頭痛を引き起こすストレスを発散させた方がいい9つの理由

頭痛を引き起こすストレスを発散させた方がいい9つの理由
「ストレス」あまりいい響きではありませんね。しかし誰でも大小様々なストレスを抱えて生活していることでしょう。

ストレスをうまく発散できる人とそうではない人がいます。「病は気から」とも言うようにストレスから重い病気になってしまう場合もあります。

ストレスからくる症状は人によって様々ですが、今回はストレスからくる「頭痛」に注目し、このストレスを発散させた方が良い9つの理由をお話します。



 

頭痛を引き起こすストレスを
発散させた方がいい9つの理由

 

その1: メンタルリスク

ストレスを放置しておくと、徐々に集中力がなくなったり、無気力になってきたりします。最初は倦怠感やイライラなどで現れる事が多いですが、最終的に何かをする事が億劫になったり、面倒になったりします。

心と身体は繋がっているため、心理的な面だけでは済まなくなり、処理できない感情は身体の変調へと変わっていきます。頭痛もその一つです。ストレスは早い段階での発散が必要ですね。

 

その2: リスク (男性編)

ストレスを溜めてでも仕事に集中してしまうのは、男性の脳の作りにあります。

「つらい」「苦しい」といった気持ちを左脳で言語化しにくいため、寝る間も削って仕事に没頭してしまい、自分を追い込み、対策が遅れがちになります。これは男性のメンタルリスクだと言えます。

 

その3: リスク (女性編)

女性は男性よりも感情を感じる事に敏感で、感じた事をすぐに言葉にできるため対策をとりやすいですが、そんな女性が感情を抑圧してしまうと体調異変として出てきやすいです。

精神的なストレスは緊張した状態が長時間続く事によって脳の痛みを調整する部分が機能不全を起こしてしまいます。感情的になりすぎるのも考え物ですが、全てを抑圧してしまう事にもリスクがあるということですね。

 

その4: 日常生活への影響

頭痛を引き起こすほどのストレスを抱えていると日常生活にも支障がでます。

症状は個人によってばらつきがありますが、ミスが増えたり、ぼんやりしたり、遅刻が増えたりします。また頭痛がひどくやるべき事が進まないなど様々な悪影響が出ます。

 

その5: 頭痛のタイプを知る

頭痛はストレスからくるものばかりではありません。頭痛の中で一番怖いのは「脳卒中」によるものなどがあります。吐き気や嘔吐を伴うような頭痛などは一時も早く医師に相談しなければなりません。

また、肩凝りなどからくる頭痛の場合ストレッチなど比較的簡単に解消する事ができるタイプのものもあります。ストレスを溜めこんでいないのに頭痛が頻発する場合は他に原因があると考え早めの対応が可能となります。

という事はストレスを溜めこんでいると頭痛の原因の判断も早めにしにくいということですね。

 

その6: 心のサイン

ストレスは「心で感じるもの」ですが、心理学的には「処理されない感情が心の中に溜まっている状態」と表現されています。

ストレスが限界に達してしまう前に上手に息抜きをしましょう。緊張状態が長く続く事で適応能力がなくなっていきます。ストレスからの頭痛は心のサインだと捉えて心をリラックスさせましょう。

 

その7: ストレスマネジメント

ストレスを感じる事が悪い事ではありません。溜めこむことに問題があります。上手くストレスをマネジメント(解消)してあげる事が大切です。

感情を抑え過ぎる事はストレスとなるため、ほどよく感情を解放する必要があります。

感情を抑え過ぎる(ストレスを溜めこみすぎる)と楽しい、嬉しいなどがあまり感じられなくなり、何をしてもつまらない、自分は何をしたらいいのか分からないなど、感情の表現が上手くできなくなってしまいます。

 

その8: 「眠る」事の大切さ

「眠る」という事は肉体的な疲れをとるだけではなく、実はストレスの解消には効果的だと言われています。

睡眠は神経細胞の機能を回復させ、ストレスの原因ともなる有害物質を除去します。

睡眠不足は大脳が疲労を回復できず感情のコントロールができなくなるなどの障害が出たり、頭痛の症状が出るためストレスが溜まっていると感じたら多めに睡眠をとりましょう。

 

その9: 「お父さん、眠れてる?」

何年か前に内閣府から「お父さん、眠れてる?」というキャッチフレーズの自殺対策キャンペーンのCMが放映されました。

人は眠れなくなるほど追いつめられると、ストレス状態を自覚できなくなります。自殺者の7割は男性というデータもあります。また過労状態でも感情を自覚しにくいのは男性とも言われています。

ほんの小さなストレスが取り返しのつかない事になる前にゆっくり眠ってみましょう。過労死を防ぐには1日6時間以上の睡眠が必要とも言われています。最近ゆっくり眠れていますか?

 

「頭の痛い話」というようにストレスと頭痛には密接な関連があり、ストレスからくる頭痛を放置しておく事で頭痛以外のリスクがあるという事がわかります。

ストレス解消法は様々ですが、自分に合った解消法が必ずあるはずです。ストレスは早めに対処し充実した日々が送れる事を願っております。

ちなみにストレスが全くない状態というのも、ストレスになってしまうそうです。生きて行くためにはほどよくストレスを感じ、それを上手くマネジメントする事が必要ということですね。

 

まとめ

頭痛を引き起こすストレスを発散させた方がいい9つの理由

その1: メンタルリスク
その2: リスク (男性編)
その3: リスク (女性編)
その4: 日常生活への影響
その5: 頭痛のタイプを知る
その6: 心のサイン
その7: ストレスマネジメント
その8: 「眠る」事の大切さ
その9: 「お父さん、眠れてる?」

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消する
モーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている脳や神経を休ませる働きがあります。何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。

そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント