ストレス性胃炎があなたの身体をじわじわと蝕む9つの恐怖

 ストレス性胃炎があなたの身体をじわじわと蝕む9つの恐怖

ストレスで胃が痛い。ありがちな症状のためそのうちよくなると、適当な薬で痛みをごまかしている方は、意外と多いのではないでしょうか。ですが、その症状を放置していて大丈夫ですか?あなたの身体をじわじわと蝕んでいくストレス性胃炎の本当の怖さを放置する前にきちんと理解してください。



 

ストレス性胃炎があなたの身体を
じわじわと蝕む9つの恐怖

 

ストレスが胃の血流を悪くする

ストレスがかかると胃の血流が悪くなります。それにより胃粘膜障害を起こし、胃の痛みや食欲不振という症状がでます。根本原因はストレスで、病院にかかった場合も病変として確認することが難しいのがストレス性胃炎の厄介なところです。痛みはあるのに病変は見つからない。薬は病変に効果が発揮されるものなので、投薬が不要な場合が多々あります。

 

鎮痛剤が更なる悪化につながる可能性

胃の痛みを緩和しようと鎮痛剤を常用している方もいるかもしれませんが、実はストレス以上に胃の状態を悪化させるのが鎮痛剤です。ストレスで胃潰瘍になるのではなく、鎮痛剤の常用が胃潰瘍の原因を作ります。鎮痛剤が手放せない程の慢性的な痛みの場合、必要なのは鎮痛剤ではなく、抗鬱剤かもしれませんよ。

 

ストレスによる暴飲暴食

ストレスからくる暴飲暴食もストレス性胃炎と言えます。胃の粘膜は経口の食物からの刺激に対し、強い抵抗力を持ってはいますが、ある限界を超えると炎症を起こし、胃炎につながります。

その胃炎が胃痛につながります。ストレスで胃の血流が悪くなっているところに暴飲暴食では、例え食べ過ぎたと控えても、ストレスを改善しないことには、胃の回復は望めません。

 

ストレスによる食欲不振

ストレスからくる胃の血流低下や体調不良により食欲が減退も、ストレス性胃炎と言えるでしょう。胃の機能低下時に起こる症状です。満足な食事をとれない状態が続くと貧血など胃の痛み以外の症状にも発展しかねません。

何とかしようと空腹時に薬を服用することで胃はさらに打撃を受けます。うどんやゼリーなど食べられそうなものは積極的に摂取することが大切です。

 

胃酸過多の恐怖

胃酸の役目は自分の胃を守りつつ摂取した食物を消化撹拌することです。胃酸は協力で肌に直接触れるとやけどするほどです。胃が無事なのは胃の粘膜がアルカリ性であること。酸とアルカリ性が絶妙なバランスを保っているのです。

その分泌のバランスがストレスによって崩れてしまうと、胃酸の分泌を多くしてしまい特に空腹時に胃痛を感じる要因になります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどにつながる可能性があります。

 

胃酸減少症

胃酸過多に対しストレスにより胃酸の分泌が極端に減少する場合もあります。胃の内部の殺菌力が落ち、ウイルスや細菌の感染の危険性が高まり、それが原因で胃炎を引き起こすことにつながります。胃酸が減少すると食欲不振、胃もたれ、不眠などの症状の要因となり、胃がん、内分泌疾患、貧血などの症状に発展する可能性があります。

 

診察で原因の特定が難しい

胃痛を感じて病院で診察を受けても、上記でも説明している通り胃の組織などに病変が見つからないのがストレス性胃炎です。ストレス性胃炎と診断されるには、本当に胃の組織に病変が何もないことを確認する必要があります。

わりとあっさりと神経性(ストレス)によるものと診断がついたとしても、結局はストレスの原因を取り除かないことには改善が見込ません。投薬で多少の改善は見られても、どうせ病院に行ってもどうにもならないと考えることで放置につながりやすいのがストレス性胃炎です。放置することで悪化して胃潰瘍や胃がんに進行してしまうことがあります。

 

神経性胃炎から発展

ストレスによる症状は胃に限りません。ストレスによる胃の状態悪化が原因で頭痛を引き起こしたり吐き気が強く出たりと、胃痛よりも別の症状が強く出ることもあります。ストレスで胃の機能が弱っていることが原因でも、吐き気などの症状で胃の機能低下に気付かないままでいると、胃炎は静かに深刻な病状へと発展してきます。

 

慢性化から深刻化

ストレス性胃炎で弱った胃はストレスの根本原因が解決しなければ、なかなか改善は見込めません。そのため慢性化しやすい症状です。慣れというのは恐ろしいもので、何度も繰り返すうちに多少の痛みには慣れて気付かなくなったり、鎮痛剤で痛みを抑えて胃の機能低下に気付かないでいると、いつもの胃炎から深刻な胃の疾患へと徐々に進行を始めていきます。いつものことと慢性化を放置すると大変なことになってしまいます。

 

いかがでしたか?

ストレス性胃炎は目立った胃の組織に病変を作ることはありません。ですが胃の機能が低下している状態をずっと放置していると、いずれはっきりとした病変ができるまでに悪化します。

それは胃潰瘍であったり、胃がんであったりします。最初は無害そうなふりをして、じわじわと慢性化しあなたの身体を蝕みます。いつものことと慢性化を許してはいけません。あなたの身体はあなたがしっかりと労わってあげてくださいね。

 

まとめ

ストレス性胃炎があなたの身体をじわじわと蝕む9つの恐怖

・ストレスが胃の血流を悪くする
・鎮痛剤が更なる悪化につながる可能性
・ストレスによる暴飲暴食
・ストレスによる食欲不振
・胃酸過多の恐怖
・胃酸減少症
・診察で原因の特定が難しい
・神経性胃炎から発展
・慢性化から深刻化

これで頭をスッキリさせよう!

ちょっと辛い、、、そんなふうに思った時にはこの音声を聞いてみてください。頭がすっきりして、嫌な気持ちや、沈んだ感情がちょっとだけ楽になるはずです

下記よりダウンロードして、iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れてお使い下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント