睡眠不足症候群の原因を知って、快適な眠りを手に入れる7つの方法

正しい断食デトックスを学んで、がん細胞から身を守る7つの方法

睡眠不足症候群とはどんなものでしょうか?一番の特徴は「睡眠不足の自覚がないこと」なんだそうです。本当は睡眠不足なのに、本人は寝ているつもりでいるので「どうしてこんなに眠いのだろう?」と悩むことに。なんだか最近体がだるく、とっても眠くなる時間があるという人は要注意です。

もしかしたら睡眠不足症候群なのかもしれません。睡眠不足は体に悪いことばかり。心臓病などの重篤な病気を引き起こす原因になったりします。では睡眠不足を解消するためにどのような方法をとればいいのでしょうか?



 

睡眠不足症候群の原因を知って、
快適な眠りを手に入れる7つの方法

 

睡眠時間を確保しよう。 

睡眠不足症候群の一番の問題は睡眠時間の不足です。つまり、まずは睡眠時間をきちんと確保することが重要です。特に仕事が忙しくて睡眠不足になりがちな人は注意が必要です。睡眠時間がどうも足りないと思っている人は意識して睡眠時間を増やさないといけません。

睡眠時間が5時間以下になると急に死亡率が上がることも研究からわかっています。1ヶ月間は睡眠時間を意識して増やすように気をつけてみましょう。睡眠不足症候群の解決の第一歩は自覚です。自分で睡眠不足を解消する方法を探すことが重要なのです。

 

ロングスリーパーの睡眠時間 

ロングスリーパーといわれる体質があります。ロングスリーパーの人は睡眠時間を長くとらなければ体調が悪くなるタイプの人です。本来ならロングスリーパー体質なので睡眠時間を10時間とらなければならないのに、自分の体質を知らないために短い時間しか寝ていないという人がいます。

7時間、8時間寝てもロングスリーパーの体質では寝不足になってしまうのです。なかなか気がつかない場合が多いのですが、休日に満足するまで寝るととんでもなく長い時間寝ているという人はこの体質を疑ったほうがいいでしょう。ロングスリーパー体質の場合は特に気をつけて、睡眠時間を確保しましょう。

 

睡眠を削らないこと 

睡眠を軽く考えてしまって、時間を削っている人がいます。特に夜更かしが癖になっている人や、趣味に没頭する人に多く見られます。また、最近早起きが流行していますが、これも睡眠時間を確保して早起きするほうが意味があるのは誰もがわかることです。

睡眠時間を削ることで活動時間は増えますが、代わりに健康等失うものも大きいのでやはり睡眠時間はきっちり確保したいものです。そういう生活サイクルになっている人は意識して睡眠時間をとってみましょう。体調を整えることがより活発に生活できるのですから。

 

寝入りばなを気持ちよくさせよう 

眠りになにかしら問題を持っている人の多くはなかなか寝付けないと言います。まどろみ、ストンと眠りに入れたらいいのですが、それができない原因には何があるのでしょう?まず環境を整えることが重要です。気持ちのいい寝室環境を整えましょう。光やコーヒーなどの刺激物はできるだけ遠ざけましょう。

眠りには適度なリラックスが必要です。ストレッチやヨガ、音楽など自分にあっているリラックス方法をとりましょう。どれだけスムーズに睡眠に入れるかは睡眠時間とも深くかかわってきます。あなたにとってどのような方法がいいのか、いろいろ試してみましょう。

 

継続した眠りを手に入れるために 

睡眠はスムーズな導入とともに継続した眠りが必要です。何かのきっかけで起きることがないように、事前の準備が必要です。まずはトイレ。寝る前にもトイレに行くのに途中で目が覚めるほどの尿意がある場合は体にむくみが残っていることが多いようです。寝る前に足を高くして、リラックスしてみましょう。

足へのむくみがとれて体の中の水分量が調節され睡眠時のトイレがなくなるかもしれません。また光や音への対策も必要です。長い時間、寝るためには外からの光が適度にさえぎられなければなりません。その為に、寝具の場所を変えるなどの工夫をしてみましょう。ちょっとした工夫や準備で継続した長い眠りを手に入れましょう。

 

昼寝を利用しよう 

昼寝は睡眠不足を補う重要な役割を持っています。ほんの20分程度、仮眠をとるだけで体調ががらりと変わります。昼寝は有効ですが、長時間眠ると生活リズムを崩してしまうので、短時間にしておきましょう。

昼寝には疲労を回復させる効果もあり、休み時間などに軽く寝ることはその後の仕事や行動の手助けをしてくれます。また、昼寝をすることで夜の睡眠を深くなります。昼寝の研究は様々行われていますが、20分程度のうたたねが一番効率がよく、夜の睡眠にも良い影響があるようです。

 

良質な眠りは良質な生活から 

良質な眠りには良質な生活が何より必要です。とは言っても難しいことはしなくても大丈夫。最低限のことだけでも実行しましょう。まずは起床時間や食事の時間は毎日ほぼ一定にしましょう。生活のリズムを整えることが何よりも重要です。朝起きたら必ず太陽の光を浴びて、体内時計をリセットします。

太陽の光は重要で、体内にセロトニンという覚醒ホルモンを分泌させるカギになります。起床時間、食事、そして太陽の光を浴びることで生活リズムを一定に保ち、活発な生活をすることで眠りもまた良いものを得ることができるのです。

 

いかがでしたでしょうか?

睡眠不足はほとんど悪いことしかありません。体調が悪くなったり、交通事故を起こす場合もあります。その人の体質にあった眠りの時間があるはずです。それを自覚して、きちんとした眠りのサイクルをつくりましょう。睡眠不足症候群はあなたの自覚一つで治る可能性の高い症状なのですから。

 

まとめ

睡眠不足症候群の原因を知って、快適な眠りを手に入れる7つの方法

・睡眠時間を確保しよう。
・ロングスリーパーの睡眠時間
・睡眠を削らないこと
・寝入りばなを気持ちよくさせよう
・継続した眠りを手に入れるために
・昼寝を利用しよう
・良質な眠りは良質な生活から

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント