睡眠導入剤がもたらす4つの効果とは

睡眠導入剤がもたらす4つの効果とは
なかなか寝付けない夜に「あぁ、睡眠導入剤があったら良いなぁ」と感じたことがおありの方も多いはず。疲れているのに眠れない、明日早いのに寝付けないなんて時には睡眠導入剤などお薬の力を借りて睡眠をコントロールできると楽ですよね。

特に不規則な生活で昼夜逆転生活になってしまった際などは睡眠導入剤を使用して無理やりにでも眠ることで夜に眠って朝起きる生活を取り戻したり、「明日はどうしても朝4時に起きなければ」という無茶なスケジュールにも睡眠導入剤は活躍してくれます。

最近では医師の処方箋がなくとも睡眠を助けてくれる薬が手に入るようになりましたが、果たして効果はどのようなものなのでしょうか。そこで今回は、睡眠導入剤がどのようなものなのか、そしてその効果についてお伝えします。



 

睡眠導入剤がもたらす
4つの効果とは

 

睡眠導入剤と睡眠改善薬は違う


睡眠導入剤、という言葉はあまり聞きなれない方も多いかも知れません。一般的な呼称は「睡眠薬」と呼ばれており、睡眠導入剤と睡眠改善薬をまとめてそのように呼ばれています。

睡眠改善薬は医師の処方箋がなくともドラッグストアなどで簡易に手に入るのに対し、睡眠導入剤は医師の処方箋が必要になってくるのが大きな違い。しかしながら、睡眠改善薬と睡眠導入剤の明確な基準は医師によって異なるのが現状です。

睡眠薬の中でもとりわけ寝つきを良くしてくれる効果の高いものを睡眠導入剤と呼ぶ医師の方が多い一方で、睡眠改善薬より副作用が強く出るというデメリットもあります。その反面、睡眠改善薬は睡眠導入剤と異なり眠りの質を保証してくれないことも挙げられます。

つまりどういうことかと言うと、睡眠導入剤=眠りの質を上げる代わりに依存性が高く副作用が出やすい(要処方箋)、睡眠改善薬=睡眠導入剤に比べ副作用が弱い代わりに眠りの質は保証できない(処方箋不要)ということですね。

 

深い眠りへと導く睡眠導入剤


先述しましたように、睡眠導入剤は睡眠改善薬よりもより深い眠りに導いてくれ、質の良い睡眠を摂るように働いてくれます。これは、GABAという脳内の抑制系神経伝達物質の催眠作用を強化し、より深い睡眠を摂取させることを目的としています。簡単に言えば、脳内の眠くなる部分に働きかけて強制的に眠らせる、ということですね。

睡眠導入剤の最も役に立つ効果は「中途覚醒」や「入眠障害」を防いでくれるということ。なかなか眠れないと苛立ちもつのり、ストレスになってしまいますよね。また、一度眠れても夜中に何度も起きてしまう、一度眼が冴えてしまうとなかなか眠れないといった症状を改善してくれます。

また、覚醒中枢に働きかけるためリラックス状態を作り出し身体の緊張をほぐしてくれる働きも期待できます。これにより日中にこわばった筋肉の弛緩が期待され、睡眠中により疲労回復効果が得られるというわけです。

 

睡眠導入剤に副作用はつきもの


睡眠導入剤になぜ医師の処方箋が必要なのか。それは副作用が強く依存性が高い薬剤であるがためです。睡眠導入剤の副作用としてよく挙げられるのが倦怠感や頭痛、日中の異常な眠気やめまいなどです。これらは睡眠導入剤の効果が翌日になっても続いていることから「持ち越し効果」と呼ばれています。

ですから、睡眠導入剤を使用される際には車や自転車の運転などはもちろん、集中力の必要な作業や危険な作業、急激な運動などは避けるようにしましょう。また、上記の副作用以外でも報告されているのが肥満、目の霞みや口の乾き、一過性ではありますが物忘れが激しくなるなどがあります。

これらは医師と相談の上用法用量を守って正しく服用することによって防げる場合もあります。せっかく睡眠導入剤を使用して快適な睡眠を摂ったにも関わらず、日中の生活がままならないのであれば意味がありませんよね。睡眠導入剤はあくまで「睡眠に関わる障害」を取り除いてくれるもの。その他の要因は自力で改善していくしかないのです。

 

睡眠導入剤で耐性がついてしまう


睡眠導入剤が必要になるほど睡眠が困難になった、ということは何か理由があるはずです。ストレスや不摂生、不規則な生活、運動不足や昼夜逆転生活など元々は朝起きて夜眠る生活をしていたのに何等かの原因によって睡眠導入剤の力なくして睡眠が摂れないようになってしまったはず。その原因を取り除かないことには、睡眠導入剤を服用する意味がありません。

人体には元々免疫があり、睡眠導入剤を長期間服用し続けると耐性がついてしまうためより強い薬剤が必要になってきてしまいます。また、医師の指示を無視して突然服用を辞めたりすると深刻な離脱症状と呼ばれる症状を引き起こしますので、当たり前ですが長期間・大量に服用するとより強い離脱症状に襲われることとなります。

また、精神的な部分での依存も問題になっています。「睡眠導入剤を使用して眠ろう」という段階から「睡眠導入剤がなくては眠れない」といった状態になってしまう、これを依存状態と呼びます。こうならないようかかりつけの医師と頻繁に状況をやり取りしながら、原因を取り除いていく必要があるのです。

 

いかがでしたか。睡眠導入剤とは何か、そしてその効果と副作用について少しでも知っていただけたら幸いです。私自身も一時期睡眠導入剤を使用していましたが、多忙になり医者にかかる時間が割けず薬を絶たざるを得なくなった数日後、もの凄い離脱症状に襲われました。離脱症状は人それぞれですが、私の場合はひどいめまいと肩の凝り、それによって引き起こされる頭痛でした。

本来人間も動物ですから、3食キチンと食べて日中陽の光を浴びて適度な運動をすれば夜はぐっすり眠れるはず。それが上手く行っていないとなると、何かしら改善すべき点があるはずです。睡眠導入剤はあくまで睡眠に関わる障害を取り除くだけのお薬。長期間服用すべきではないからこそ、睡眠導入剤の効果が得られている内に改善点を見つけ、そこを治療していく必要があるのです。

睡眠導入剤は誰しも、必ずしも依存状態に陥ったり副作用が出るものではありません。むしろ、医師の正しい指示の元服用することですぐに通常の生活を取り戻せるパターンの方が多いのです。

睡眠にお悩みなら、市販の睡眠改善薬に手を出す前にまずは心療内科などを受診することをおすすめします。そこでしっかり話を聞いてもらい、あなたに合った治療法と投薬を見つけることが一番の近道ですよ。

まとめ

睡眠導入剤のもたらす効果とは

・睡眠導入剤と睡眠改善薬は違う
・深い眠りへと導く睡眠導入剤
・睡眠導入剤に副作用はつきもの
・睡眠導入剤で耐性がついてしまう

2018年 アナタに訪れる幸運を知る方法

アナタの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。 当たると評判の占い『マナ・タロット』では、宿命や転機をあなたの選んだカードをもとに鑑定して、どうすればアナタが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれます。

2018年の幸運を知りたい方は、是非お試しください!


連記事

コメント