睡眠導入剤を正しく使う7つのポイント

睡眠導入剤を正しく使う7つのポイント
季節の変わり目や台風、長雨などの気象の影響で不眠になってしまう人が増えていますよね。ストレスが多い社会でもあり、経済や健康問題でも不安を感じながら生きなければならない現代では、睡眠導入剤も市販され、多くの人が使用しています。

ストレスから表れる耳鳴りや頭痛、腹痛、胸の閉塞感などの身体の不調も、十分な睡眠ができていれば数週間で回復できますが、良く眠れていないと治らないどころか悪化してしまいます。

睡眠導入剤は、眠りにつくためのお手伝いをしてくれる薬ですよね。上手に服用することができれば、体力も集中力も回復できますが、服用を間違ってしまうと最初の状態よりもかなり悪い状態になってしまうこともあります。睡眠導入剤は他の薬と比べてもコントロールがむずかしい薬だと言われています。

そこで今回は、睡眠導入剤を正しく使用するポイントについてお伝えします。

 

睡眠導入剤を正しく使う
7つのポイント

 

運転、細かい作業や重要な仕事を避ける

睡眠導入剤という言葉を聞いて、近頃よく思い出されるのが自動車事故ですよね。導入剤を服用してから車の運転をしてしまい、有名人が事故を起こした話題はテレビでもネットでも広く知れ渡っています。

飲みなれてくると時間の管理が雑になってしまったり、油断があるので効き目のでる直前まで行動してしまいますが、睡眠導入剤は強引に身体を睡眠状態に持っていくための薬です。導入剤を飲んでから運転しようなんてことは、寝ている間に運転しようとしているようなものなのです。ですから、睡眠導入剤は集中力を弱らせると心にとめておきましょう

 

睡眠のための十分な時間を確保する

運転などに集中できないという以外にも、睡眠導入剤の服用は体調に大きく影響します。たとえば、普通の人でも起き抜けに頭や身体が重く、素早く動けないのと同じで、睡眠導入剤の効果が持続している時間はめまいを起こしたりふらついて怪我をする恐れがあります。

怪我の度合いによっては、後遺症が残るほど深刻な場合もあります。健康な人でも睡眠の時間はしっかり確保しているものです。ですから、睡眠導入剤を服用する際も薬の持続時間から逆算して、前後には十分な時間をあけるようにしましょう

 

服用中はお酒は絶対に飲まない

まず不眠の症状がある人の中には、すでに眠るためにお酒を飲んでいるという方が多いでしょう。不眠に陥るほどにストレスが溜まっているのだから、当たり前といえば当たり前です。

ですが、睡眠導入剤を飲んでの飲酒は、身体に大きな負担をかけます。お酒も睡眠導入剤と同じように脳が活動するのを抑える効果があります。お酒と睡眠導入剤を一緒に飲むということは、単純に効果が倍になってしまうと考えてもよいでしょう。しかし、睡眠導入剤は効果が十分に出る量が処方されているので、効果を余分に増強させてしまうお酒は控えなくてはいけません

 

必ず服用量を守る

睡眠導入剤を数ヶ月も服用していると、だんだん使用に慣れてきますよね。そこで必ず気をつけなければならないのが、服用する量を勝手に増やさないことです。

頭痛薬や風邪薬などもそうですが、どんな薬でも服用を長く続けていると身体が効果に慣れてしまい、感じられなくなってしまいます。「昨日より効いている気がしない、おかしいな?」と、軽い気持ちで量を増やしてはいけません。不眠が悪化していけば、回復にはかなり長い時間がかかってしまうものです。

 

飲まないと眠れない状態を改善する

睡眠導入剤は依存性が高い薬の一つです。「睡眠導入剤を飲まないと眠れない」と考えてしまう事は服用する上で気をつけなければいけないポイント。

考え方一つですが、睡眠導入剤で得る睡眠は、身体が自然に求めて得る睡眠とは違い、薬の力を借りて身体を休ませるお手伝いをしてもらっているだけです。ですから、「飲む=眠れる」と考えるには短絡的すぎます。

依存状態にならないためにも、「眠れないならその時間を少し楽しんでしまおう」と余裕を持って考えたり、「導入剤がなくても自分は大丈夫、今がちょっと調子が悪いだけかな。」と気楽に捉えるとよいでしょう。

 

服用を止めるのは計画的に

睡眠導入剤を使っている人の多くには、眠れないストレスから自棄になって急に服用をやめてしまうことがあります。ですが、睡眠導入剤の副作用の一つに「離脱症状」というものがあるのです。服用を急にやめてしまった事で出る副作用で、服用前よりも体調が悪くなったり、吐き気や震えが現れるものです。

体調が悪くなってしまえば不眠にも拍車がかかり、余計に回復までの時間がかかりすぎてしまいます。特に睡眠導入剤を多く飲んでいる人は、服用を止めるまでも計画的に減らしていかなくてはなりません

 

眠れないことを気にしすぎない

長い間ぐっすり睡眠できていないことや、睡眠導入剤で無理に身体を眠らせることが続いてしまうと、本来の睡眠の疲労回復感がわからなくなってしまいます。

眠りは環境や疲労感、精神状態によりスッキリ感が違うものですよね。熟睡している人でも、毎回寝起きがスッキリ気分よいというわけでもありません。しかし、熟睡し慣れていないのでせっかく眠る事ができても「熟睡できていないのでは?」という不安感からまた不眠を誘発してしまうこともあります。

ですから、睡眠に過剰な理想を求めないということも大切ですね。

 

今回は、睡眠導入剤の使い方についてお伝えしましたが、いかがでしたか。他のどんな薬でも体調が悪い時は気持ちが落ち込んだり回復に焦るので、飲み方を間違えてしまうこともあります。その中でも特に睡眠導入剤は自分で適切に服用するのがむずかしく、飲み間違えてしまったときのダメージも他の薬に比べて深刻なものになってしまいます。

人間の欲求の一つである睡眠は、不足すると判断力を弱らせてしまいます。まずは、自分が現在そのような状態にいるということを自覚して、いかに適切な判断ができるか、薬剤師に相談したり病院に処方をお願いしたりという選択肢を持ちましょう。

不眠は深刻になる場合も多いですが、反対に数年後にはそんな過去も忘れてスッキリ回復できる人も多いものです。また、体調の変化は一部だけにフォーカスしすぎず、色々な方向から自分を楽にさせてあげる方法をさがしてみましょう。

まとめ

睡眠導入剤を正しく使うには

・運転、細かい作業や重要な仕事を避ける
・睡眠のための十分な時間を確保する
・服用中はお酒は絶対に飲まない
・必ず服用量を守る
・飲まないと眠れない状態を改善する
・服用を止めるのは計画的に
・眠れないことを気にしすぎない

あなたに待ち受ける運命の日知りたくないですか?

アナタの運命は星座と血液型で分かってしまうんです。「女神の星読み」では、あなたに訪れる運命の日をズバリお教えします。

敏腕鑑定師が初回無料でどんな星の名のもとにうまれているかを読み解き、迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。

運命が知りたい方はぜひ試してみて下さい!

連記事

コメントをお書きください