相続相談の前に知っておくべき、法律の基礎5つのポイント

相続相談の前に知っておくべき、法律の基礎5つのポイント

大切な家族や親せきが亡くなるということは、人生において哀しい出来事です。しかし、哀しんでばかりもいられないのが現実です。亡くなった時から始まる、葬儀の準備や役所や銀行などへの届け出、そして遺産の分配など、やらなくてはいけないことが山ほどあります。

特に、遺産相続の対象となる人間が、配偶者のみや、亡くなった人の子どもが一人であれば、もめることもありませんが、何人もいれば、相続の相談をする際に、トラブルが起こらなくもありません。

それを少しでも事前に回避するために、相続相談に関する法律を予め知識として頭に入れておく方が、家族が亡くなったという哀しい出来事で動揺している時も、正しい対処が出来るのではないでしょうか。今回は、いつかは訪れるであろう相続に対する相談の法律のポイントを5つご紹介します。



 

相続相談の前に知っておくべき、
法律の基礎5つのポイント

 

相続をきちんと理解しましょう


相続とは、人の死亡により、権利義務が他の人に承継されることをいいます。もちろん負の財産も承継されるため、相続人は相続放棄をすることも出来ますので、相続の相談窓口などで確認しましょう。

死亡した人の有効な遺言がある場合は、遺言に基づいた相続の手続きをとることになりますが、ない場合は、法定相続に基づいて、相続の分配が協議されます。

この分配協議の相続相談の際に、トラブルが発生することがあります。それを回避するためにも、有効な遺言を準備するのは、大切な家族の為にも、必要なことなのかもしれません。

 

相続の資格は誰にあるのかを知っておきましょう


遺言がない場合は、法律で法定相続人が定められていて、配偶者と血族です。配偶者は相続人が確定していて、それ以外の血族には、相続の順位というのがあります。その順位の先着順で相続出来るかが、法律では決まっています。

順位は、被相続人の子→子が死亡しているときは、その代襲者(子、孫、ひ孫等)です。その次は、直系尊属(被相続人の親等)→被相続人の兄弟姉妹で、その兄弟姉妹が死亡している場合は、その代襲者で、子のみに限られていて、孫、ひ孫等は含まれません。

再婚した配偶者(相続人)に連れ子がいる場合は、予め養子縁組しておかないと相続人にはなれません。実子ではないので、遺言がない限りは、相続出来ないので、再婚する時に、きちんと相続の相談はしておくべき重要事項です。

 

相続の承認や放棄について知っておきましょう


相続というのは、被相続人が死亡した瞬間から発生します。ただし、借金などの負の遺産がある場合、プラスの遺産が負の遺産を下回る場合は、相続放棄の相談をしましょう。

これは、相続の開始を知った日から、3ヶ月以内という期間内に行わないと、負の遺産も含めた全てを相続することになってしまいます。相続人が複数いる場合は、それぞれに知った日から3ヶ月という熟慮期間が設けられています。

この熟慮期間は、相続の承認や放棄が3ヶ月以内に決められない場合や、相続人の所在などの確認等に期間を有する場合などに、家庭裁判所で延長の申請をすることが出来ます。

熟慮期間内に申請しないと無効になってしまうので、時間がかかりそうな場合は、相続の相談窓口などで、確認して申請しておく方がよいでしょう。

 

相続でのトラブルを知っておきましょう


以前は、長男が家を継ぐというのが当たり前だった為、相続でもめるということは、よほどの資産家でなければ少なかったようですが、今はテレビなどの相続の相談番組やネットの影響、核家族化などが原因で、トラブルが発生することも少なくありません。

特に財産の大半が自宅不動産の場合は、もめることが多いのです。自宅を遺族がそのまま住み続ける場合、自宅の不動産価値を決めるのが難しく、その上、他の相続人に自宅不動産の権利を主張しない代わりに金銭を要求されることが多くなっています。

要求額が支払えれば問題ありませんが、無理な場合は、法定相続割合に応じて、不動産の共有をするという方法があるのですが、その場合、それ以降に売却する際は、共有者全員の承諾が必要になり、時間がたてばたつだけ、さらなるトラブルを生むことにもなりかねません。

一見、法律が、住む人を守ってくれるような感じにもとれますが、結果を先延ばしにしているに過ぎないのです。また、今の時代、介護の問題は他人ごとではありません。この介護が相続のトラブルをさらに大きくすることもあるので、事前に、相続の相談は法的なことも含めてしておくことをおすすめします。

 

相続税を理解しましょう


相続税は、相続などによって得られた財産に対して、課税されるものです。申告が必要なのですが、期間が定められていて、死亡したのを知った翌日から10か月以内です。

相続のトラブルが発生した場合は、税務署に相談して、早めに対応しておきましょう。きちんと対応しておかないと督促や差し押さえの可能性があるので、法律家や税理士にトラブルなど相続の相談をしたうえで、対応しておくことが大切です。

相続税を支払えない等の場合も、早めに、相続の相談してください。家族が遺してくれた大切な財産を、無駄にしないようにしてください。

 

いかがでしたか。

自分の死期が近いと判断出来る場合は、相続に対しての準備が出来ますが、事故等で突然に亡くなってしまう場合などは、残された家族も、なかなか対応出来ないことが多いはずです。

その為にも、生前に遺言を準備しておくことが、残された家族の為にも、自分が築き上げた財産を有効的に使ってもらう為にも、必要なことなのではないでしょうか。

お金が絡むと、血を分けた家族でも、骨肉の争いになることもあります。そんな哀しい状態を天から見たくなければ、面倒でも準備しておき、それを家族に伝えておくことが大切です。

今は、相続相談や遺言書の書き方等の相談などが、出来るところも増えていますし、書物等もたくさん出ています。自分が死んだ後、トラブルを起こさせない為にも、遺言や相続について考えてみてください。

 

まとめ

相続相談の前に知っておくべき、法律の基礎5つのポイント

・ 相続をきちんと理解しましょう
・ 相続の資格は誰にあるのかを知っておきましょう
・ 相続の承認や放棄について知っておきましょう
・ 相続でのトラブルを知っておきましょう
・ 相続税を理解しましょう

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消するモーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている脳や神経を休ませる働きがあります。何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。

そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント