ストレス太りは身体に驚くべき負担をかけている9つの理由

ストレス太りは身体に驚くべき負担をかけている9つの理由

イライラしたり、気持ちに余裕が無かったリすることってありますよね。

けれども、原因がなかなか解決しなかったり、変化なく状態が続くと知らない間にストレスになり、このストレスからくる気持ちを解消したくてついつい食べてその時の一瞬の幸せに浸ってしまい、それがクセになってしまいますよね。

気がついたら、ストレス太りしていたということはありませんか?実はストレス太りは、急激に太るなど体にとっては悪いことばかりなのです。どれくらい自分の体に知らずに負担をかけているかの9つの理由をお教えしたいと思います。



 

ストレス太りは身体に驚くべき
負担をかけている9つの理由

 

その1: 免疫力低下

人間は、病気と戦うために免疫力を持っています。体の中には体を守るいろんなホルモンがありますが、中でもストレスを感じたときに出るホルモンは、異常に増殖し免疫力が一気に下がってしまい、無防備な状態の体になってしまいます。

そのため、バイキンなどの進入によって、簡単に病気になりやすくなってしまうのです。普段は免疫力でカバ-していることも、ストレスによって簡単に体が弱ってしまいます。免疫力が落ちることは体にとっては危険信号ともいえるでしょう

 

その2: 腎臓に水分が溜まる

ストレスを感じると、緊張からくる血行不良などにより、内臓にも影響が出てくることになります。

腎臓の場合は、動きが急に悪くなり内臓が冷えてしまい、結果、水が溜まりやすくなります。症状が出ないため、知らない間に水が溜まってしまうので危険です。

 

その3: 肝臓機能が低下

肝臓は淡白の分解・合成を助ける働きがありますが、その助ける働きが低下してしまい、血液中に含まれるたんぱく質の量が異変を起こしたり、内臓の血行不良、冷えなどから細胞の間に水分が溜まりやすくなります。

なかなか症状がわかりにくいので見逃しやすい臓器ですので要注意です。

 

その4: 心臓の血液循環が悪くなる

人間の一番中心になる心臓の動きもストレスによって簡単にも鈍り、血液循環が悪くなります。

そうなると手や足などの心臓より遠い部位などへの血液を送るポンプの役目が弱まってしまい、筋肉にも血流や酸素が回らないため、硬くなってしまったり、筋肉が弱ってしまったり、特に足などに水が溜まりやすくなり、分かりやすい症状として浮腫むようになります。

手先が冷たかったり、冷え性が治らなかったら、原因は心臓かもしれません。

 

その5: 甲状腺の衰え

甲状腺は、水分やエネルギ-などの代謝やホルモンの量の増減を司っている臓器ですが、その代謝が急に活発になったり、逆に衰えてしまったり不安定に狂ってしまったりします。

また、エネルギ-が脂肪に変わってしまったり、水が体に溜まりやすくなったりします。甲状腺が不安定になると、いつもランニングしているような疲労感が襲ってくるような病気にもなりやすいので、十分に注意が必要です。

 

その6: ひどい腰痛

体重が増加したことにより、腰や膝への負担が大きくなり、軟骨が磨り減ってしまったり歪んでしまったり、骨がもろくなってしまいます。

また、体が重いと運動量が低下するので動かなくなり、さらに体重が増加して体に負担が倍増したり、太りやすくなったりします。

また腰の痛みはストレスが作り出すホルモンによって痛みを感じると言われていますので、あまりにも腰が痛むようであれば、ストレスを少しでも軽減するように努めないと症状は楽になりません。

 

その7: 胃が圧迫

お腹の中の脂肪がどんどん硬い塊ができてくるので、胃が圧迫されて胃液の逆流が起こったり、その逆流した胃酸で食道の内壁を傷つけ胸焼けや痛みを起こしやすくなったりします。また、内臓脂肪もつきやすくなってきます。

 

その8: 胆石ができやすくなる

動物性脂肪を多く取る人は、十分気をつけてください。胆汁などの成分が脂肪によって固まりやすくなり、ひどくなってくると胆石ができてしまったりします。

また脂肪が血管に溜まりやすくなるので血栓ができやすくなってしまいます。脂っこい食事を好む人は要注意です。

 

その9: 脳への負担

太ってくると体の脂肪などで押されてしまって、血管が見えなくなってしまうということは、よくご存知のこととは思いますが、外からの圧迫も強いですが中の血管の中も脂肪によって壁が狭くなってきてしまいます。

その為、血液が流れにくくなるので冷え症になったり、顔色が悪くなったり、また脳への血流が悪かったり、血栓が沢山できてしまったりしてとても危険です。

 

いかがでしたか?

ストレスを解消するのはとても難しく、ついつい簡単に気分を変えることが出来る食べ物に走ってしまいがちですが、ストレスによって太ってしまうことによって、体にもストレスが蔓延してしまうのです。

また、内臓が冷えて冷え性になったり、内臓に脂肪がついてしまったらなかなか取るのは難しいものです。食べるときは、体にどのような負担をかけるのかなと少し考えながら意識して食べると、ストレス太りから少し解消されるかもしれませんね。

この記事があなたのとってお役にたてますよう願っています。

 

まとめ

ストレス太りは身体に驚くべき負担をかけている9つの理由

その1: 免疫力低下
その2: 腎臓に水分が溜まる
その3: 肝臓機能が低下
その4: 心臓の血液循環が悪くなる
その5: 甲状腺の衰え
その6: ひどい腰痛
その7: 胃が圧迫
その8: 胆石ができやすくなる
その9: 脳への負担

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消するモーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている脳や神経を休ませる働きがあります。何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。

そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント