ストレスを適切に管理して生活習慣病を予防するヒケツ

ストレスを適切に管理して生活習慣病を予防するヒケツ

ストレスの蓄積を甘く見て、放置していると後で取り返しのつかない事態に…なんてよく聞く話ですよね。精神的には健やかで不安がない状態でも油断してはいけません。

それは精神的なストレスがないだけで、身体的なストレスが体内に蓄積していることも考えられます。その蓄積から引き起こされる「生活習慣病」は名前の響きからはそれほど重病ではないイメージですが、放っておくと最悪の場合、命に関わるような病気になることだってあります。

生活習慣病は精神的、身体的なストレスを認識しコントロールすることで予防できますが、ストレス管理しすぎても逆にストレスを溜めることにもなってしまいます。

バランスを取ることが大切です。今回は、ストレス管理をすることで生活習慣病を予防するヒケツをお伝えします。



 

ストレスを適切に管理して
生活習慣病を予防するヒケツ

 

バランスの良い食事をしよう


偏った食生活をしていると、身体的なストレスがどんどん蓄積されてしまいます。自覚はなくても無意識のうちに体にストレスが溜まっているんですよね。かと言って突然食事を制限するのは精神的にも辛いところ。

そんなときは、将来を見据えて少しずつ路線変更をしていくことをおすすめします。コーヒーや炭酸飲料などのいわゆる嗜好品、砂糖を大量に使用した飲み物、お菓子などは少しずつ減らし、バナナ、リンゴ、その他旬の果物に切り替えていきましょう。

お肉中心の食事をしている方は、魚介中心の頻度を上げてましょう。野菜は1日30品目は必要ですが、いきなりは難しいので、お味噌汁に入れる具として野菜をたくさん入れてみることをオススメします。

栄養分が外に逃げないのでしっかり栄養を摂取することができます。魚介中心でちゃんこ鍋のような調理方法でもよいかもしれませんね。ゆるやかに食事内容を見直していくことでストレスを軽減しつつ生活習慣病の予防にもつなげることができます。

 

食事量と時間帯に注意しよう


ストレス管理をする上で、食事メニューと一緒に考えたいのは、「量」と「時間帯」です。いくらバランスのよい食事を取っていても、食べ過ぎてしまっては内臓に負担がかかります。

そして、あまり遅い時間の飲食もオススメできませんね。できるだけ決まった時間に食事を摂るように心がけましょう。どうしても時間が合わない時、遅くなってしまった時は、分量を減らすなどして全体のバランスを取りましょう。

内臓に負担がかかると、感情面にも影響が出てくるケースがあります。イライラしたりなどいつも機嫌が悪い人は、食事に関するストレスから来ていることがあります。

感情は内臓のストレスから来るものなので、感情がコントロールできない状態は内臓が病気になりかけているかもしれません。ひとつの目安として注意してみてくださいね。

 

運動不足を解消しよう


ストレス管理において、食事と並んで重要なのは「運動」です。職場と自宅の往復だけでも十分疲れてるから運動になってるはずと思うかもしれませんが、気持ちを切り替えて「有酸素運動」をすることが大切です。

オススメする運動は、「ウォーキング」「軽度のジョギング」「サイクリング」「エアロビクス」「水泳」「ストレッチ」「縄跳び」です。激しい運動である必要はないので、軽い気持ちで初めてみてください。

すでに重度の高血圧や心臓など内臓系の疾患をお持ちの方は、お医者さんと相談してから始めましょう。すでにこうした運動を始めている人が周りにいるなら、お供させてもらうのも継続するためのコツですね。大人数でワイワイしながら運動するのが、ストレス管理の面からみても大変有効です。

 

日常生活の便利をあえて不便にしよう


毎日の生活が大変すぎて運動をする時間が取れず、却ってストレスが溜まってしまうこともありますよね。時間を作るのが大変な時には、日常生活の中で運動の代わりになる行動を心がけることでストレス管理が出来ます。

例えば、電車や車で移動すれば済む距離を歩いてみましょう。徒歩20分はバレーボールを20分間やったのと同じ有酸素運動になります。

公園でお子さんといっしょに駆けまわったり、車移動の代わりに自転車を使うなどしても十分な有酸素運動になります。

生活に溶け込んでいる「便利」な部分を少しだけ「不便」にすると、短時間での身体的ストレス管理になり、生活習慣病の予防につながります。

 

飲酒・喫煙をコントロールしよう


身体に最もストレスをかけやすい行動として、飲酒と喫煙があります。これらは依存性も強くなかなかやめられないという場合がほとんどです。

まず飲酒ですが、お酒を控えていることを職場や家族に公言しましょう。無自覚に飲もうとした時に忠告してくれるようになりますよね。飲酒の際には、必ず食事を一緒にすることです。

油分や塩分の多いものは控えることも必要ですが、食事と飲酒を一緒にすることは肝臓のストレスを軽減することになります。次に喫煙ですが、まず一切吸わないのがベストです。

病院などで指導を受けながら禁煙することもオススメします。喫煙は心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなります。対策としては野菜をたくさん摂取することですが、それで喫煙によるストレスを帳消しにすることにはなりません。

また飲酒時にタバコを吸うのも厳禁です。すぐにやめることが出来ない場合は喫煙の本数を減らしたり、煙を深く吸い込まないようにすると良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

「ストレス」とは単に精神的なイライラだけでなく、身体の奥深くで蓄積されていくものなのです。精神的に現れるストレスとも密接な関係にあり、身体のストレスを管理することは内臓をいたわることでもあるんですよね。

年齢を重ねると身体が思うように動いてくれなくなる上に、職場や日常生活ではいろんな責任が重くのしかかってきます。

普段からできるだけ身体のストレスを取っておくことは、生活習慣病という脅威から身体や命を守ることであり、大切な家族を守ることにもつながります。

日常生活や家族との時間を大切にするためにも、毎日を笑顔で過ごすためにも、自分の工夫と努力で取り除ける不安やストレスはしっかり管理しコントロールしましょう。

「食事」「運動」はもちろん「睡眠」も十分に取れるようになれば、生活習慣病とは無縁な笑顔に溢れた毎日を過ごせるはずです。明日からと言わず、今日から出来ること、あなた自身のためのストレス管理を始めてみてください。

 

まとめ

ストレスを適切に管理して生活習慣病を予防するヒケツ

・ バランスの良い食事をしよう
・ 食事量と時間帯に注意しよう
・ 運動不足を解消しよう
・ 日常生活の便利をあえて不便にしよう
・ 飲酒・喫煙をコントロールしよう

感情を引き出してモチベーションUP!

その為に今回はたった3分でできる『あなたの感情をググっと引き出す音声』を作りました。あなたの感情を誘導するナレーションが入っているので、音声に従って感情を出してみて下さい。スッキリした気分になりますよ。

こちらの音声は、ダウンロードすることができます。気に入った方は、ぜひ、落ち込んだ時や気分が乗らないときに聞いて下さいね。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント