにかえって太ってしまったりするのは代謝を上げることに失敗しているからなんですね。

 

汗をかく

汗を流すのは不衛生にみえて敬遠している方もいるかもしれません。でも汗というのは体内の老廃物を体の外に出してくれる大切なもので、汗をかくということは代謝が起きている、ということでもあります。

汗をかくことを嫌がらずに積極的に汗をかきましょう。もちろんサウナや足湯などで体を温めて汗をかいてもOKですから、運動が苦手な方や、人に会う仕事をしていて汗をかくことがはばかられる方はそういった方法で積極的に代謝を上げるようにしましょう。

 

さて、基礎代謝は十代がピークで放っておくとあとはただ下がっていくだけ、と言われています。

代謝が落ちると疲れがなかなか取れにくくなったり、ぜい肉がつきやすくなったりと、良くないことばかりですが、すこし気をつけるだけで基礎代謝が落ちるのを防いだり、逆にあげることができるんですね。

基礎代謝を上げるためにすると良いことは、健康的な生活を送るために積極的に取り入れたいことばかりです。

今回ご紹介した方法の中には、すぐに取り入れるにはすこしハードルが高いと思われるものもあるかもしれませんが、できることから少しずつ取り入れて、無理なく健康的にダイエットに成功できるように代謝を上げる習慣をつけるようにしたいですね。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました