ストレスによる辛い吐き気を消し去る7つの方法

ストレスによる辛い吐き気を消し去る7つの方法
あなたはどんな時に吐き気の経験がありますか?吐き気とは「胃の中のものを吐き出したい感覚」の事を言います。「吐きたい」や「吐く」行為は脳の嘔吐反射中枢の刺激によって命令され、軽い状態を「吐き気」、症状が強まれば「嘔吐」になります。

原因は食べすぎ、飲みすぎ、食中毒、乗り物酔い、風邪など様々ですが、意外に原因に多いのが「ストレス」による心因性のものです。また、嘔吐や吐き気はあるけれど、腹痛は感じない、便通に異常がない、頻繁に吐き気や嘔吐を繰り返すという症状も心因性の吐き気や嘔吐の特徴です。

今回はこのストレスによる辛い吐き気を消しさる7つの方法をご紹介します。



 

ストレスによる辛い吐き気を消し去る7つの方法

 

その1: 自覚する

心因性の吐き気の場合、子供の対処法は「吐いても大丈夫」という「安心感」を周りが与え続けるのが一般的ですが、大人の場合はまずは自分の症状の発生メカニズムを自覚する事が必要です。

例えば、緊張をした時に吐き気がする、通勤電車に乗ると吐き気がするなど何かしらの発生原因があるはずです。症状を生じさせているストレスを軽減させるための対処法を身につけるためにはストレスを特定させましょう。

 

その2: 気をそらす

原因を特定したことによって、あまりにも「吐き気」にとらわれてしまうと、吐き気で頭がいっぱいになってしまい、その事だけにエネルギーが奪われてしまいます。すると症状が頻繁に出やすくなったりもします。

「吐き気」を癖にならないようにするには、注意を分散させる事も必要です。自分の興味のある事や、好奇心が刺激されるような大げさなものでなくて十分です。

例えば吐き気がしたら視線を窓の外に変えてみたり、掌や、足の裏などに意識を移動させたりするのもひとつの方法です。自分なりの気のそらし方を決めておきましょう。

 

その3: 身体をほぐす

ストレスの原因を見つめなおし、ストレスを感じない、ためない、発散することが一番の改善方法です。ストレスは身体の筋肉をかたく緊張させてしまうため、血流が悪くなります。

血流障害が起こると様々な症状を発症しますが、その症状の中のひとつが吐き気です。軽いストレッチなどで身体をまめにほぐすことも吐き気の予防につながります。ストレッチやマッサージ、軽い運動で身体をほぐす事をこころがけましょう。

 

その4: 生活のリズムをみなおす

自律神経が乱れていると吐き気が起こりやすくなります。自律神経の乱れは交感神経の昂りによって起きており、規則正しい生活が出来ていないと交感神経が昂ります。またストレスが多く、発散できていない時も交感神経が昂ります。

逆に身体がリラックスしている時は副交感神経が活発に働いています。この副交感神経が働いていないと不調になってしまうので、交感神経と副交感神経のバランスが大事です。

規則正しい生活に早寝早起きは必要ですが、ストレスや疲れがたまっている場合は、それを解消するだけの睡眠が必要なため、早寝はこころがけても無理な早起きはやめゆったりとした気持ちで生活のリズムを正しましょう。

 

その5: ツボを刺激する

古くから「吐き気止めのツボ」と呼ばれている「内関(ないかん)のツボ」というツボがあります。手首内側のしわから指3本ぐらい(おおよそ5cm)下の位置にあるツボです。

ここをゆっくりと指のはらを使って刺激します。内関の他にも身体にはたくさんのツボがあります。手の薬指のツメのはえぎわにある「関衝(かんしょう)」も吐き気や嘔吐を抑える効果があります。

ツボを刺激する時は息をはきながら行いましょう。

 

その6: 物事の受け止め方をかえてみる

今までとほんの少し、物事の受け止め方を変えてみるだけで、気持ちが楽になる事も少なくありません。心因性の吐き気が起こりやすい人は、心配性の人が多く、真面目で完全欲が人一倍強く熱心な傾向があります。

また人に良く思われたいという意識が強く、頭が固く変なプライドが高かったりする傾向もあります。とてもデリケートで繊細な優しい性格な人が多く、本来は優秀なため強く完璧を求めたり、自分を責めたり、人にも厳しかったりします。

このようなタイプの人はストレスをためやすく、些細な事がきっかけで心因性の吐き気の症状がでやすいです。今までより少しだけおおらかに、物事を受け止めてみましょう。

 

その7: ひとりで抱え込まない

ストレスの原因は様々で、ストレスの度合いも個人差がありますが、自分ひとりで悩みを抱え込まず、カウンセリングを受けたり、周囲に助けてほしいと思いきって話す事は決して恥ずかしいことではありません。

自分が思っているよりも、周りはあたたかく助けてくれるものです。ひとりで抱え込む事はもうやめましょう。自分がストレスの原因だと感じていない事が意外にも原因だったという事も少なくありません。

自分の潜在的な気持ちに気がつくためにはカウンセリングなどでゆっくり自分と向き合う作業が必要です。またどうしても苦しい時は短期的に市販の吐き気止めを服用するのも改善の方法のひとつです。

しかし、ストレスから胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの消化器疾患につながったりする場合もあります。症状が改善されず長引くようであれば早めに医師に相談し、症状に応じて薬を処方してもらいましょう。

 

 

いかがでしたか?

日常生活では、皆それぞれに大なり小なりストレスを抱えています。ストレスに強い人もいれば、体調にあらわれてしまう人もいます。

あまり気にし過ぎるのも余計に吐き気を強くもよおしてしまったりもしますが、ある程度は自分の症状を自覚し、その対応策を自分なりに用意しておくことが必要だということですね。

 

まとめ

ストレスによる辛い吐き気を消し去る7つの方法

その1: 自覚する
その2: 気をそらす
その3: 身体をほぐす
その4: 生活のリズムをみなおす
その5: ツボを刺激する
その6: 物事の受け止め方をかえてみる
その7: ひとりで抱え込まない

これで頭をスッキリさせよう!

ちょっと辛い、、、そんなふうに思った時にはこの音声を聞いてみてください。頭がすっきりして、嫌な気持ちや、沈んだ感情がちょっとだけ楽になるはずです

頭をスッキリさせる音声:

下記よりダウンロードして、iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

Comments

  1. 匿名 says:

    まだ実際やってませんが、参考としてやりたいと思います。私はストレスが原因かわかりませんが、食後に吐き気や嘔吐の症状が現れます

コメント