ストレス診断をするときに前もって理解しておく5つの事

ストレス診断をするときに前もって理解しておく5つの事
比較的大きな会社にお勤めの方は、ストレス診断についてご存じの方もいらっしゃる事でしょう。いわば、健康診断のメンタル版という感じです。

ストレスなどメンタル面のダメージや疲労について、客観的に判断するのはとても難しいですよね。それを検査によるチェックと、医師もしくは保健師による判定で分析してわかりやすく測定、評価するのがストレス診断です。

働く現場では、これまでの通常の健康診断に加えて積極的に取り入れられていくことになるストレス診断ですが、これまで馴染みの無かった方にとっては疑問や不安が色々とあるのではないでしょうか。そこで今回は、ストレス診断をするときに前もって理解しておく5つの事をお伝えします。



 

ストレス診断をするときに
前もって理解しておく5つの事

 

まず、ストレス診断を行う目的を知りましょう。


そもそも、ストレス診断が社会の中で重要視され、積極的に取り入れようという流れになったのは、ストレスによる自殺やうつ病が増加してきたからです。

ひと昔前であれば、「気合が足りない」「怠けている」「メンタルが弱い」とネガティブに捉えられてきた事が、医療の発達や社会情勢の変化によって精神的な病であると判明してきました。

ストレス診断によってその人が受けているストレスの度合いやメンタル面の疲労度をしっかりと把握することで、自ら命を絶つという最悪の事態を少しでも減らし、働く人の心の健康を守ろうというのがこのストレス診断の趣旨なのですね。

 

ストレス診断は病気を予防するためのものと理解しましょう。


さて、ストレス診断によって個人のストレス状態や、うつ病に繋がる危険度が客観的に判断される事で、この診断が“隠れうつ病”、もしくはうつ病予備軍を探し出すものと誤解をされる方がいらっしゃるかもしれませんね。

けれど、ストレス診断はそのような目的で行われるものではなく、メンタルの状態が悪化する前にしっかり手を打って、うつ病に進行してしまう事を未然に防ぐために行われるものです。

ストレス診断の結果によって、例えば勤めている企業や所属する組織から、何か不当な扱いを受けるという事はありませんよ。

それは、許されない事なのです。企業や組織側の側面としても、メンタル面の不調で貴重な人材を失う事、そしてその事で生じる損失を防ぐという目的があるのです。

 

プライバシーはしっかり守られる事を認識しておきましょう。


さて、身体の健康診断のように、受診することがスタンダードになっていくであろうストレス診断ですが、診断の結果は実際にチェックを行った専門家(医師もしくは保健師)から受診者に直接伝えられます。

ストレス診断を実施したのが所属している企業や組織であっても、そこを経由する事はありません。そうした企業や組織が受診者本人の同意なくストレス診断の結果を知る事はできないのです。

もちろん、本人の同意を得て結果を知ったとして、その内容によって受診者に何らかの不利益を生じさせる事は禁止されています。

ストレス診断の大きな目的は病の予防なのですから。そして、ストレス診断の結果は非常に重要な個人情報です。その保護は厳守されて当然のことですね。

 

ストレス診断は内容を確認し、納得して受けましょう。


さて、特に企業や組織として実施されるストレス診断は、結果はもちろん、実施する際にも取り扱いを慎重にする必要があります。

いつ実施されるのか、これまでお伝えしているようなストレス診断の意義と目的、診断結果の取り扱いなど、安心して受診できるように配慮されるべきものです。

みなさんも、自分の心の状態に関わるとても大切な診断を、あまりよくわからないままに受けたくはないですよね。ストレス診断そのものに疑問や不信感を抱くような状況では、正確なチェックもできなくなってしまいます。

それでは意味がありません。企業や組織で実施される際は、しっかりと実施概要を確認して、疑問や不安のないよう納得した上で受診してくださいね。

 

診断後の組織環境改善対策に注目しましょう。


これまでお伝えしてきた通り、ストレス診断はメンタル面での病気を予防するために実施されるものです。診断によりフォローが必要であると判明することで、状況が悪化する前に医師との面談などストレス改善への対策を取る事ができますね。

ただ、ストレス診断はこうした個人レベルの対策だけでなく、企業や組織全体の環境改善の指針としても活用するべきものなのです。

実は、部や課など一定数以上の集団ごとに集計し、その特徴や傾向を分析した結果については、本人の同意が無くても企業や組織で把握する事ができます。

ですから、ストレス診断を通じて、自分の心の健康状態と共に所属している企業や組織の環境改善対策についても注目していきましょう。

 

いかがでしたか。

ストレス診断をするときに前もって理解しておく5つの事をお伝えしました。ストレス診断は、特に企業や組織に所属する個人の心の健康状態を知り、病に進行する事を防ぐために行われるものです。

個人レベルでは専門家によるフォローによって改善し、企業や組織レベルではできる限りストレスのない良好な環境づくりのために重要となるでしょう。

メンタルの問題はとてもデリケートなもので、自分がどれくらいストレスを受けているかという事を客観的に判断される事に不安を感じる方もいらっしゃるかも知れません。

けれど、身体の健康診断と同じで、何らかの対処が必要な状況であるならば早めに知る事に越したことはないですよね。

また、周囲の環境改善にとっても有意義なものなので、ストレス診断の機会を得た際にはあまり心配せずに受診してください。

 

まとめ

ストレス診断をするときに前もって理解しておく5つの事

・ まず、ストレス診断を行う目的を知りましょう。
・ ストレス診断は病気を予防するためのものと理解しましょう。
・ プライバシーはしっかり守られる事を認識しておきましょう。
・ ストレス診断は内容を確認し、納得して受けましょう。
・ 診断後の組織環境改善対策に注目しましょう。

これで頭をスッキリさせよう!

ちょっと辛い、、、そんなふうに思った時にはこの音声を聞いてみてください。頭がすっきりして、嫌な気持ちや、沈んだ感情がちょっとだけ楽になるはずです

下記よりダウンロードして、iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れてお使い下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント