食べ過ぎで腹痛になりやすい人のための5つの食事改善

食べ過ぎで腹痛になりやすい人のための5つの食事改善

食べ過ぎで腹痛になりやすい人は、今度こそ気をつけよう!と心に誓いつつ…ついつい食べ過ぎてまた腹痛ということを繰り返したことがるかもしれません。

たくさん食べられることは良いことですが、その後に腹痛がくるのなら間違いなく体にとって負担となっています。

もちろん改善はしたいけど…食べることが特別好きな人にとって量を減らしたり食べ過ぎないようにコントロールをすることはとても難しいこと。

食べ過ぎで腹痛にならないよう何か簡単に行える対策があれば良いのにと思いますよね。体質だから仕方がないと諦めてしまった人もいるかもしれません。

そこで今回は食べ過ぎで腹痛になりやすい人のための5つの食事改善と題して簡単に行える対策をお伝えします。



 

食べ過ぎで腹痛になりやすい人のための
5つの食事改善

 

よく噛んで食べることを習慣にしよう


食べ過ぎて腹痛になりやすいのなら試すべき一つ目の対策はよく噛んで食べること。とても基本的なことであり誰もが知っていることではありますが、食べ過ぎてしまう人の多くはこれを実践できていないことが多いよう。

お腹を空かせた時には特に勢いよく食べることが習慣となってしまっているかもしれません。よく噛んで食べるなら、消化を促す唾液がたくさん分泌されて消化しやすくなり、また脳の満腹中枢が刺激されて噛まずに食べるときよりも早く満腹感が出てきて食べ過ぎを防ぐことができます。

分かっていても噛む癖がないためにすぐに飲み込んでしまうという人は口に一口食べ物を入れたら箸を一旦置くということを試してみましょう。習慣化してきたら箸を置かずともゆっくり噛んで食べられるようになりますよ。

 

食べる順番を気にしてみよう


食べ過ぎて腹痛になりやすい人ができる食事改善の次の方法は消化しやすいものから食べること。ゆっくり噛んで食べることに加えて順番を考えて食べるだけで大きな効果を期待できます。

あまりにも神経質に順番を考える必要はありませんが、大まかな順番を頭に入れておくと良いですね。生野菜や果物など酵素が取れるものから食べ始め、次に調理された野菜類そして肉や魚また炭水化物という具合に消化しやすいものから食べるなら胃に不必要な負担をかけることなく消化していくことができます。

そして食事前にコップ一杯の水を飲んで食欲を抑えることも効果的。食べ始めるとスイッチが入ってしまって勢いよく食べてしまうという人には特にオススメです。是非試してみましょう。

 

消化しやすい食材を選んで食べよう


食べ過ぎて腹痛になることが慢性化してしまうというケースもあります。そういう時にはできるだけ消化しやすいものを選んで食べるようにしましょう。

オススメなのが、腸の調子を整えてくれるヨーグルト、また柔らかくて胃に負担の少ないおかゆ、そして栄養も取れる茶碗蒸しなどお腹に優しいものを食べるようにしましょう。

時々腸に良いはずという理由で食物繊維が多いものを取る人がいますが、食べ過ぎて腹痛を起こしている時に食物繊維が多い食物は消化に時間がかかってしまい負担となるのでできるだけ避けるようにしましょう。

腹痛であまり量が食べられない場合には野菜ジュースなどで済ませることもできますね。消化しやすい食材を選んでお腹の調子が回復するのを待ちましょう。

 

野菜中心の食生活を心がけよう


食べ過ぎで腹痛になりやすい人の食生活の特徴に油っこい食事があります。もちろん脂分が含まれた料理は美味しく感じるのでついつい食べ過ぎてしまう気持ちも分かります。

しかし油っこい食事ばかりしていると腸内環境が悪くなってしまい、食べ過ぎによる腹痛も改善しにくくなってしまうことに。そこで改善法としてできるだけ野菜中心の食事を心がけるようにしましょう。

野菜を中心に食べることで腸の環境が整いお腹の調子も戻ってくるはず。お肉が恋しいという時には鶏のササミを食べるなど脂分が少ないヘルシーな部分を食べることもできますね。そのように工夫をしながら野菜中心のお腹に優しいメニューで調子を整えましょう。

 

刺激物を避けるようにしよう


食べ過ぎて腹痛になりやすい人が気をつけるべき食生活として刺激物を避けることがあります。食べたい物や飲みたい物を何でもかんでも考えなしに食べ続けるならお腹の調子は戻りません。

そこで好みのものなど少しコントロールする必要があるかもしれませんが、食べ過ぎでの腹痛が改善されるまで刺激物はできるだけ避けるようにしましょう。胃や腸にとって刺激物となるのは唐辛子などの香辛料、また飲み物ではコーヒーやアルコール類。

コーヒーやアルコールに関しては食後のデザートを食べる際、または飲み会での席では外せないものなのでコントロールが難しいかもしれませんが、腹痛を起こしてまたさらに長期間食事制限をするよりは意識的に量を少なくするなど自分なりにコントロールしたほうが身のため。一緒に食事する家族や友人にお腹の調子が悪いと伝えておくとコントロールしやすいですよ。

 

いかがでしたか。

美味しく食べることは生活の楽しみだという人は多いもの。ついつい美味しいからと食べ過ぎて腹痛を何度も繰り返す人もいるようです。

食べている時は幸せかもしれませんが、その後の腹痛は辛いですよね。腹痛を引き起こしやすい人は普段の食事から少しのことを気をつけることで腸の環境が整い症状が改善しやすくなることも大いにあります。

そこで今回お伝えしたように、よく噛んで食べることや消化しやすい物から食べることなど少しずつ当てはめて改善していきましょう。

油っこいものや消化しにくいもの、また刺激物をできるだけ避けて野菜中心のヘルシーな食事を心がけたいですね。そして飲みの席などにおいても飲み過ぎないなど基本的なことを守って食べ過ぎでの腹痛を改善していきましょう。負担なく食べて楽しい食事を続けましょう。

 

まとめ

食べ過ぎで腹痛になりやすい人のための5つの食事改善

・ よく噛んで食べることを習慣にしよう
・ 食べる順番を気にしてみよう
・ 消化しやすい食材を選んで食べよう
・ 野菜中心の食生活を心がけよう
・ 刺激物を避けるようにしよう

試練に直面して、自分を信じられないときに必要な言葉

音声はいかがでしたか?こちらの、ダウンロード版も用意していますので、スマホや音楽プレイヤー等に入れて諦めそうな時に、挫けそうな時に、何度も聞き返して下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント