食べ過ぎた次の日に摂りたい、リバウンドを防ぐ3つの食材

食べ過ぎた次の日に摂りたい、リバウンドを防ぐ3つの食材

ダイエット中に食べ過ぎた次の日は自己嫌悪に陥ってしまいますよね。結構頑張って我慢してきたのに、つい一口、二口・・・結局止まらなくなって、という経験誰にでもあるのではないでしょうか。

一度食べ過ぎてしまうとやけになってしまい、もう良いや、とダイエットそのものを止めてしまう人がいますが、たった一度食べ過ぎたからといって投げ出すのは考えものです。

食べ過ぎたときは、翌日、その翌日に食べるものや食べる量を調節すれば、リバウンドすることなくダイエットを継続させることが出来ます。大切なのは、食べ過ぎてしまった後の食べ物の選択なのです。ということで今回は、食べ過ぎた次の日に摂りたい、リバウンドを防ぐ食材についてお伝えします!



 

食べ過ぎた次の日に摂りたい、
リバウンドを防ぐ3つの食材

 

食べ過ぎた次の日は食物繊維をしっかり摂る!


食べ過ぎた次の日に摂りたい食材、まずは食物繊維がオススメです。食物繊維には、体内の余分な脂肪分、糖分、さらには残された老廃物などを体外に排出してくれる働きがあります。

特に、食物繊維のうちでも水溶性の食物繊維は、腸内で脂肪を吸収してくれますので、食べ過ぎた次の日に摂取するには最適です。

水溶性の食物繊維を含んだ食品は便秘の解消に役立つことで知られていますが、これらの食品は腸内で吸収されずに便として排出されますので、その際、腸内に停滞している脂肪分の多い食物の残骸も一緒に排出されるということです。

では、食物繊維を豊富に含む食品というとどんなものがあるのでしょう?代表的なのは、キャベツ、大根、玉葱、ごぼうといった、家庭で毎日食べられている野菜たちです。

また、豆やキノコ、海藻類にも食物繊維は含まれています。食べ過ぎた次の日は、これらの食材を取り入れてあっさりめの食事を摂るようにしましょう。一度食べてしまったからとドカ喰いモードに入るのは勿論いけませんが、逆に、食事を抜いたりするのも、よくありません。

食事を補給しないと、食べ過ぎた分を排出できないからです。食べ過ぎたことで落ち込むのではなく、排出されやすい食品を選んでしっかり補充し、その分、身体を動かすようにすれば簡単にリバウンドすることはありません。

 

食べ過ぎた次の日は、カリウムをしっかり摂る!


食べ過ぎた次の日に摂りたい食材、2番目はカリウムです。食べ過ぎたとき、早急に身体の外に出さなければならないのは、脂肪分、糖分、そして水分です。脂肪分、糖分は当然として、余分な水分の排出が特に大切なことを覚えておきましょう。

私達はよく食べすぎと言いますが、食事には水分が含有されていますので、食べ物をたくさん食べたときは水分も多量に摂取しているのです。

水分が多量に摂取されて体内に留まっていると、身体がむくんでしまう上、老廃物がたまりやすくなってしまうのです。カリウムはこうした余分な水分の排出を促進してくれますので、食べ過ぎた次の日に摂取すると効果的なのです。

では、カリウムはどんな食材から摂れるのでしょう?カリウムが豊富な食品と言われてまず思い浮かぶのは、ワカメやコンブなどの海藻類が思い浮かぶのではないでしょうか?海藻類はビタミン、ミネラルの豊富な食材ですが、カリウムの含有率も高いので、食べ過ぎた次の日の食材にはぴったりです。

また、ほうれん草などの野菜類やイモ類もカリウムの含有率が高いことで知られていますので、ワカメと芋、ほうれん草で具沢山のお味噌汁にすると良いですね。納豆もカリウムが豊富ですので、食べ過ぎた次の日の朝食には是非加えましょう。

さらに、パイナップル、グレープフルーツ、キウイといった果物をデザートに加えると、いっそうカリウムを補強できます。お腹も一杯になりますし、消化の良い朝食メニューと言えるでしょう。

 

食べ過ぎた次の日は、酵素と水分をしっかり摂る!


食べ過ぎた次の日に摂りたい食材、三つ目は酵素が多く含まれた食材です。酵素は消化を促進してくれますので、お腹にモノを入れすぎてしまった、と感じたときは、しっかり酵素を補充すると良いのです。

酵素が豊富に含まれているのは、生の食材と発酵食品です。生といっても、肉などを生で多量に摂取するのは無理なので、生野菜や果物がオススメです。酵素が含まれている発酵食品は、納豆、漬物、黒酢、塩麹、味噌などです。

漬物は浅漬けより糠漬けのほうが酵素をより摂取できます。酵素は加熱すると壊れてしまいますので、味噌から酵素を補給するならきゅうりや大根のスティックサラダにモロミとしてそえるのがオススメです。

もう一つ、食べ過ぎた次の日には、しっかり水分補給することが大切です。ダイエット中は普段でも水分の補給をしっかりすることが大事ですが、食べ過ぎたと思ったら、その翌日は特にこまめに水分を摂取しましょう。

これは飲みすぎたときにも同様です。過剰に食べ物や飲み物を摂取したときは、ピュアな水分を体内に取り入れて代謝を促進することが、身体を正常な状態に戻す手助けとなります。水分を摂取すると、一瞬お腹が膨れますが、動いている限りすぐに消費されます。

消費の際に体内の臓器が活動を促進しますので、身体はどんどん正常化していくことになります。食べすぎた次の日には、水分補給を忘れないようにしましょう!

 

ダイエット中に思わず食べ過ぎてしまったからといって、過剰に気にすることはありません。ダイエットは長い眼で見て行うもの。一番いけないのは、やけになってダイエットを投げ出してしまうことです。

実際には、食べすぎた次の日に排出効果の高い食材を摂取すればリバウンドは防げますし、体型に影響を及ぼすこともありません。食べ過ぎた次の日には、食物繊維、カリウム、食物酵素の豊富な食材がオススメです。

これらの食材をバランスよく含むお味噌汁、納豆、野菜サラダ、果物などをしっかり摂るようにしましょう。さらに、水分を充分補給するようにすれば、リバウンドすることなく、過剰摂取された食べ物は排出されていきます。

食べ過ぎたからと心配しすぎずに、食べ過ぎた次の日にしっかり栄養素を摂って、身体の外に出してしまうことを考えましょう!

 

まとめ

食べ過ぎた次の日に摂りたい、リバウンドを防ぐ3つの食材は、

・食物繊維
・カリウム
・酵素&水分

を含む食材です!ぜひ、お試しを!

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント