ストレスと病気の関係から知る生活習慣病にならないコツ

ストレスと病気の関係から知る生活習慣病にならないコツ

ストレス社会の昨今、ストレスから病気になってしまうケースが増えています。糖尿病や高血圧、自律神経失調症などといった生活習慣病の原因が、実はストレスだったというのは良く聞く話ですよね。

私たちは、ストレスを受けると身体がストレスに対処しようと様々な反応を引き起こします。しかし、身体が対処しきれないほどのストレスを受けると身体や気持ちに変化が生じます。

ストレスから来る病気が進行してしまう原因は、身体や気持ちの変化に気が付けないことが原因。ストレスによる病気にならないためには、身体や気持ちの変化にいかに気付けるかが重要ですよ。

生活習慣病にならないために、多くの人は食事や運動など日頃の生活に気を付けていますが、今回は、ストレスと病気の関係という視点から生活習慣病にならないコツについてお伝えします。



 

ストレスと病気の関係から知る
生活習慣病にならないコツ

 

身体や気持ちの変化に気付こう


人はストレスを受けると、どのような身体の反応が起こるのでしょうか。ストレスを受けた時の身体の反応として多いのが、頭痛、胃腸や顎の痛み、腰痛、肩こりなどの関節の痛みです。

病院で何ともないと言われたのに痛みが続いているという人は、ストレスから来る身体の反応かもしれません。気持ちの変化についてはどうでしょうか。

ストレスが増えるとイライラしたり、不安が増したりしますよね。最近、起こりっぽいなぁと感じたら危険信号。ストレスで病気になる可能性大です。このように、あなたの身体や気持ちが発する声に耳を傾ける時間を取るなら、ストレスで病気にならにすみますよ。

 

ストレスの原因について考えてみよう


ストレスによる病気で近年増えているのが、頭痛です。特に、偏頭痛は多くの人が悩まされている頭痛の1つですよね。実は、ストレスが原因で起こる偏頭痛は休日に起こります。

なぜなら、仕事をしている時は緊張状態にあるので、頭痛に気が付きません。しかし、休日になるとリラックスして一気に脳の血流が拡張されるため偏頭痛が起こってしまうのです。

このように休日になると頭痛になってしまうという「休日頭痛タイプ」の人は、普段の生活でストレスを感じていないか思い返してみましょう。

 

不眠を改善しよう


ストレスと病気の関係で最も多い悩みが不眠です。不眠はあらゆる病気の原因ともなりますよね。糖尿病や高血圧といった生活習慣病は不眠が原因というデータもあるんです。

ストレスで病気にならないためには、是非とも不眠症状を改善させたいものですね。問題は慢性的な不眠。実は、不眠は誰にでもあるものなんです。

しかし、不眠がきっかけとなり、眠れないことを意識しすぎると、更に眠れなくなるという不眠の悪循環に陥ってしまいます。不眠を解消するポイントは「ありのままを受け入れる」こと。

眠れなくても良いと考えて、眠れない時は起きて過ごすようにすると気持ちが楽になりますよ。しかし、決めた時間に必ず起きるように努力しましょう。

 

ストレスを解消して血圧を下げよう


白衣高血圧という症状をご存知ですか。白衣高血圧とは、病院など緊張した場所で血圧を測定すると普段よりも高い値が出てしまうというもの。

ヒトは普段の生活でも、緊張状態にあると血圧が高くなってしまいます。一時的に血圧が上がるだけなら問題ないのですが、ストレスを受け続けると血圧が高いままになってしまいます。

普段、血圧が何ともないと言われている人でも一度、職場や普段の生活の場で血圧がどう変化しているのか調べてみましょう。

高血圧は心臓病や脳出血など命に関係する病気の原因となります。ストレスによる病気が命に関わる場合もあるのです。

ストレスで血圧が高いという人は深呼吸がお勧め。深呼吸をすると副交感神経の働きを促進して血圧を下げるのに効果があると言われています。日頃から意識して深呼吸を取り入れて下さい。

 

情動ストレスを減らしてアレルギー症状を改善しよう


人間の感情のうち激しく心が動くような感情のことを情動と呼びます。不安や緊張、怒りや悲しみといった感情が引き起こすストレスを情動ストレスと呼びます。

近年の研究によって情動ストレスをかけ続けるとアレルギー症状が引き起こされることが分かってきました。花粉症やアレルギー症状に悩んでいる方も多いですよね。

もしかしたら、普段から情動ストレスを抱えているのかもしれませんよ。情動ストレスを軽くするのにお勧めなのが、自分を「俯瞰してみる」こと。第三者の立場で自分を見られれば情動ストレスを軽く出来ますよ。

 

いかがでしたか。

ストレスから来る病気にならないためには、身体や気持ちの反応に気付くことが重要でしたね。休日の頭痛や、花粉症などのアレルギー症状は、なかなか普段の生活が原因とは気が付かないもの。

しかし、普段の生活こそにその原因があるかもしれないのです。まずは、ストレスが病気の原因ではないか、普段の生活を見つめ直すようにして下さい。

不眠や高血圧はストレスから来る病気だと気が付きやすいものですが、なかなか対処するのが難しいのが現実。ポイントは心の持ち方です。

不眠であれば、寝なくてはいけないと思わずありのままを受け入れる、怒りや不安といった情動ストレスであれが、俯瞰して見ることが大切でしたよね。このように気持ちの持ち方を少し変えるだけでもストレスで病気にならずに済みますよ。

 

まとめ

ストレスと病気の関係から知る生活習慣病にならないコツ

・ 身体や気持ちの変化に気付こう
・ ストレスの原因について考えてみよう
・ 不眠を改善しよう
・ ストレスを解消して血圧を下げよう
・ 情動ストレスを減らしてアレルギー症状を改善しよう

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消するモーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている脳や神経を休ませる働きがあります。何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。

そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント