市販の睡眠薬を使いすぎると、ヤバいかもしれない9つの理由

市販の睡眠薬を使いすぎると、ヤバいかもしれない9つの理由
疲れていてもなかなか寝付けない時は、体に疲れが溜まるだけでなく、ストレスにもなってしまいます。充分な睡眠をとる事は健康の基本ですし、不眠が続くと深刻な病気の原因にもなってしまいます。

そのためは睡眠薬も必要になる場合があります。どうしても自力で眠ることができないときは、睡眠薬はとても効果的なのですが使い方を誤ると、健康を害するような結果になってしまいます。

そこで、使いすぎるとやばい9つの理由をご紹介しますので参考にしてください。



 

市販の睡眠薬を使いすぎると、
ヤバいかもしれない9つの理由

 

眠気がとれない可能性あり

眠る為に必要な睡眠薬ですが、あまりにも常用しすぎると薬の成分も体に残り、常に眠気があるような症状にもなってしまいます。

こんな状態が続くと日常生活にも影響が出てしまいますので。決められた量を必ず守って飲む必要があります。睡眠薬からくる眠さは、どうにもならないほどつらいものです。

 

倦怠感残るかも

市販の睡眠薬を飲みすぎると、体がいつも疲れているような倦怠が続いてしまいます。だるさと疲れが一緒になったようなこの症状は、気分的にも何もする気が起きなくなりますし、疲れはどんどん溜まっていく一方です。

睡眠薬を飲むことを辞める必要があります。

 

女性ホルモンに影響?

中には市販の睡眠薬を飲んでいて、ホルモンに影響が出てしまう場合もあります。特に女性には生理が不順になることや胸に痛みを感じるようになることなど、症状は様々ですが必要以上の睡眠薬は、ホルモンにまで悪影響を与えてしまうものですから、飲むときには注意が必要です。

 

幻覚症状に注意

市販の睡眠薬の中には常習性が付いてしまうものがあります。飲み続けるうちに、幻覚的な症状がおき、実際には聞こえない音が聞こえるようになったり、人の話し声などが耳から離れなくなるような深刻な症状もあります。

睡眠薬は継続して使わないことが必要です。

 

アルコールと一緒に飲まない事

お酒を飲むとよく眠れるなんてこともありますが、市販の睡眠薬と同時にとる事で効果もよくなると思い、お酒と睡眠薬を一緒に飲むようなことは絶対に避けなければなりません。

健康を害することはもちろん、心臓にも負担がきますので、心臓発作や突然の症状が起きる場合もあります。飲むときは必ずどちらかにすることが大切ですが、一番よいのは自力で眠れるようになることです。

 

怖い記憶障害

睡眠薬がないと眠れないようになると、体の中にも薬の成分が残ってしまいますので、記憶にも障害が出るようになります。昨日のことが思い出せなくなったり、ついさっきのことがわからなくなったり、睡眠薬の副作用は考えている以上に怖いものです。

物事を思い出すのに時間がかかるような症状があったら、睡眠薬はまず飲むことを辞めてみましょう。記憶の障害は自分では気がつかないこともあります。心配な症状があったときには病院に行ってみる必要があります。

 

食欲がなくなる

市販の睡眠薬の成分は、病院と処方されるものとは内容が異なります。効果はあまりなく成分も少ない為に、継続して飲んでしまう傾向にあります。

飲みすぎると胃腸にも影響がありますので、食欲不振になることはよくあることですからご注意ください。食事を取れない場合には睡眠薬を飲むことも控えましょう。薬が体内で吸収されるには充分な栄養がないとだめです。

 

太ってしまう

睡眠薬の飲みすぎで、体が太る場合があります。太るというよりもむくんでいる、という感じですが顔や体つきが全体的にふっくらしたような事にもなります。

ホルモンのバランスが崩れる事も原因ですが、市販の睡眠薬には、自分の体質には合わない成分もはいっていることがあります。心配なときは専門医に見てもらうことがお勧めです。

 

情緒不安定になる可能性

精神を安定する成分も入っている睡眠薬ですが、飲み続けていくと情緒が不安定になり、ストレスが溜まりやすくなり、うつのような症状がでることもあります。

人間不信や対人恐怖など、外出することにも抵抗を感じるようになりますので、睡眠薬は精神的にも与える影響はとても大きいものです。

 

いかがでしたでしようか?

実際には個人差のあるものですから、これ以外にも副作用そして表れる症状はあります。体の疲れを取るためにも、毎日の睡眠はとても大切なものですが、市販の睡眠薬は簡単に手に入るものですから、手軽に飲めるイメージがあります。

しかし飲み始める前にはかならず使用説明書を読むことと、飲んでも効果がない場合には専門医に見てもらうことが重要になります。運動や食生活でも不眠症は改善できるものですから、睡眠薬が効果のないときには別の方法も試してみましょう。

 

まとめ

市販の睡眠薬を使いすぎると、ヤバいかもしれない9つの理由

・眠気がとれない可能性
・倦怠感が残るかも
・女性ホルモンに影響?
・幻覚症状に注意
・アルコールと一緒に飲まない事
・怖い記憶障害
・食欲がなくなる
・太ってしまう
・情緒不安定になる

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント