疲れないカラダの作り方で健康を増進する5つの基礎テク

健康な体
疲れないカラダの作り方で毎日を健康に過ごしたいものですよね。ちょっと運動しただけで息が上がってしまう、一晩寝ても前日の疲れがとれず朝から体がだるい、あるいは食欲がわかないなど。

慢性的な疲労感や体力不足は毎日を健康に過ごせないだけでなく、「今ががんばりどき」というときに力を発揮できなかったり最後までやりきることができいために、仕事や学校の勉強にも支障をきたしてしまいます。

では、慢性的な疲労感や体力不足を解消して健康を増進するためには毎日をどう過ごせばよいのか。ということで、今回は疲れないカラダの作り方をお伝えします。慢性的な疲労感を覚えている方、自分の体力不足に不安を覚えている方、ぜひ参考にしてください。

早寝早起きで十分な睡眠をとること

疲れないカラダの作り方では早寝早起きで十分な睡眠をとることが大切です。睡眠はその日の疲労を解消する時間であるのと同時に、翌日がんばるための英気を養う時間でもあります。

1日6時間以上の睡眠時間を確保してくださいね。また、1日6時間以上の睡眠をとれば昼間に寝てもよいのかというと、そういうわけではありません。

体内時計や自律神経の働きを正常にするためには朝起きたときに日光を浴びることが大切だからです。夜は早く寝て朝は早く起きることが、疲れないカラダの作り方の基本です。

 

規則正しい生活を送ること

休日になると夜更かしや朝寝坊をしてしまう、長期の休暇に入ると昼夜が逆転してしまうという方は多いですよね。

たしかに、休日や長期の休暇には羽を伸ばして自分の好きなことに没頭しても良いですが、毎週夜更かしをしたり、夏休み丸々昼夜逆転の生活では、体に疲労がたまってしまいます。

日中活発になるはずの交感神経が夜になって活発に働き始めたり、ホルモンバランスが乱れる、基礎体力や免疫力が落ちるなど、疲れやすい体になってしまいますよ。

また、昼夜逆転の生活が長くなればなるほど、朝起きて夜寝るという生活に戻るのが難しくなってしまいます。休み明けの学校登校日や出勤日、授業や仕事が始まる前からすでに疲れてしまうのです。

休みの日もできるだけ普段と変わらない規則正しい生活を送ること、休みの間に生活リズムが乱れた場合は1日で生活リズムを元に戻すのではなく、数日から1週間かけて元の生活に戻るようにしましょう。

 

栄養バランスのよい食事をとること

疲れないカラダの作り方では栄養バランスのよい食事をとることも大切です。糖質・タンパク質・脂質をバランスよく食べてくださいね。

糖質抜きやタンパク質抜きなど、必要な栄養をとらない食事を続けると、脳が栄養不足になったり、筋肉の回復が遅れる、体温や免疫力が低下する、ホルモンバランスが乱れ生理がとまるなど、体に不調があらわれます。

特に、最近疲れやすいという方は糖質やタンパク質が不足している可能性があります。食事の内容に偏りがないか、食事の量そのものが不足していないか、自分の食事を見直してみてくださいね。

食事だけで必要な栄養を摂取できない場合は、間食で栄養を補うのがおすすめです。糖質が足りていない方はおにぎりや果物を、タンパク質が足りていない方はチーズやヨーグルトなどの乳製品や小魚でタンパク質を補ってくださいね。

 

鉄分を摂取して貧血を予防すること

疲れないカラダの作り方では貧血予防にも気を付けてみてください。鉄欠乏性貧血では、血中のヘモグロビンが不足するため、細胞に酸素が供給されにくくなります。細胞が酸素不足になる、つまり体全体が酸欠状態になってしまうのですね。

疲れやすい、体が重い、ちょっと動いただけで息が上がってしまうなどの症状があらわれます。鉄欠乏性貧血を予防するためには、鉄分を摂取することが大切!レバーやひじきなどを食べてください。

特に、体への吸収率が高いレバーは鉄欠乏性貧血予防には欠かせない食べ物です。貧血になりやすい方、生理や妊娠中の方は意識して食べるのがおすすめです。食事だけでは十分な鉄分を摂取できないときには、サプリメントで補っても良いです。

 

適度な運動をする習慣で体力をつけること

疲れないカラダの作り方では、適度な運動で体力をつけることが大切です。ウォーキングやジョギングなど体に負荷をかけすぎない運動を定期的に行いましょう。疲れない体を作るための運動で、筋肉痛になって翌日ヘロヘロになったのでは意味がありません。

自分の今の体力に合った運動をして徐々に体力をつけてくださいね。肩こりや腰痛になりやすい方、むくみやすい方、体温が低く冷え性の方は筋肉が不足しています。筋トレをして筋肉をつけましょう。筋トレではスクワットやピラティスがおすすめです。

 

上記の通り、疲れないカラダの作り方では、早寝早起きをして規則正しい生活を送ることが大切です。夜更かし夜遊び、朝寝坊はやめて、十分な睡眠をとるようにしましょう。十分な睡眠をとっても昼間寝て夜起きるのでは疲労を解消することはできません。

夜は寝て朝起きる、起きたら太陽の光を浴びることで、体内時計や自律神経の働きが正常になります。疲れないカラダの作り方では食事も肝心!糖質・タンパク質・脂質をバランスよく摂取してくださいね。

貧血になりやすい方はレバーやひじきなどを食べて、鉄分を補いましょう。さらに、適度な運動をする習慣をつけることも疲れないカラダの作り方の一つです。

ウォーキングやジョギング、スクワットなどの筋トレをして体力をつけ、疲れない体を作りましょう。

【もうすぐ終了0円鑑定】タロットカードで変わるあなたの運命

「神秘の運命タロット」では、あなたが選んだタロットカードをもとに、これから訪れる未来を大予言!

凄腕のタロット鑑定師が【今だけ0円】であなたの未来を読み解き、 迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。

まずは、気になるカードを選んでみて下さい!
連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました