代謝を上げる食べ方を学んでメタボを予防する5つの方法

代謝を上げる食べ方を学んでメタボを予防する5つの方法
メタボを防ぐには代謝を上げるのが一番、とわかっていても、なかなかそうはうまくいかないのが現状ですよね。

ジムにでも通えたら手っ取り早いのでしょうけれど、時間もない、お金もない、そもそも持続するかもわからないとなるとちょっと二の足を踏んでしまいます。ですが、運動だけが代謝を上げる方法とは限らないのです。

メタボを防ぐには代謝を上げることで、内臓脂肪など体の中から脂肪を燃焼させ、エネルギーに変えていけるように体質改善をしていかなくてはいけません。そのためには、運動だけではなく食生活をも見直さなくてはいけないのですよ。

そこで今回はあなたの生活習慣を見直して、メタボ予防・撃退に役立てるためのポイントについてお伝えします。

なにはともあれ3食しっかり食べる

代謝を上げるなら「とにかくちゃんと食べましょう」。メタボと言われると、どうしても食事制限や○○抜きダイエットに走る傾向がありますが、浅はかすぎです。「暴飲暴食」「偏食」こそが問題なのであって、食事そのものが問題なのではありません。

そもそも食事摂取も十分、代謝活動促進になるのです。食べ物を消化・吸収するのに、約10%のエネルギーが使われるといわれています。ウォーキングに換算するなら約1時間分。これを活かさない手はありません!

さらに熱生産も行われるので、冷え症改善や脂肪燃焼にもつながります。適量を、適度に、バランスよく食べましょう。まずはそこからです!特に朝ご飯をきちんと食べると、しっかりと1日の代謝を上げることができます。

朝にこそ、バランスの良い食事を心がけること。「どうしても朝は胃に食べ物が入らない」という人は、栄養と水分を同時に補給するという意味合いもかねて、生姜湯や生姜入りココアを飲むことをおすすめします。

 

体を温める食材を摂取する

体温が上がれば代謝を上げることができます。となると、体が温まるものを食べればおのずと脂肪燃焼等にもつなげられるということになりますよね。

・熱量アップのためにも筋肉を作るための食事を心がける

・身体を温める食材を摂取していく

この2点が重要になってきます。

筋肉を作るために必要なたんぱく質を含む・肉・魚・卵・大豆製品・ナッツ類を、1日の食事の中で適量しっかり摂っていくよう心がけましょう。

また、体を温めるのは・香辛料(とうがらしなど)・長ネギ・生姜・根菜類といった食材が代謝を上げるには有効。スパイスたっぷりのカレーや生姜湯、焼き鳥のネギまなどもおススメです。

逆に「氷がたくさん入った冷たいドリンク」や「カフェイン」「アイス」「砂糖がたくさん入っている菓子」「フルーツ」は体を冷やしてしまうため、摂りすぎに注意するか、食べる時は白湯など温かい飲み物と一緒にするとよいですよ。

 

酵素を取り入れる

代謝を上げるには酵素ドリンク、といううたい文句を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。酵素は消化活動の際に必要不可欠な要素です。そのため、食べ物でしっかり補ってあげることが、代謝を上げるためには重要になってくるのです。

【酵素を含む食べ物】

・キャベツ
・大根
・たまねぎ
・アボカド など

【酵素を含む果物】

・りんご
・ばなな
・かんきつ類 など

【その他】

・チーズ
・ヨーグルト
・醤油
・みりん
・納豆
・味噌 などの発酵食品

酵素は熱に弱いという特性があるので、野菜や果物は生で食べると効果的。すりおろせるものはすりおろして食べるといいですね。手軽で美味しいのはりんごとばななのスムージー!

飲みやすさ満点でお腹の満足度も文句なしです。他にもお気に入りのレシピを見つけてみましょう。食事自体がなかなか難しい時は、酵素飲料やサプリメントを活用するのも一つの手です。

 

鉄分をしっかり補う

鉄分と聞くと「貧血予防」といったようなイメージがありますが、実は鉄分が担う役割はそこだけではありません。鉄分もまた、代謝を上げるためには必要不可欠な要素です。なぜなら鉄分は、血液に含まれる酸素を運ぶ成分のもととなる栄養素です。

それが不足すれば、血中酸素が全体にうまく行き届かず、酸欠状態になってしまいますよね。血の巡りが悪くなれば、代謝が落ちるのは必然です。

こういった事態を防ぐためには、・ココア、チョコレート・アーモンドといったナッツ類をうまく間食やサラダなどに取り入れてみるのが、代謝を上げるのに効果的。計画的に食事からとるのが難しければ、飲料やサプリなどを利用するのもよいでしょう。

ダイエット飲料やサプリメントは、それに頼りすぎるから良くないのです。適量を、あくまで補助として意識することで上手に活かすことができるはずですよ。

 

夕食は夜の8時までに終わらせる

この現代社会、なかなか難しいのは承知ですが……代謝を上げるのならば、できれば、夕食は夜8時までに終えるようにしてみましょう。人間の体は時間帯によって「デトックス」「消化」「代謝」などといった働きを行っていることが判明しています。

最近よく聞くのは「午前中はデトックスタイム」というもの。午前中は老廃物の排出に適しているため、朝ご飯は生野菜や果物の摂取が推奨されています。

同時に「夜の8時以降は代謝の時間」とも言われており、この時間帯を境目に、「消化時間」から「代謝の時間」に切り替わるとされているのです。そのため、このあたりまでに食事を終えておけば効果的に代謝を上げることが可能になります。

さらに「消化」の時間を最大限に活かすことまで考えるのなら、もっと早めの夜6時までに食事を摂るのが望ましいのですが……せめてお休みの日のような、1日を自由に使えるような時に試してみるといいかもしれませんね。

 

以上のように、代謝を上げるには、日常生活のちょっとした部分を意識するのがポイント。やみくもにダイエットやサプリなどに頼るよりも、しっかりと計画を立てて継続させる方が、事は有利に進みますよ。

そのうえで、できることなら「体を動かす」ことを取り入れると、より代謝を上げるのに効果的になります。階段を使う・歩くといった些細なことでも立派な運動。

これをさらに「正しい姿勢で」「歩幅を意識して」行うことで、下手にジムに通うよりもよっぽど効果を引き出すことができるのです。

代謝を上げてメタボ予防に、と考えるとなんだか特別なことをしなくてはならないような気になりますが、要は普段から不規則な生活や偏った食事ばかりにならないことが大切です。気負わず、できるところから始めていきましょう。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました