社内不倫が職場にバレた時にとるべき3つの対処策

社内不倫が職場にバレた時にとるべき3つの対処策
社内不倫をしていると、いつも緊張感につきまとわれますよね。彼と一緒にいる間中、人の視線が気になってしまうものです。ある程度の緊張感はちょっとしたスリルと思えることもありますが、なんと言っても不倫は不倫。どんなに愛していても、人の行いに外れていることをしてると思うと、後ろめたい気持ちに囚われてしまうものです。

最悪なのが、職場にバレてしまったとき。こういうとき、苦しいのが不倫相手の女性の立場です。不倫というと、どうしても女性の方に興味の目が集中します。相手の男性の家族の反応も心配だし、社内不倫となると、職場の対応によっては職を失うことになるかもしれません。こんなとき、下手に動くと、取り返しのつかないことになってしまいます。

そこで今回は、社内不倫が職場にバレた時にとるべき対処策についてお届けします。



 

社内不倫が職場にバレた時に
とるべき3つの対処策

 

社内不倫がバレたら、上司に相談!


社内不倫がバレたときは、何をおいても、信頼できる上司に相談しましょう。不倫相手が同僚の場合は直属の上司、相手が直属の上司の場合は、その上の上司というように、支配系統で上の上司に相談しましょう。急な展開であたふたしないためには、普段から相談できるくらいに親しくなっておくとよいでしょう。

社内不倫が職場にバレたときに怖いのは、自分だけが悪者にされてしまうことです。また、その結果として、職を失ってしまう可能性もあります。そうした悪い結果を最小限に防ぐには、擁護してくれそうな上司に相談してみるのが第一です。噂が広がりすぎる前に、できるだけ早く相談しましょう。

相談するときには、自己弁護に終始したり、不倫相手を一方的に責めるのは禁物です。不倫がバレれば、世間の同情は妻帯者の奥さんに向かいます。責められるのは、不倫当事者の二人なのですから、二人が責任を押し付けあうと泥仕合になってしまいます。

できるだけすっきりと後始末をするためには、上司と話ができる際に、しっかり謝罪し、反省の意を示すことが大切です。その上で、話が広がらないよう、また就業に悪影響がでないようにお願いをします。こういうときは、開き直ったり、強がったりせず、自分たちの非を受け入れた上で協力を請いましょう。

 

社内不倫がバレたら、不倫相手ともめないように!


社内不倫がバレたときは、不倫相手の男性とコンタクトをとっておきましょう。社内不倫が表沙汰になると大変なことになってしまうのは、男性も同じです。むしろ、立場上、より焦っているのは男性の方かもしれません。男性にとって、職場は一番大切な場所、そこで悪い噂がたつことになると、死活問題です。

勿論、不倫がバレたとなると、女性の方も立場がなくなります。だからこそ、二人で協力し合って、苦境を乗り切るしかありません。喧嘩などをしてお互いに罵りあうようになってしまうと、結果的に、双方が傷つきます。不倫がバレたときは、二人で助かるか、二人で泥沼に落ちるか二つに一つです。泥沼に落ちないためには、自分の都合で相手を責めず、できるだけ相手の気持ちもケアしてあげましょう。

不倫が表沙汰になったとき、不倫相手の男性を責めるのはぜったいに禁物です。たとえ、バレた原因が相手にあったとしても、そこは我慢するのが大人の対応です。お互いに神経質になっているときですので、言葉の行き違いには極力気をつけるようにします。

不倫がバレた以上、不倫相手の奥さんが反撃に出てきたり、周囲から嫌がらせをされたりすることがあるかもしれません。そうなったとき、助け合えるのはお互いだけです。普段以上にいたわりの心を持って相手に接するようにしましょう。

 

社内不倫がバレたら、家族に告白!


社内不倫に限りませんが、不倫がバレたときは、同居の家族にも報告しておきましょう。不倫がバレたということは、不倫相手の奥さんが報復に出てくる可能性があるということです。

特に、最近の不倫事情として、不倫男性の奥さんが不倫相手の家族に電話をしたり、手紙を送ったり、時には直接家を訪れたりして、不倫の事実をつきつけてくるケースが目立ちます。こうしたとき、相手側によって不倫の事実を知らされる前に、自分の言葉で大事な家族に報告しておいた方が、家族もショックが少なくてすみます。

自分自身が結婚しているW’不倫の場合は、自分の配偶者にも事実を告げるようにした方が良いでしょう。隠しておくと、かえってバレたときの傷が大きくなります。上手くいけばバレないで済むと考えてしまいがちですが、社内不倫の場合、社内にバレた時点で家族にもバレるケースが殆どです。

自分が未婚の場合、親に報告しておくと、後々混乱が少なくてすみます。不倫された妻のなかには、不倫相手の家におしかけてくる人も増えています。両親が老齢の場合など、心痛を与えないように、早い段階で報告だけでもしておきましょう。

不倫がバレたときというのは、自分の行為を見直す機会でもあります。どんなに自己弁護したところで、不倫は自分が蒔いた種だということは忘れないでおきましょう。覚悟をした上で、被害が広がらないよう、誠実に対処するしかないのです。

 

社内不倫がバレた・・・正直、血の気が引くようなことですよね。その気持ちは相手の男性も同じこと。気を取り直して、対処するしかありません。噂は広がりかけたらあっという間に拡散しますので、最初の速やかな対応が大切です。

社内不倫がバレたと分かったら、まずは相談できる上司に打ち明けましょう。他の誰かが耳に入れる前に、直接話すことが大事です。話す機会を得たら、正直に非を認め、協力を請いましょう。

相手の男性とコンタクトをとることも大切です。社内不倫がバレて、焦っているのは男性も同様。むしろ、男性の方が動揺が大きいでしょう。バレたからといって相手を責めるのは禁物です。泥試合になればお互いの評判に傷がつきます。相手に責任を押し付けたりせず、助け合って、誠実に対応しましょう。

社内不倫がバレたときは、つらくても家族に報告しておきましょう。相手の男性の奥さんが家に電話してきたり、押しかけてきたりすることも考えられます。他人の言葉で耳に入る前に、大事な家族には報告しておきましょう。不倫は自分が蒔いた種です。バレたからといってあたふたせず、誠実に対処するしかありません。

まとめ

社内不倫が職場にバレた時にとるべき対処策は

・上司に相談!
・相手と相談!
・家族に報告!
速やかにかつ誠実に動きましょう

彼が、ホントに運命の人だと思いますか?

今お付き合い中の人も、少し気になっている人がいる人も、その彼がホントの運命の人なのか、知ってみたくないですか?私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

運命の人を知り、進むべき道を見つけたいなら、お試しください!

コメント