確実に宅建を取得したい人へおすすめ、7つの意外な勉強法

確実に宅建を取得したい人へおすすめ、7つの意外な勉強法

宅建(正式名称「宅地建物取引主任者」)は、「不動産のプロの資格」「不動産業界でない人には関係ない」というイメージをもってしまうかもしれませんが誰でも取得できて、一般の企業でも日常の暮らしでも大きく役立つメリットの高い資格として注目されています。

土地の相続やマンションや一戸建ての購入・不動産に関する保険など土地や建物を管理運営するうえで宅建の知識は必要不可欠だからです。人生の大きな買い物で損をしない為には是非とも取得したい資格ですね。今回はそんな宅建を6か月で取得する勉強法について紹介します。



 

確実に宅建を取得したい人へおすすめ、
7つの意外な勉強法

 

基本書ジックリより過去問解読を重視しよう


宅建の資格試験において100点を取る事にこだわるのであれば、まんべんなく、それなりの時間をかけて学習し理解を深めていく必要がありますが合格ラインに短期間で到達するためには、宅建資格試験の合格最低ラインである約70%の正解という合格ラインのクリアに目標をおいた勉強方法も大変効果的です。

その為には、広範囲な法令を1つ1つ基本書において確認していくのではなく、過去問題から毎年出題される出題分野を推測していく作業を過去問題を解きながら行っていくのも方法の1つです。

 

3つのポイントでスケジュール化してみよう


宅建は「権利関係」・「法令上の制限」・「宅建業法」・「税」などの4つに大分されます。この4区分の学習計画(スケジュール)を宅建の試験から逆算してたてることが効率化には非常に重要になります。

やみくもに過去問題に取り組んでいくことはかえって非効率であることを認識しておきましょう。スケジュールを立てる上で考慮しなくてはならないのが①期限の明確化②何を覚えるべきなのか③復習、予備日、評価を計画に盛り込む。ことです。

 

自己マネジメントを徹底しよう


宅建に限らず何の試験でも短期間で乗り切るためには、その定めた時間の中で計画⇒学習⇒評価(実力確認)のサイクルをまわし続けていくことが重要になります。仕事が忙しくて頑張ろうとは思うけど家に帰ったらやる気が起きずゴロゴロしてしまっている。

そんな自己マネジメント(管理)が出来ていない状態では何の試験も合格することはできません。少しずつでも過去問題に取り組むクセをつけていきましょう。

 

脳を味方につけるため1日5分の勉強期間を作ろう


人間の脳には変化を抑制する機能が無意識に作動するようにプログラミングされていることをご存知でしょうか。あなたが宅建試験合格を目指して学習を開始することを変化と認識した脳は、さまざまな誘惑であなたの学習を妨害(先送りや中止)してきます。

学習を開始すると「そもそも宅建を取って何になるの?」「○○さんは宅建を取得していないけど日常業務を滞りなく行っている」「今月は仕事が忙しいから来月から学習しよう」など、もう一人の自分となってあなたにささやきかけてくるのです。

この脳の変化を抑制する機能を味方につけることができればあなたの宅建学習は日常化しやすくなり、宅建学習をしないことが逆に変化になってしまいます。そうすると「折角、決意したのだからガンバろう」などと挫折しかけても応援する頼もしい機能に変化してくれるのです。

脳を味方につけるには、はじめに脳を騙す(宅建学習が変化ではないと認識させる)期間が必要になります。最初の1、2週間を宅建過去問題1問から2問程度で切り上げる5分勉強法をしてみましょう。

新たに資格勉強をはじめると初めのうちから”飛ばす”方も多いようですが、ここはユックリ短時間から行っていくことです。(この期間を盛込んだスケジュール立案が必要)

 

ながら勉強で空き時間を活用する


通勤通学にバスや電車を利用している方はこの乗車時間をうまく活用しましょう。また、漠然とテレビを見ている時間や必要な番組でもCMの間を利用するなど、少しの工夫をすれば空き時間をうまく活用できます。

通勤通学時には道路の交通事情などに注意して1駅前で降りて歩きながら学習してみるのンも良いかもしれません。その為に重要なのはアイテムの工夫です。携帯音楽プレーヤーや単語帳などをうまく利用してみましょう。特にテレビのCM時間を利用した単語帳での復習学習はお勧めです。

 

マンガでツボを理解しよう


宅建はポピュラーな資格なので、資格試験の導入書としてマンガを活用した書籍が数多く出版されています。そのような本を手に取って資格試験のツボや業界のツボをつかんでおくことも合格の近道かもしれません。

また、取り掛かりにくい法律学習なども馴染みやすいマンガからはじめてみると意外にスンナリ頭に入ってくるということもあります。リサイクル本でも問題ありませんのでまずは読んでみましょう

 

法改正で本質を見失わないようにしよう


宅建は法律と密接な関係がある職種ですので、法改正で一部内容や解釈が変わっていく場合があります。その、法改正の制約に縛られてまた、終了した個所を再度学習しなおす方も見受けられます。

短期間で学習するためには、法改正がよほどの根幹にある法律の改正でない限り確認程度でスケジュール通りに学習を進めていく方が効率的です。法改正のすり合わせは資格取得後でも可能ですし、試験にいきなり改正部分がでることはほとんどないといっても過言ではないからです。

 

いかがでしたか?

宅建を6ヶ月で・効率的に合格していく為には、無駄のない勉強が重要になります。過去問題を何回も何回も繰り返し行いながら学習する方法には、どうしても時間の制約がでてきてしまいます。出題傾向などをよく分析して必要な個所の学習を何度も行うようにしてみましょう

 

まとめ

確実に宅建を取得したい人へおすすめ、7つの意外な勉強法

・ 基本書ジックリより過去問解読を重視しよう
・ 3つのポイントでスケジュール化してみよう
・ 自己マネジメントを徹底しよう
・ 脳を味方につけるため1日5分の勉強期間を作ろう
・ ながら勉強で空き時間を活用する
・ マンガでツボを理解しよう
・ 法改正で本質を見失わないようにしよう

目標を達成する為に!

そして、今日は、目標の明確化と、その達成のために役立つ「ナビゲーションシート」を用意しました。ぜひあなたの問題解決と目標達成のために活用してください!あなたが本当に達成したい目標を知ることができれば、今までのように頑張らなくても、もっと楽に目標達成することが出来るようになりますよ。

目標達成を明確するナビゲーションシートのダウンロードはこちらから

 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント