食べ過ぎで腹痛になった時にやってはいけない禁止事項

食べ過ぎで腹痛になった時にやってはいけない禁止事項

誰もが食べ過ぎで腹痛になったことありますよね。そんなに無理して食べたつもりはなくても身体にとってはキャパオーバーとなった時、気分が悪くなったりお腹が苦しくなり、しまいには腹痛にも悩まされてしまいます。

そしてその状態を改善しようとして試したことがさらに悪化を誘うことも。ただの食べ過ぎゆえの腹痛だからそんなに深刻に心配する必要はないと考える人もいるかもしれませんが、やはりお腹が痛いということは体にとって負担であることを知らせているわけですので適切な処置を施したいところ。

これまで食べ過ぎで腹痛になったら自己流で対処していた人もある程度の正確な情報を実践するだけで随分結果が変わります。そこで今回は食べ過ぎで腹痛になった時にやってはいけない禁止事項をお伝えします。



 

食べ過ぎで腹痛になった時に
やってはいけない禁止事項

 

腹痛になった時に体を横たえることをやめよう


食べ過ぎて腹痛を感じるととにかく休もう、ゆっくり体を横にして安静にするのが1番だと言う人がいますが、実はこれ禁止事項の一つ。

食べ過ぎでの腹痛ではないにしても体調が悪い時には横になるという考えは多くの人が考えることでしょう。しかしなぜ食べ過ぎでの腹痛の場合横になることを控えた方が良いのでしょうか。

それはとても単純な理由で、お腹を余計に圧迫してしまうから。横になるよりもお腹を圧迫しない自分にとって一番楽な姿勢を取るようにしましょう。

そしてお腹を手で反時計回りにゆっくり撫でると少し痛みが和らいだように感じますよ。体調不良の際には横になって寝るというのは食べ過ぎの腹痛には当てはまらないということを覚えておきましょう。

 

腸を荒らしてしまう飲み物を避けよう


食べ過ぎて腹痛を感じているにも関わらず、さぁ食後のデザートと共に!と言ってコーヒーを飲む人がいますよね。また夕食で回転寿司や焼肉などついつい食べ過ぎてしまうような状況でお酒を飲むということもよくあること。

しかし実は食べ過ぎで腹痛になっている時にコーヒーやお酒を飲んでしまうと腸が荒れてしまうためさらに痛みが増したり、なかなか痛みが治まらないなど悪い結果をもたらしてしまいます。

食べ過ぎて腹痛を感じているだけだから大したことはない、何を飲んでも大丈夫!という風に軽く考えてコーヒーやお酒を飲んでさらに体に負担をかけないように気をつけましょう。そういう時には刺激の少ない水で水分補給をすることが望ましいですよ。

 

腹痛時にさらに食べることは避けよう


食べ過ぎて腹痛になった後、お腹はまだ少し痛むけどお腹が空いてきたからさらに食べるということはできるだけ避けるようにしましょう。

なぜなら食べ過ぎで腹痛になる場合の一番の原因は消化がうまくできないことにあるから。一気に食べた大量の食物を体内で消化するのには時間がかかります。

しかし食べ過ぎゆえに消化が間に合わず体に負担となって腹痛や気分が悪いなどの症状が出てくるということ。

その状態でも時々お腹が空くということもあり得ますが、ただでさえ消化が間に合わずに腹痛を起こしている訳ですからできるだけ消化器官を休めるためにも少し食べることを控えるようにしましょう。

どうしても何か食べたいという時には普通の食事をするのではなく果物など消化に良いものを選ぶと良いですよ。

 

腹痛時には避けたい食材を知ろう


食べ過ぎて腹痛を起こした場合、その後も消化器官の負担とならないものをできるだけ選んで食べたいですよね。そこでこれだけは腹痛時に避けたい食材というものを把握しておきましょう。

1番避けたい食材は肉類。脂肪分の多いハムやソーセージなども避けたいところ。他にも揚げ物や唐揚げなど脂肪が多いものは消化する時胃に負担がかかってしまうので摂取はできるだけ避けましょう。

そして体には良いものの食べ過ぎで腹痛になっている時には繊維類も消化に時間がかかるため避けておきましょう。

例えばゴボウやレンコン、またキノコ類なども繊維質なので腹痛時に食べるのは控えましょう。そして食べるにしてもゆっくりとたくさん噛みながら食べるとお腹に優しいですよ。

 

無理なエクササイズをやめよう


食べ過ぎによる腹痛をできるだけ早く解消しようと思い軽いエクササイズをしようと考える人がいるようです。もちろん食べ過ぎて苦しいわけですのであまり動く気はしないかもしれません。

少し運動することによって脂肪燃焼するかなと考えてあえて苦しさを感じつつもエクササイズをする人もいるようですね。

もしくは毎日の運動習慣を守りたいがために食べ過ぎて腹痛を感じているのにいつもの日課通り、運動メニューをこなそうとする人もいるよう。

しかしそれは重たくなった胃と腸をさらに圧迫させてしまうことになり余計に不調をきたします。なので腹痛時には運動を避け、通常の食事ができるようになってから適切なエクササイズをするようにしましょう。

 

いかがでしたか。

誰もが経験したことのある食べ過ぎによる腹痛…。何だか情けないような、あんなに食べなければ良かったと後悔する気持ちとお腹の痛みだけが残りますよね。

その不快感から早く脱却しようと横になったり、少し動いて燃焼させようと思ってきた人もいるかもしれませんが、それらが実は禁止事項であることが分かりました。

食事の際によく一緒に飲むアルコールや食事後のデザートと共にコーヒーを飲むことも腸を荒らして負担となるため避けたいところですね。

そして何が消化に良くて何が消化しにくいかという少しの情報を知っておくことでお腹にさらなる負担をかけずに済みます。楽しくて、または美味しくてついつい食べ過ぎてしまった後にはお腹に優しい対処法で乗り切りましょう。

 

まとめ

食べ過ぎで腹痛になった時にやってはいけない禁止事項

・ 腹痛になった時に体を横たえることをやめよう
・ 腸を荒らしてしまう飲み物を避けよう
・ 腹痛時にさらに食べることは避けよう
・ 腹痛時には避けたい食材を知ろう
・ 無理なエクササイズをやめよう

これで頭をスッキリさせよう!

ちょっと辛い、、、そんなふうに思った時にはこの音声を聞いてみてください。頭がすっきりして、嫌な気持ちや、沈んだ感情がちょっとだけ楽になるはずです

下記よりダウンロードして、iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れてお使い下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント