つい食べ過ぎたらその日から行って欲しい3つのアドバイス

つい食べ過ぎたらその日から行って欲しい3つのアドバイス
ダイエット中なのについ食べ過ぎたときって、何ともいえない後悔に包まれますよね。美味しいものを食べて幸せなはずなのに、心の中は後悔で一杯。食べる前に時間を戻したい、なんて思ってしまうものです。

でも、大丈夫です!ダイエットは日々の積み重ね。一度や二度食べ過ぎたからと言って、これまでの努力が無になることはないのです。大切なのは、食べ過ぎた後のケア。食べすぎた後にしっかりケアしておけば、過剰摂取したカロリーに怯える必要は全然ないのです。

いけないのは、食べ過ぎたことを気にしすぎて、食事を抜いたり、激しい運動をしたりすることです。それは得てして逆効果になってしまいます。ということで今回は、つい食べ過ぎたと思ったら、その日からぜひとりいれて欲しい3つのアドバイスをお伝えします。



 

つい食べ過ぎたらその日から行って欲しい
3つのアドバイス

 

食べ過ぎたからといって、クヨクヨしない!


つい食べ過ぎたときに行って欲しいこと、その筆頭は、クヨクヨしないことです。なんだ、そんなこと、と思った人もいるかもしれませんが、これはとっても大切なことなんです。

ダイエットで一番気をつけなければいけないのは、基礎代謝をあげること。代謝をあげるには、食事内容に気を配ったり、体温が下がらないように気をつけたり、生活習慣が乱れないようにしたりといったことも勿論重要なんですが、そうしたこと以前に、ストレスをためないことが大切なんです。ストレスは肥満の培養土のような役割を果たします。特に、女性の場合、ストレスが原因で代謝が下がり、肥満に繋がるといわれています。

イライラ、クヨクヨはストレスのもととなります。食べ過ぎたからといって、そのたびに心にモヤモヤを抱えていたのでは、代謝のあがらない太る体質が染み付いてしまうのです。周りを見回して、しっかり食べても太らない人を見てみてください。

ダイエットに成功している人は、太るメカニズムをしっかり理解して、ちょっとしたことで一喜一憂したりしていないはずです。どんなに真剣にダイエットに励んでいても、仕事や友達関係の付き合いで食事や飲み会に付き合うことはありますよね。

それは、普通に生活していればありうることなのです。クヨクヨ気に病む必要は全くありません。大切なのは、たまに食べ過ぎたからといって体型や体重に直接響くわけではないということを頭で理解することなのです。

 

食べ過ぎたからといって、食事は抜かない!


つい食べ過ぎたときに絶対やってはいけないこと、二つ目は、食事を抜くことです。最初にお話したように、ダイエット中に一番気にしなければいけないのは、代謝をあげることです。そのためには、規則正しく食事をとることが大切なのです。食事は生活の要、規則正しく食事を取ることで、体温も保たれますし、血行も促進されるのです。

そして、血行が停滞し、体温が低下すると、代謝が下がってしまいます。ですから、食事を抜くと、結果的に代謝が下がって、体重が落ちにくくなってしまうのですね。体重を気にしているときに食べ過ぎたと感じると、ついつい食事を抜きたくなってしまうものですが、これは逆効果なのです。

ただし、何を食べても良いというわけではありません。食べすぎたと思った日には、排出効果の高い食材を摂取するのが良いのです。具体的に言うと、食物繊維やカリウム、酵素が豊富に含まれた食材を積極的に取り入れることです。これらの食材をバランスよく含むお味噌汁、納豆、野菜サラダ、果物などをしっかり摂るようにしましょう

食物繊維はキャベツ、大根、玉葱といった、料理に利用しやすい野菜に含まれています。また、豆やキノコ、海藻類も食物繊維の豊富な食材です。海藻類はカリウムも豊富に含んでいますので、食べ過ぎたと思ったときには是非取り入れましょう。

ほうれん草などの野菜、イモ類もカリウムの含有率が高いことで知られています。酵素は生の食品や発酵食品から取り入れられますので、野菜サラダや納豆などがおススメです。また、食べ過ぎたときには水分を充分補給することも大事です。

 

食べ過ぎたと思ったときは、軽い運動!


食べ過ぎたからと言って、急に激しい運動をするのは絶対にやめましょう。食後の激しい運動は消化活動を妨げてしまいます。特に、食べ過ぎたときは胃に過剰な負担がかかっていますので、さらに負担をかけるような運動は禁物です。胃に食べ物がたくさん入っている感じって、何となく分かりますよね。そういうときに運動をしてしまうと、胃全体が引きつるような痛みを感じます。

小中学校のとき、給食の直後でグランドにかけだしたときなどに、横腹が痛くなったことはないでしょうか?あれは、食べ物が消化されない状態で運動を始めたせいなんです。大人の場合、食後、少なくとも2時間は激しい運動を避けるのが無難です。軽い運動でも、20-30分くらいは食休みを取りましょう。

では、食べ過ぎた後は運動をしない方が良いのかというと、そんなことはありません。代謝をあげるには体温を適度に上げるほうが良いので、食べ過ぎた日の夜や翌日の朝などに、身体が温まるような軽い運動をするのはお勧めです。

特にトレーニングというようなことではなく、いつも使う駅より一つ手前で降りて余計に歩くといった程度で充分です。ウォーキングは全身運動ですので、過食で乱れた体調も整えてくれますし、代謝アップにも効果的です!

 

食べ過ぎたと思ったときに大切なのは、まず、変に気に病まないことです。ダイエットしているときは小さなことでクヨクヨしがちですが、つい食べ過ぎることは普通に生活していれば誰にでもあることです。

クヨクヨイライラするとストレスになって、結果的に代謝が落ち、体重が落ちなくなってしまいます。ダイエットのメカニズムをしっかり理解して、食べすぎがストレスにならないようにしましょう。食べ過ぎたからと言って食事を抜くのも良くありません。

これも代謝が下がる原因になってしまいます。食物繊維、カリウム、酵素などが豊富に含まれた食材を取り入れましょう。また、食べ過ぎた後は、ウォーキングなどの軽い運動をして体温を上げるようにすると、代謝がアップしてリバウンドを防げます。食べ過ぎた翌日はちょっと早めに家を出て、少し余計に歩いてみましょう!

 

まとめ

つい食べ過ぎたら、

・クヨクヨしない!
・食事は絶対抜かない!
・適度な運動をする!

ことが大事です!

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント