宅建は難しいと悩む人に教えたい、 無理なく取得できる7つの勉強法

宅建は難しいと悩む人に教えたい、 無理なく取得できる7つの勉強法

宅建という言葉を聞いたことのある方は多いと思いますが、なぜ興味の無い人にまでこの名称は知れ渡っているのでしょうか。宅建とは、宅地建物取引主任者の略式名称です。その名称の通り、宅地や建物などの取引を行うことのできる資格です。

不動産業を行う会社には、かならず5人に1人以上宅建の資格を持っている人を置く必要があり、宅建の資格を持っていることは非常に有利な条件となります。国家資格であること、5年に一度の更新はあるものの一生の資格であることなどもあり、毎年20万人以上が受験する人気の資格です。

しかしその合格率は15%強であり、決して簡単な試験ではありません。ここでは、人気の宅建に自宅学習のみで無理なく宅建を取得するための勉強法を、合格経験者の声をもとに集めてみました。



 

宅建は難しいと悩む人に教えたい、
無理なく取得できる7つの勉強法

 

法改正にだけ注意

市販されている問題集などは、宅建試験の過去問題を元に問題集がつくられています。ですが、法改正は毎年行われていますので、同じ回答が現在も通用するかに注意する必要があります。

学校や講座などを利用して勉強している人は、その点について説明をされるので心配ありませんが、自宅学習のみで勉強する人はその点に注意を払ってください。通信講座を利用する人も、見落としのないように注意を払って勉強してください。

 

テキストは1つにしぼること

テキストには、それぞれに組まれた学習の流れがあります。学習を始めると、なかなか理解できずに他のテキストに手を出そうと思うことがあるかもしれません。ですが、まずは1冊のテキストの流れに沿って学習を一通り最後まで終えることが大切です。

その後に他のテキストに取り組んだり、他の学校の模擬試験を受けるなどして幅を広げていくこともできますが、その前に1冊目のテキストの分からない部分やあいまいな部分を徹底的に解決していくことが重要です。

 

目標を持ち歩くべし

宅建合格者の中に、試験勉強に挫折しないように、目標を紙に書き出して持ち歩いていたという方がいます。何故宅建に合格したいのか?宅建に合格したらどんなメリットがあり、どんな楽しい事が待っているか?合格の為には何が必要か?一日どれくらい勉強すればいいか?

こういった事を紙に書き出して目標を明確にすることで、目標を意識することができ、それに向かって前向きにひたすら前進することが出来るという効果があるのです。

 

少しずつ進み、早いサイクルで復讐を繰り返そう

一気に勉強をすすめないことが大切です。人が物事を記憶するメカニズムでは、新しい事を覚えたら短期記憶脳に記憶されます。その後忘れないうちに復讐をすることで中期記憶脳に移動します。

中期記憶脳に残っている3週間から4週間の間に更に復讐をすることで、ある程度の情報だけが長期記憶脳に移動することができるのです。このような脳のメカニズムを上手く利用するには、一気に最後まで進んでしまうよりは、少しずつ早いサイクルで復讐を繰り返しながら学習を進めていくことが大切なのです。

 

条文部分の丸暗記が有効

丸暗記と言っても、六法全書の条文を丸暗記するわけではありません。テキストに書かれた、簡潔にポイントだけにしぼった文章を丸暗記してしまうということです。

宅建試験は4肢択一式ですから、条文のポイントを暗記していれば、ほぼすべての問題に対応することが出来ます。人の脳は、単語や単語の連続で記憶しますから、文章を覚えるよりもポイントだけをピックアップして覚えてしまいましょう。

 

まずは一通り学習を終えること

初めてテキストを開いて勉強し始めた時には、何が書かれているのかさっぱり分からないのが当然です。ですがある程度の理解でテキストを進めていくうちに、自然と理解できるようになる部分が沢山あります。

ですから、ある程度の理解の状態で少しずつ進み、早いサイクルで復讐を繰り返してください。そうしてテキストを一通り終え、そしてまたテキストの初めに戻って勉強していくことが大切です。

 

テキストを問題集にしてしまおう

テキストのポイントをノートにまとめるというのが、一般的な勉強法でしょう。けれども、ノートに書いていると、時間が掛かり過ぎてしまいます。ノート作りが目的になってしまう可能性もあります。

そこで、テキストを繰り返し何度か読んで、ある程度理解したら、チェックペン(ペンとシートを使って、書かれた文字を隠したりして学習するもの)を使って、単語を覚えるためのテキストにしてしまいましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

宅建を持っていると、不動産会社や住宅メーカーはもちろん、銀行や保険会社への就職にも非常に有利ですし、一般企業への就職にも有利です。宅建の試験の合格のために学校や予備校に通う時間が取れる人は、カリキュラムに沿って真面目に勉強すれば合格率も高いでしょう。

ですが、普段の学習にプラスして試験勉強をする方や、仕事をしながら資格取得を目指す方も多い資格です。限られた時間の中での勉強で資格取得を目指すには、無理なく取得するための効果的な勉強法をとる必要があります。ここに挙げた7つの学習法を参考にし、無理なく頑張ることで、目指す企業への就職やキャリアアップ、転職等の夢を実現させてください。

 

まとめ

宅建は難しいと悩む人に教えたい、無理なく取得できる7つの勉強法

・法改正にだけ注意
・テキストは1つにしぼること
・目標を持ち歩くべし
・少しずつ進み、早いサイクルで復讐を繰り返そう
・条文部分の丸暗記が有効
・まずは一通り学習を終えること
・テキストを問題集にしてしまおう

目標を達成する為に!

そして、今日は、目標の明確化と、その達成のために役立つ「ナビゲーションシート」を用意しました。ぜひあなたの問題解決と目標達成のために活用してください!あなたが本当に達成したい目標を知ることができれば、今までのように頑張らなくても、もっと楽に目標達成することが出来るようになりますよ。

目標達成を明確するナビゲーションシートのダウンロードはこちらから

 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント