睡眠の質が悪いと心配なら挑戦したい! 簡単安眠テクニック☆

睡眠の質が悪いと心配なら挑戦したい! 簡単安眠テクニック☆

睡眠の時間はきちんと確保しているのに、なぜか体が怠かったり、頭がすっきりしなかったり…、そんなことがありませんか?それは睡眠の質の問題かもしれません。

睡眠は量を確保することも重要ですが、それ以上に質を確保することが重要です。長時間寝ても質の悪い睡眠では体の疲れを取ることはできません。では、睡眠の質を向上させるためにはどうすればいいのでしょうか?

難しい理論や面倒くさい習慣は必要ありません。今回は誰にでも簡単に安眠を手に入れることができる7つのテクニックをご紹介いたします!良質な睡眠と快適な目覚めを手に入れましょう!



 

睡眠の質が悪いと心配なら挑戦したい!
簡単安眠テクニック☆

 

お風呂の温度とタイミングに気をつけましょう


最近は朝風呂派も増えていますが、夜にゆっくりお風呂に入って一日の疲れを癒す人も多いですよね。でもそのお風呂はもしかすると安眠の妨げになっているかもしれません。

眠る前の2時間以内に熱いお風呂に入ってしまうと交感神経を刺激してしまいます。交感神経というものは簡単に言えば日中に頭をシャキッとさせる働きをしているものです。

熱いお風呂はこの交感神経を優位にしてしまいます。安眠を助けるためには寝る2時間以上前にぬるめのお湯にゆっくり浸かりましょう。睡眠に入るころに少しずつ体温が下がり、副交感神経が優位になってくる状態が理想です。

 

寝る前は液晶画面を見ないようにしましょう


液晶画面の強い光も交感神経を優位にし、脳を興奮状態にしてしまいます。睡眠の2時間前からはテレビやパソコン、スマートフォンなどの液晶画面を見ないようにしましょう。

普段、寝る前まで液晶画面を見続けているような人ならこれだけで劇的に寝つきが良くなることもありますよ。急な連絡などが無い場合はダラダラとテレビを見たり、アプリやゲームをして遊んだりすることは止めて、液晶画面離れをしましょう。

 

寝る前の飲酒は止めましょう


「寝酒」という言葉があります。確かに寝る前にお酒を飲むと眠くなり、すぐに眠れることもあります。しかし、こういう入眠だと良い睡眠を取ることができません。アルコールによる睡眠は浅い眠りをもたらし、長時間眠っても眠ったという感覚を得にくいです。

また、喉が渇いてしまったり、朝まで眠れず、途中で目が覚めてしまったりしてしまいます。一見寝つきが良くなったような感じがするかもしれませんが、実際には浅い睡眠にしかなっておらず、安眠できているとは言えません。寝る前の飲酒は控えましょうね。

 

寝る前の食事は止めましょう


寝る前にお腹が空いてしまってついついカップラーメンやお茶漬けを食べてしまうような人もいるでしょう。確かに、空腹のままだと眠れないこともありますよね。また満腹感を得ると眠くなることもあります。しかし、これは落とし穴です。

睡眠直前の食事は深い眠りを妨げますし、消化を阻害します。またご存知の方も多いでしょうが食べてすぐ寝ると太ります。「食って寝てばかりだと牛になる」とはあながちウソでもありません。どうしても眠れないときはホットミルクを飲みましょう。カルシウムが空腹感を押させて安眠に導いてくれます。

 

午後はカフェインの接種に気をつけましょう


コーヒーや紅茶に含まれていることがよく知られているカフェインですが、これはご存じのとおり、頭をスッキリさせ、目覚めを助けるものです。カフェインの効き具合は個人差がありますが、夜もコーヒーや紅茶をよく飲んでいる人は気をつけてみてもいいかもしれません。

 

照明を効果的に使いましょう


照明は交感神経と副交感神経の作用にも一役買っています。例えば、蛍光灯や白熱灯の白くて眩しい光は目が覚めます。逆に言うと寝つきを悪くしてしまいます。また、オレンジ系の光は副交感神経を優位にしてリラックスさせてくれます。

夜寝る前には間接照明などで取り入れてもいいかもしれません。また、ロウソクの火も副交感神経を優位にしてくれる光の一種です。アロマオイルを焚いて香のリラックス効果と光のリラックス効果をダブルで享受してもいいですね。

火の取り扱いには十分に注意してください。また、灯りがつきっぱなしだと脳が完全に休むことができないといいます。電気もロウソクも寝る前には消した方がよいでしょう。

 

朝日を使って目覚めましょう


最後に、目覚めです。朝すっきりと目覚めるには目覚める直前の過ごし方も重要です。目覚める前に太陽光を浴びていると副交感神経と交感神経の交代がスムーズに行われ、すっきりと目覚めることができます。

太陽光を浴びるためにはカーテンの素材に気をつけたり、朝日が昇るように照明が明るくなるような目覚ましライトを利用したりしてみましょう。

 

いかがでしたか。

睡眠というと量ばかりに意識が行ってしまいがちですが、良い質を確保すれば量を補完する事さえも可能だという事がお分かりいただけたでしょうか?効率よく体の疲れを取り、頭をスッキリさせるためには量より質です。今回紹介した7つの簡単な安眠テクニックを取り入れて快適な生活を手に入れてくださいね。

できるポイントからでも、少しずつ改善していくことで目覚めが変わってきます。さぁ、あなたがこの記事を読んでいるのが夜ならば、今すぐパソコンを終了させて目を閉じましょう。そしてあすの朝、もう一度読んでください。安眠と楽しい夢、そして快適な目覚めを手に入れましょう。

 

まとめ

睡眠の質が悪いと心配なら挑戦したい!簡単安眠テクニック☆

・ お風呂の温度とタイミングに気をつけましょう
・ 寝る前は液晶画面を見ないようにしましょう
・ 寝る前の飲酒は止めましょう
・ 寝る前の食事は止めましょう
・ 午後はカフェインの接種に気をつけましょう
・ 照明を効果的に使いましょう
・ 朝日を使って目覚めましょう

でもちょっと難しい、、、と思ったひとはこれを使ってみてください。あなたの悪い癖を直し、良い癖を身につけるため目標計画表「エクスプレッションケアシート」です。これを行うことで、あなたは、

  1. 自分が変わることによって周囲に変化があることを実感できます。
  2. 自分に自信が持てるようになりコミュニケーションが改善します。
  3. 周りからも目が変わり、外見的にもイキイキしてきます。

ぜひこれを使い、良い癖と、思考を身につけて、停滞している「今」変えていきましょう!!

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント