生きるのが辛いとき思考を変える5つの方法

生きるのが辛いとき思考を変える5つの方法
生きるのが辛いときに気持ちを上に向かせるのはとても難しいですよね。仕事や恋愛、人間関係が原因で生きるのが辛いと感じてしまうことがあるでしょう。

生きるのが辛いと感じてしまったとき、あなたの身体は体調不良ではないのにだる重くしんどいと感じるでしょうし、部屋の空気もどんよりと重く暗い雰囲気になっていることでしょう。どうにかしてそのマイナスな気持ちから抜け出したいと思っても、なかなかすぐにプラスに考えることはできず、しんどい気持ちのまま日々を過ごすことになってしまいます。

「生きるのが辛い」と感じてしまったらどうやって気持ちを切り替えていけばいいのか分からないですよね。そこで今回は、そんな心情になった時に思考を変える5つの方法をお伝えします。



 

生きるのが辛いとき思考を変える
5つの方法

 

ポップで明るい色の好きなものを置く


生きるのが辛いと感じていると、部屋もどんより重く暗くなってしまいますよね。負の空気に包まれて、プラスのことを考えることはできません。まずは環境から、目につくものから、パッと明るくしていくことをオススメします。掃除をしてたまっている埃をとってキレイにしたり、百均の雑貨はとてもおしゃれでかわいいのが多くあります。

自然なものからポップなものまで自分好みのものがいろいろ選べるでしょう。安くておしゃれというのは部屋のインテリアには最高です。いつもとは違う何か気にいったものを置いてみてください。それが目に入るごとに心も体も癒されて励まされますよ。

 

同じ気持ちの人を探す


生きるの辛いと感じているならば、その気持ちをわかってくれる人に相談し話を聞いてもらうことが1番良いです。一人で悩み耐え抜けるほど簡単な思いではないでしょうし、一人だと、どんどん悪い方へ考えてしまいよくありませんよね。

苦しみや悲しみなど同じ気持ちをもった人であれば、自然に心も通いあえ一緒に悩み、解決してこうと励みにもなります。また同じ気持ちを持つ人と話すことで、「話せてよかった」と自分の気持ちも軽くなりますよね。

最近ではSNSなどのいろいろなネットツールもあるので、顔を合わせずともメールの文章だけでやりとりすることも可能です。顔を合わせては話しにくくても、メールでなら少し大胆に思い切って話すことができるでしょう。

そこから、人生の親友になる人もいるかもしれません。生きるの辛いという心のうちを思い切って打ち明けてみましょう。

 

「こうあるべき」という考えを捨てる


生きるのが辛いと感じている人は、物事の既成概念や常識にとらわれすぎているのかもしれません。生きるのが辛いという状況ばかりを思っているため、頭が柔らかく物事を考えれずに「こうでなければならない」と常識にとらわれている可能性があります。

「あのとき、ああしなければならなかった」など自分の思う常識にとらわれすぎて、自分にマイナスなことばかり考えてしまいがちです。

その結果「生きるの辛い」と自分を苦しめることになるのであれば、そういう常識は捨てましょう。もっと「そうあるべき」ではなく「そういうのもあるけど他のもある」という風に大きく物事をみて、それがオンリーワンではないということを理解しましょう。

そうすれば、もっと気楽に物事をとらえることができて、気持ちも楽になり、新しく視野が広がるに違いありません。あなたの考えが全てではなく、あなたの考えを理解してくれる人もいれば、そうでない人もいると色々な人がいることも忘れずにいてください。

 

周りと比較しない


生きるのが辛いと感じている時に多いのが、「あの人はいいな〜」や「この人は幸せなそうだな〜」と他人と自分を比較してしまうこと。そういう状況はマイナスになっている気持ちをさらに沈ませて、自分だけが生きるの辛いんだと思わせてしまう原因になります。

一見「幸せそう」に見えるあの人も、多くの悩みを抱えているかもしれませんし、同じように「生きるのが辛い」と感じているかもしれません。

周りはまわり、自分は自分と、比べることなく物事を考えるようにしてください。「きっと幸せそうに見えるだけであの人も辛いんだ」と自分に言い聞かせてみると比較なく、周りと同等の立場にたって考えることができるでしょう。

 

この辛い時期を乗り越えたら良いことがあると考える


よく「どん底まで落ちたらあとは上るしかない」や「悪いことの後にはいいことしかない」などの言葉を聞いたことある方は多いでしょう。生きるのが辛いと感じている人はもう先がないと考えがちですが、先がないかどうかなんて誰にもわからないこと。そう感じているその時が底なのでしょうから、それ以上の底はないということです。

底に到達したら、あとは上がっていくだけ。上がっていく途中も「辛い」と感じることは多々あるでしょうが、これを乗り越えればいいことが待っている!と思い進んでいくだけです。

言葉のとおり、ずっと辛い状況が続くわけではないということを覚えておくようにしましょう。「生きるのが辛い」という思いを乗り越えたときに、今までに経験したことのない新しい世界が広がっているかもしれませんよ。

 

いかがでしたか。

このように、生きるのが辛いと感じているとき、それは「孤独」を感じているのかもしれません。そういう状況のときは「自分だけが」と思っていることが多くあります。

生きるのが辛いんだ。ということを話すことができないので、一人で悩み落ち込み、ますます落ちていくという負のスパイラルになってしまうのです。

ですので、「辛い」状況になったらまずは、人に話すことが大切です。周りの人に言えそうもない場合は、ネットやSNSで同じような気持ちの人を探してみたり、同じような気持ちの人の意見をみてみましょう。

きっとあなたは「一人じゃない」と気づくはずです。悩みのない人はいません。多かれ少なかれ大なり小なり悩みをもっているのが人間です。そして、あなたの考えが全てではないこと。いろいろな見方ができるので、あなたの考えを理解してくれる人もいるということを忘れずに、プラスに物事を考えていくようにしましょう。

まとめ

生きるのが辛い時は、

・ポップで明るい色の好きなものを置く
・同じ気持ちの人を探す
・「こうあるべき」という考えを捨てる
・周りと比較しない
・この辛い時期を乗り越えたら良いことがあると考える

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い「ご先祖占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

コメント