実は危険?3時間睡眠者に陥る3つのリスク

実は危険?3時間睡眠者に陥る3つのリスク
3時間睡眠が話題になっています。インターネットの発達で、家にいながら色んなことが出来るようになりました。ちょっとだけネットにつなぐつもりで、気がつくと何時間も過ぎていたという人は多いのではないでしょうか。

一方で、仕事はどんどん専門化していますので、持っているスキルをキープしつつ、新しい技術を獲得しなければいけません。でも、一日はどんなに頑張っても24時間しかありません。となると、惜しいのが睡眠時間。というわけで、短時間睡眠の方法や利点をうたうサイトが登場。

明石家さんまやDTの浜田など、3時間睡眠を実践している有名人の存在もあって、関心を持っている人も少なくないと思います。ですが、睡眠時間を削るには、それだけのリスクも付随することを忘れないでください。そこで今回は、話題の3時間睡眠に潜むリスクについてお伝えします。



 

実は危険?
3時間睡眠者に陥る3つのリスク

 

3時間睡眠はバイオリズムを狂わせる?!


体質的に短時間睡眠であっている人のことを、ショートスリーパーなどと言います。3時間睡眠を取り上げるサイトでよくみられるのが、ショートスリーパーの有名人。ナポレオンもそうですし、日本の芸能人だと明石家さんま、浜田雅功、みのもんたなど、バイタリティー溢れるタイプの人々が短時間睡眠者として知られています。

こうした人々は、生まれつきの体質から、短時間睡眠でも大丈夫なようにできているのですね。さらに、若い時から売れっ子で短時間の睡眠で熟睡する習慣がついている人も多いです。こういう人は、3時間睡眠でも体調に不調をきたしたりしません

ですが、こうした人はごく一部。普通の人が安易に3時間睡眠を取り入れると、バイオリズムが崩れて、体調がおかしくなってしまいます。密度の濃い睡眠を取れば短時間でも体は回復するという人もいますが、一般には、睡眠不足が続くと、体力面だけではなく、脳にも疲れがたまりやすくなります

仮に、3時間睡眠に馴染むことができて、体は回復力を身につけることができたとしても、脳をゆっくりやすませてあげないと、勉強などで効率が悪くなるのです。不眠による脳への負担は一時的なものではなく、長期間にわたって災いをもたらしますので、若い時期にしっかり睡眠をとっておかないと、あとあと害が残ります。

一日の終わりには、体と脳をしっかり休ませてあげることが大切なのです。

 

3時間睡眠は免疫力を低下させる?!


3時間睡眠で最も危険なのは、免疫力の低下です。成長ホルモンは睡眠中にでることは皆さんご存知だと思います。成長ホルモンの大事な勤めは、免疫力を高めて病気やウィルスに勝てる体を作ることです。

免疫力が低いとちょっとしたことで寝込んでしまったり、体温が保てず代謝の低い体になってしまったりと、身体全体のバランスが悪くなってしまいます。こうした不調を解消するには、成長ホルモンが活発に分泌される夜10時から2時までの間に密度の濃い睡眠をとるのが何よりなのです。

睡眠時間が極端に少ないと、成長ホルモンの分泌が悪くなるため、免疫力が低下します。その結果、病気をしやすくなるだけではなく、基礎体温や代謝も落ちてきますので、ダイエット中の人などは体重が落ち難くなってしまいます。

また、成長ホルモンは古い細胞を再生してくれますので、その機能が十全に働かないと、肌がくすんだり、髪に艶がなくなったりといった美容面での不調も現れてきます。

睡眠、特に夜とる睡眠は体をさいせいさせるうえでとても大切ですので、時間が有効に使えるからと安易に3時間睡眠に切り替えると、取り返しのつかないことになってしまいます。女性の場合特に、睡眠不足の積み重ねがお肌や髪にたたってきますので、上質な睡眠が大切になってきます。

 

3時間睡眠は精神的に不安定になる?!


累積すると脳や体力に悪影響を及ぼす3時間睡眠。最大のリスクは、精神的に不安定になる点です。睡眠は体から疲弊を取り除き、細胞を活性化するための大事な「運動」です。この時間が極端に削られると、人間を人間らしく保っている精神が支障をきたしてしまいます。

精神と肉体は切っても切れない間柄です。精神を休めてあげないと、体も脳も心もどんどん疲弊していってしまうのです。睡眠が足りない状態というのは自分の意識にうっすらとベールがかかったような状態です。集中力も欠如するので、こうした状態で車やバイクの運転していると大きなリスクとなります。

さらに、睡眠不足によるこうした不全状態が続くと、うつ病になる人もいます。脳は睡眠中に学習したり体験したりした記憶を整理して、おきてからの活動に備えます。その準備時間が充分でないと、整理がきちんとされていないため、活動を始める際にズレが生じてしまうのです。

このズレにひっかかって、活動がにぶり、どんどん動けなくなっていく、それが抑うつ状態です。受験勉強のときなど、徹夜が続いて幻聴が聞こえたり、目の前に何かが飛んでいるのが見えたりといった経験がある人もいると思います。

そうした状態が高じると、本格的なうつになってしまうのです。3時間睡眠をとりいれるということは、充分な睡眠に至る前に起きてしまうということ。体も脳も心も休まる暇がないのです。

 

ナポレオンの睡眠時間が3時間だとか、有名人などで短時間睡眠を公言するひとがいたりするせいで、3時間睡眠に憧れる人は少なくありません。なんといっても、限りのある時間を長く使える気がしますから、お得感があります。

でも、3時間睡眠でも美容と健康を損なわない人はもともと短時間睡眠体質に生まれつている人が殆どで、練習してできるようなものではないのです。体質に合わない人が3時間睡眠を続けていると、バイオリズムが狂って、体調が乱れ、女性なら生理がとまったりすることもあります。

また、睡眠不足だと成長ホルモンが充分分泌されないので、免疫力が低下してしまいます。さらに、慢性的な睡眠不足は精神的な不安定をもたらします。ちょっときくと魅力的に感じる3時間睡眠ですが、リスクも大きいので慎重にお考え下さい。

 

まとめ

実は危険?3時間睡眠者に陥る3つのリスクとは、

・バイオリズムが狂う!
・免疫力が落ちる!
・精神的に不安定になる!

です!自分の体調と要相談!

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント