二度とストレス性胃炎にならないために 7つのメンタルケア

二度とストレス性胃炎にならないために 7つのメンタルケア

ストレスは様々な形で私たちを攻撃してきます。なかでもやっかいでなかなかきちんとした対応が難しいのがストレス性胃炎です。ストレス性胃炎(神経性胃腸炎)はきりきりと胃の辺りがいたくなったり、胸焼けや胃のもたれなどの形であらわれます。それが原因で吐き気や食欲不振などになってしまいます。

また胃の不快感が気になって不眠症になり、うつ病やパニック障害などに発展することもあります。本当にやっかいなこのストレス性胃炎。ストレス社会で暮らす私たちはどのようにこの病に対処していけばいいのかご紹介いたします。

 

二度とストレス性胃炎にならないために
7つのメンタルケア

 


たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!


 

ストレスの原因をつきとめよう


なによりも一番最初にすべきことは原因究明です。どのようなストレスで自分が苦しんでいるのかを知ることは重要なことです。ところがこれがけっこう難しいのです。

ストレスが一つであれば簡単なのですが、ストレス性胃炎を発症してしまうほどの人はいくつもの複合的なストレスが原因になっていることがあります。一番多い人間関係のストレスも、ただ一人の人との付き合いなのか、他の人からの評価を気にしているのかで対処は変わってくるでしょう。

また人間関係だけとはかぎらず、職場の環境や通勤環境、家族とのかかわりなど多くのことが要因として挙げられる方も多いでしょう。これをゆっくりとほぐしていくことがストレスと付き合う一番の方法なのです。

 

ゆっくり休もう


ストレス性胃炎は「休むこと」が苦手な人がなりやすい病気です。気持ちのオンオフが苦手でずっとがんばっていることが多いのです。責任感が強く、完ぺき主義の人に多い傾向で、これは小さなことが気になったり、適当な手抜きができなかったりします。

ならば「がんばりすぎない」「完璧を求めない」「適当に手抜きをする」などが対処として考えられますが、そう簡単ではありません。

そのようなことは心の癖のようなもので、言われてできるものではないからです。まずはゆっくり休むことを心がけてください。心を休ませるのは難しいので、まずは体から休むように気をつけてみましょう。

 

生活環境を整えよう


規則正しい生活はやはり病気を治療する根本になります。ストレス性胃炎を発症している人はがんばりすぎているがために生活リズムが狂っている場合が多くみられます。

不眠なども併発しているともう生活リズムはめちゃくちゃで、そのなかでがんばっているなんていう人もいるのです。体内時計は重要で、それを正しい状態にもどすだけで症状が軽くなる場合もあります。ただ正しい生活を送ろうとがんばるとこれもまたストレスになるので、出来る範囲で見直しましょう。

 

開き直ってみよう


胃が痛くなるのは辛いことです。もちろんそれが早く治って欲しいと思うのは当然でしょう。しかしそれにとらわれるとそれすらもストレスになります。「痛くなるんじゃないか」と思っていたら本当に痛くなるというのと同じです。

少し開き直ってこういう自分であることを受け入れてみましょう。自分はストレスで胃が痛くなるけど、まあいいじゃないか。気にしていたってしょうがないと弱点を受け流すのです。誰しもどうしようもない弱点をもっています。仕方がないと受け入れて開き直ることも重要なのです。

 

好きなことをしてみよう


いつでもストレスにさらされているのですから、たまには好きなことをしてみましょう。自分が一番したいことを考えてみましょう。温泉もいいですし、カラオケに行くのもいいでしょう。趣味がある人はそれに没頭する時間をもつのもいいでしょう。とにかくやりたいことを考えて、それを行動に移すことです。

行動してみることでストレスと一時的でも離れることができ、またストレスの発散にもつながります。気持ちが乗らない、気力がないというときでも一歩を踏み出すことで解決することが多いのです。

 

症状を整理してみよう


ストレス性胃炎の人の特徴としてストレスに直面したりそれを想像したときに発症するということがあります。つまり、一日中ずっと胃が痛いわけではないのです。その症状がどのような時にあらわれたかをノートに書いてみると意外な発見があるかもしれません。

同じような状況で必ずその症状がでるのかを書いてみると意外なことに例外が見つかります。こういう場面では胃が痛くなったが、同じような時でも別の場面では痛くならなかった。それを整理していくと自分がいかに狭い視野に立っていたかがわかります。

マイナス面はとても目立つのでそれに固執してしまいがちですが、実際にはそうでないこともあるとわかると少し安心します。解決方法まではいかなくても「痛くない場面もあるのだ」とわかることはあなたを支える力になってくれるでしょう。

 

病院を頼ろう


ストレス性胃炎はやっかいな病気です。あなたの心のもやもやが体に攻撃を仕掛けてくるのですから。こういう時には専門家に相談するのが一番です。まずは病院できちんと精密検査をしてみましょう。ストレスからきていると思っていた胃炎が別のもっと深刻な病気だったということもあります。

まずはそれがないことを確かめましょう。ストレス性だとわかればメンタルケアを行う心療内科などの病院へ行きましょう。専門的な治療になると薬物とメンタルケアの二つの側面からの治療が行われます。あなたが辛い思いをしていることを専門家に投げて、気持ちを楽にすることが治療の第一歩なのです。

 

いかがだったでしょうか。

現代社会ではストレスから逃れることはできません。自分らしくすればするほど避けては通れないものでしょう。どこかでストレスと折り合わなくてはならないのです。ストレス性胃炎は心のバランスを崩してしまう人がなってしまう病気です。

なかなかストレスをコントロールするのは難しいですが、ストレスに対する心の持ちようをコントロールすることはできるはずです。少しばかり図太くなってストレスと対峙することが解決の糸口です。自分らしく生きるために心のコントロールができるようになりたいものです。

 

まとめ

二度とストレス性胃炎にならないために7つのメンタルケア

・ ストレスの原因をつきとめよう
・ ゆっくり休もう
・ 生活環境を整えよう
・ 開き直ってみよう
・ 好きなことをしてみよう
・ 症状を整理してみよう
・ 病院を頼ろう

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消するモーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている脳や神経を休ませる働きがあります。何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。

そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

にたったらシェアしてください

コメント