睡眠導入剤を使って、寝不足を解消するコツ

睡眠導入剤を使って、寝不足を解消するコツ
不眠症などで、睡眠導入剤を用いる人が増えています。女性も社会進出が当たり前になって、男性同様、学校を出れば会社に勤めると同時に、結婚すれば子供を産み育てる役は殆ど女性が担いますよね。こうなるとどうしてもストレスがたまって眠りに付くことが難しくなってくるのです。

睡眠というのは神経の安静と大きく関わっています。ストレスがたまってくると、眠りが浅くなったり、眠りそのものに入れなくなったりという障害がでてくるのです。特に、女性にとって寝不足は、健康と美容の大敵です。

そこで注目されているのが、睡眠導入剤。睡眠導入剤を効果的に摂取することで、快適に眠りに入り、寝不足を解消することができるのです。ということで今回は、睡眠導入剤を使って寝不足を解消するコツについてお届けします。



 

睡眠導入剤を使って、
寝不足を解消するコツ

 

睡眠導入剤って?睡眠薬と同じ?


睡眠導入剤を使って寝不足を解消するには、まず睡眠導入剤とはどういうものかを正確に理解しましょう。よくある質問に「睡眠導入剤と睡眠薬は一緒なの?」というものがあります。

睡眠導入剤という言葉は比較的新しく耳にするようになった言葉で、以前は睡眠薬と言われていました。睡眠薬という言葉は今でも使われていますので、巷には睡眠薬という言葉と睡眠導入剤という言葉が併用されているわけですが、この二つは同じものなのでしょうか?

基本的には両者に大きな違いはありません。どちらも不眠症などで眠れない人の睡眠を助けてくれる薬です。ただし、効能に若干の差があります。まず、睡眠薬というのは、その名の通り、睡眠を助けてくれる薬全般を言います。したがって、睡眠導入剤も睡眠薬の一種です。

睡眠導入剤というのは、こちらもその名の通り、睡眠に導いてくれる薬剤のことです。睡眠薬にも幾つか効果があります。睡眠に導いてくれる効果のほか、不眠症の人によくみられる短時間で目覚めてしまう症状を抑える効果が代表的です。

日常語で眠りに入ることを寝付くと言いますが、睡眠導入剤というのは、この寝付きを助けてくれる効果の高い睡眠薬のことなんですね。このタイプの睡眠薬、つまり睡眠導入剤は、飲むとすぐに効果を発揮する即効性のものが多いため、服用の仕方にも注意が必要になってくるのです。

 

睡眠導入剤を使うときは副作用をしっかり知って!


睡眠薬は眠りに入るときに飲む薬ですので、副作用を知って、正しく使いましょう。特に、睡眠導入剤は睡眠薬のなかでも即効性の高いお薬ですので、注意が必要です。

睡眠導入剤の副作用として知られているのは、まず、倦怠感です。睡眠導入剤によって身体は眠る大勢に導かれますが、この眠気がダルさとなって感じられ、なかなか抜けないことがあります。特に、「持ち越し効果」と呼ばれる翌日の副作用が知られています。

睡眠導入剤は即効性の高い薬剤ですので、本来であれば、服用して睡眠に入り、翌朝目覚めれば、効果は抜けているはずです。薬剤が合わなかったり、強すぎたりする場合、翌日になっても眠気が抜けず、酷いときには頭痛や眩暈が起こることもあります。

初めて睡眠導入剤を服用する際は、翌日の予定を確かめ、車の運転や過密スケジュールは避けるようにしましょう。病後などで身体の弱っているときも要注意です。また、他の薬と併用する際は、特に気をつけてください。頭痛や眩暈が起こったときはその場では動かず、服用をやめて、酷いようなら医師の診断をうけるようにしましょう。

服用が長くなってくると、効果が出にくくなってくるため、今度は依存が問題になってきます。薬がきかないからと勝手に容量を増やしたり、アルコールと一緒に摂取したりするのは絶対にやめましょう。薬がないと不安感を覚えるようになる前に、医師に相談するようにしてください。

その他、かすみ目や咽喉の渇き、口内乾燥などの副作用を訴える人もいます。これらの症状がみられるようでしたら、いったん服用をお休みしてみてください。

 

睡眠導入剤は眠る直前に服用!


では、睡眠導入剤っていつ、どんなふうに飲めば効果的なのでしょうか?

睡眠導入剤として処方される薬剤には、トリアゾラム(商品名ハルシオン)、 ゾルピデム(マイスリー)、ゾピクロン(アモバン)、エスゾピクロン(ルネスタ)、ブロチゾラム(レンドルミン)、などがよく知られていますが、これらは何れも短時間(10~30分)のうちに睡眠導入の効果が現れると言われています。

したがって、飲んでから外をウロウロしたりすると、大変危険ですので、お布団に入る直前に服用するようにしましょう。特に、初めて服用する方、ご高齢の方、病後の方、身体の弱い方や薬の効き目が強い方などは注意してください。家族の方に服用する際も、就寝するタイミングを見て投与するようにします。

睡眠導入剤が効いてくるときは、身体がふらついたり、脚がもつれたりすることがありますので、外に出なくても、家具に身体をぶつけたり、階段から落ちたりすることがあります。できれば、寝床で服用するようにすると良いでしょう。

薬の吸収は食事の時間や内容によっても変わってきます。腸内に食物が残っていると薬剤の効果が完全に出ないことがありますので、夕食は早めに済ませておくようにすると良いでしょう。夕食後は身体を休め、寝床の用意をしてから服用し、そのまま眠りにつくと催眠効果が十全に発揮されます。

 

日本では睡眠障害に悩む人が増えています。睡眠導入剤はそうした眠れない人々にとって、眠りに誘ってくれる有り難いお薬です。正しく使って、寝不足を解消しましょう。

睡眠導入剤というのは睡眠薬の一種ですが、そのうち眠りに導入してくれる効果の高い薬剤のことを言います。即効性の薬剤が多いので、服用するときは、副作用、飲むタイミングなどに注意が必要です。

睡眠導入剤の副作用としては、翌日の眠気、ふらつき、眩暈、頭痛などが良く知られています。飲みなれていないときは、服用の翌日にハードな予定を組んだり、車の運転をしたりするのは避けるようにしましょう。長期の服用者には依存が問題となってきますので、勝手に服用量を増やしたりすることはやめてください。

睡眠導入剤は即効性の高いお薬ですので、眠る直前に服用してください。飲んだ後にうろうろしたりするのは危険です。服用したら、お布団に入り、眠りにつく準備をするようにしましょう。

まとめ

睡眠導入剤を使って、寝不足を解消するには

・睡眠導入剤とはどんな薬か
・睡眠導入剤にはどんな副作用があるか
・睡眠導入剤はどう飲むべきかを知っておきましょう!

あなたの運命のカラーは何色?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日とオーラのカラーから分かります。 当たると評判の「スピリチュアルオーラ診断」では、あなたのオーラをを診断し、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。

初回無料で貰える2000文字を超える細かい診断カルテで、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、体験してみて下さい!


連記事

コメント