つらい睡眠障害に負けない心身をつくる、9つのステップ

つらい睡眠障害に負けない心身をつくる、9つのステップ
眠らなきゃと思えるほど、眠れなくなるというようなことは結構ありますね。明日も仕事だから早く寝ないといけないのに・・。明日睡眠不足で学校に行きたくないな・・というように思えば思うほど眠れなくなることもあります。

そして肌にも良くないという思いもあるでしょう。寝不足や夜更かしは肌に悪いというように昔から言われています。出来れば夜10時~夜中2時の間には質の良い睡眠を取ることがベストです。

でももしも睡眠障害かもしれないということがあっても、心を強く持っていれば、乗り越えることが出来るかもしれません。



 

つらい睡眠障害に負けない心身をつくる、9つのステップ

 

その1: 横になっているだけでも身体は休まると思うこと

睡眠を取れないようなことがあっても、とりあえず横になるようにしましょう。そうすることにより、身体は必ず休まる事が出来ます。身体を休める事が出来れば、健康な身体は維持出来ますので、気持ちを強く持つことが出来ます。

もしも睡眠障害により、安定しない気持ちになった時に、身体の方も安定していないと辛いですが、身体が元気ならその上に乗るような気持ちで元気になることも出来るのです。

 

その2: 睡眠が取れていないことを忘れるようしましょう

出来るだけ忙しさからでもいいので、睡眠不足というようなことを思わないようにしましょう。昨日も眠れなかった・・というように思うことにより、辛くなってくるということがあるからです。

そのことにあまりとらわれずに、まずは目の前にあるものをしっかりとやっていこうというように意欲を持って動いてみるようにしましょう。

 

その3: 睡眠障害を悩みの1つにしてしまわないようにしましょう

こういうものなんだというように思うことにより、悩みにならなくても済むようになります。悩みの1つにしてしまうというのは、あまり良いことではありません。悩みにすることにより、自分に重くのしかかってくるからです。

現状を把握するのは良いのですが、それを辛いことであるというように考えすぎずに、いつか眠れる日も来るというように悩みにしないようにしてみましょう。

 

その4: よく眠れている人の秘訣を聞きましょう

すぐに寝れるというような人も結構います。その秘訣は何だろうということを聞いてみるのも良いことです。何かその人なりに対策があるかもしれません。

そういう人でも眠れない夜があったり睡眠障害の時期もあったとしたら、尚更その時にどうしたのかということを聞いてみると良いでしょう。

 

その5: 心の奥に溜まっているものはありませんか?

眠れない理由の1つに心の奥に溜まっていることがあるという場合もあります。そういう場合でしたら、それを解決することが先決かもしれません。すぐに解決できない内容だとしたら、今現在出来る対策は無いかなというように考えてみるのです。

そうすることにより、これからはそのことについて、違う気持ちの持ち方で向き合う事が出来ます。

心の持ち方を変えることにより、眠れるようになるということも出てくるかもしれません。

 

その6: 眠れないのは心のサインかもしれません

何か心があなたに伝えたいことがあるのかもしれません。だから眠れないというようなことになっているという場合もあります。睡眠障害が心のサインの場合もあります。

思い当たるところがあるのなら、それに対して考えてみましょう。出来れば寝る前に考えるのではなくて、他の時間の方が良いでしょう。客観視してみましょう。

少し離れたところから自分を見てみるのです。そうすると見てくることもあるかもしれません。

 

その7: 眠れないことで、人と自分は違うと思わないようにしましょう

自分だけが睡眠障害で苦しんでいるというように思わずにいましょう。人それぞれ言えない辛さを抱えていることもあります。もしかしたら、他にも近くに眠れなくて苦しんでいる人がいるかもしれません。

自分だけが苦しいわけではないという思いを持つことにより、孤独感が少し減ると思います。そうすることで心が穏やかになることができるはずです。穏やかな心を持つ事が出来れば、とても楽になります。

 

その8: 今まで色々なことを乗り越えてきた自分を誇りに思いましょう

今までにも色々なことがあったと思います。辛いことや苦しいことなども乗り越えて、今のあなたがあるのです。その努力というものは本当に素晴らしいものです。自分の努力を認めてあげましょう、そして誇りに思ってもいいのです。

今の自分があるのは、それまでの自分が頑張ってきたからです。そのことを思い出してみましょう。そしてよく頑張ってるねというように思ってあげることが必要です。

 

その9: もっと頑張らなければ!という思いを減らしましょう

何かに追われるような気持ちになるということはありませんか?それは実は自分自身なのです。これではダメだ、もっと頑張らなければ足らないというように自分で自分を追い詰めるようなことをするのは、もうやめておきましょう。

それをやめることによって、心身の状態が驚くくらい楽になります。そして睡眠障害にも負けない強い気持ちを持つ事が出来ます。

 

眠れない事があまり続いた場合には、医師に相談することも必要です。でもまずは心の奥にある何か自分を追い詰めているものが無いかということを考えてみることが重要です。

目の前にあること、つまり睡眠障害かもしれないという現実にばかりとらわれずに、もう少し視野を広くしてみましょう。

そうすることで見えてくることがたくさんあります。焦らなくてもいいのです。今の自分のままではなく、日々変化していくということは十分にありますから、今暗闇の中にいるような気持ちでいても、すぐに明るい世界に行くことになるかもしれません。

気持ちの持ち方でかなり変わってくるので、安心してください。

 

まとめ

つらい睡眠障害に負けない心身をつくる、9つのステップ

その1: 横になっているだけでも身体は休まると思うこと
その2: 睡眠が取れていないことを忘れるようしましょう
その3: 睡眠障害を悩みの1つにしてしまわないようにしましょう
その4: よく眠れている人の秘訣を聞きましょう
その5: 心の奥に溜まっているものはありませんか?
その6: 眠れないのは心のサインかもしれません
その7: 眠れないことで、人と自分は違うと思わないようにしましょう
その8: 今まで色々なことを乗り越えてきた自分を誇りに思いましょう
その9: もっと頑張らなければ!という思いを減らしましょう

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、
とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント