これでOK!食べ過ぎた次の日に行うべき行動

これでOK!食べ過ぎた次の日に行うべき行動
あ〜やってしまった!食べ過ぎた次の日に、そんな後悔の気持ちにかられる人は多いのではないでしょうか。胃がもたれてしまった、お腹が痛い、ダイエット中だったのに…など、たとえ一回の食事といえども、食べ過ぎは後々まで引き摺るものですよね。

では、食べ過ぎてしまった次の日はどのように過ごせばよいのでしょうか。適切な行動をすれさえずれば、体調や体重への影響を最小限の留めることができます。今回は、食べ過ぎた次の日にすべきことをお伝えします。

次の日になって慌てることがないように、そしてなにより後のことを気にせずに食事を楽しめるように、覚えておいて損はない情報ばかりです。ぜひ食べ過ぎた次の日に試してみましょう。



 

これでOK!
食べ過ぎた次の日に行うべき行動

 

食事量を減らす


体重が増えて太ってしまう原因は、消費エネルギーより摂取エネルギーが多くなってしまうからです。単純に太るのを避けたいのなら、摂取エネルギーを抑えるしかありません。

食べ過ぎは摂取エネルギーが過剰な状態ですので、次の日以降の食事で摂取エネルギーを抑えることで、太るのを防ぐことができます。食べ過ぎた次の日は食事の量や回数を減らして、摂取エネルギーの調整をするようにしましょう。

 

野菜を食べる


野菜には食物繊維が多く含まれています。食物繊維は、腸が脂肪を吸収する働きを防ぐ力を持っているため、ダイエットには最適です。食べ過ぎで太ったり胃腸に悪影響を及ぼす主な原因に、脂肪が多い食品を多量摂取したというものがあります。

食べ過ぎた次の日は、食物繊維を多く含む食事をすることで、脂肪の吸収を防ぐことができるのです。サラダや海藻類を積極的に摂取するようにしましょう。さっぱりした食べ物でもあるため、無理なく食べられることでしょう。

 

青魚を食べる


青魚にはエイコサペンタエン酸と呼ばれる体脂肪を燃焼する物質が含まれています。食べ過ぎた次の日には、肉ではなく青魚を中心とした魚を食べることで、食べ過ぎをリセットすることができます。

エイコサペンタエン酸を多く含む魚は、いわし、まぐろ、さば、さんま、ぶりなどです。食べ過ぎた次の日は和食がおすすめです。

 

水分を多くとる


消化を促進したり脂肪分を燃焼したりするには、代謝をよくする必要があります。水分をとることで、血流を良くし、代謝を上げることができます。

また、血流をよくするには、ジュースなど糖分を含んだものより、お茶やミネラルウオーターが効果的です。食べ過ぎた次の日には、意識して水分を多めに取るようにしましょう。

 

むくみを取る


水分を取るとは矛盾しているようですが、むくみも体重増加の大きな原因です。水分を多くとるだけでなく、代謝力を上げて、水分と余分なものを一緒に早く体外に排出できるようにすることが必要です。

水分の代謝を助ける物質がカリウムです。カリウムを多く含む食品は、ほうれん草、里芋、アボガド、納豆です。食べ過ぎた次の日の朝は満腹感や疲労で食欲が湧かなかったり、朝食をとる時間を作らない人が多いようですが、ここはがんばって、納豆を食べると、むしろ早く回復できるのです。

 

断食する


食べ過ぎた次の日には、胃腸を休める必要があります。人間は空腹になると血液や肝臓に貯蔵している糖をエネルギーとして使うようになります。可能なら18時間は断食時間を作りましょう。

食べ過ぎてから半日ほどです。途中、お腹がすいてしまって辛いという場合は、サラダや野菜ジュースなどを軽く食べるようにするとよいでしょう。

 

運動をする


代謝を促したり脂肪を燃焼する一番の近道は運動をすることです。可能ならジムへ行ったり、ジョギングなどができると効果的ですが、なかなかそんな時間はとれないもの。しかし、普段の生活の中で体を動かすことを意識するだけでも違ってきます。

たとえば、駅でエスカレーターを使用するのを階段にしてみたり、ひと駅分歩いてみたりと、これなら食べ過ぎた次の日にすぐに実行できるものばかりですね。

 

いかがでしたでしょうか。

食べ過ぎてしまったからと言って、もうどうにもならない訳ではないんです。食べ過ぎた次の日から3日後くらいが対処の期限です。それ以降ですと脂肪の吸収が始まっていますし、そもそも連日の食べ過ぎは問題外です。

素敵なレストラン、気のおけない仲間との場、大好物な食品、食べ過ぎはいけないと思ってはいてもどうしても食べてしまう時はあります。食べ過ぎてしまったことを後悔したり、自分を責めたりする必要はありません。食べ過ぎをどうフォローできるかなのです。

基本は胃腸を休める時間を作ること、代謝や脂肪を燃焼させる食事に切り替える、運動をする、これからは食べ過ぎた次の日からすぐにできることばかりです。食べ過ぎてしまったなぁ…と思ったら、すぐ行動に移しましょう。これで食べ過ぎはリカバーできます。そしてなにより食べ過ぎを気にせず食事を楽しむことに集中しましょう。

 

まとめ

食べ過ぎた次の日にやるべきこと

・食事量を減らす
・野菜を食べる
・青魚を食べる
・水分を多くとる
・むくみを取る
・断食する
・運動をする

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント