息苦しいストレスがあなたの命を蝕む9つの理由

 息苦しいストレスがあなたの命を蝕む9つの理由

ストレスから息苦しいと感じたら、息抜き術の腹式呼吸や深呼吸をおすすめしますが、それでも改善されないのは何か病気に発展しつつあるかもしれないので注意しなければいけません。呼吸のコントロールを司るのは脳幹という部分で、ストレスによってここが緊張、興奮しバランスを崩すのです。

ストレスからの息苦しいという状態は実際には取り込む酸素の量が少なくなっています。そのために普段よりも数倍も呼吸をしなければいけなくなり息苦しいと感じるわけです。その場合の原因は脳幹の疲労からの呼吸機能の低下に加え、胸部の筋肉の緊張から肋骨が動かず肺や心臓も動きづらくなり浅い呼吸となるのです。

逆の過呼吸は酸素が多すぎて呼吸困難になります。このようにストレスからくる息苦しさは命を蝕んでいくことにあります。呼吸は人間にとって酸素を取り込み血液中に巡らせ、二酸化炭素を吐き出すという大事な役割があります。このメカニズムが狂うといろんな弊害が出てきますので早期にストレスを取り去ることが一番ですが、病にも進んでいきますので対処法を知っておくことが大切です。



 

息苦しいストレスがあなたの命を蝕む9つの理由

 

体温・水分・ホルモンの調整

ストレスから息苦しいと感じる場合は脳幹が疲労しうまく機能しなくなっていくことからさまざまな状況が起こります。感じる温度変化で発汗を促したり体温の調整をしたりすることや、性欲、食欲などの欲求の管理が難しくなります。

体温管理ができなければ汗も欠かなかったり寒さ厚さを感じず、熱中症から脱水症状にいたる場合もあります。食欲はもちろんコントロールできなければ過度な肥満や栄養不足からのさまざまな疾病を誘引します。

 

睡眠の管理ができなくなる

睡眠障害からは骨がもろくなったり、心臓発作、高血圧、脳卒中、貧血、心臓疾患、不整脈などあらゆる病気の誘引となり、免疫プロセスに悪影響が及ぼされるので抗体が作られにくくなって予防接種が効かなくなります。

また、意識が朦朧としたりもしますので居眠り運転をしたりと命の危険にはさらされっぱなしになります。職場でも対応も愚鈍となり、人によっては奇行にも発展、想像力も記憶力も低下するため仕事もうまくいかなくなります。ストレスからの息苦しい症状が出る場合は睡眠も質が低下するので万病の元となるのです。

 

顆粒球とリンパ球の異常増減

ストレスからの息苦しさが起こる場合には交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり、リンパ球の増減に悪影響を及ぼします。顆粒球とは血液の中にあり外敵を攻撃したあとに膿になるもので、リンパ球は体内の外敵を攻撃し抗体を作る機能を持っています。

このメカニズムが狂うと顆粒球の増加で胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、歯周病、関節炎、リュウマチ、がんを誘引し、リンパ球の増加ではアレルギー性鼻炎、気管支喘息、花粉症などのアレルギー反応が起きます。

 

その4: 活性酸素の増加

息苦しいと感じる睡眠不足が影響を及ぼすものに血流障害があり、血行障害とも呼ばれ血液ドロドロと表現すればピンとくるはずです。血液は体内をめぐり酸素や栄養素を供給働きをし、母乳は血液が変化したものですのでいかに質の良い血が体をめぐることで健康に貢献しているかがわかります。

栄養や酸素を送り届けたら、帰りは老廃物や有害物質を回収して排泄します。血行が悪くなると肩こりや冷え性、倦怠感から慢性疲労に至りますが、ひどくなれば脳梗塞、心筋梗塞、狭心症、脳溢血、認知症にも移行します。

 

排泄の低下(毒素の排出)

強いストレスはホルモンの一種である強い毒性を持ったノルアドレナリンを自律神経の末端から分泌します。交感神経を刺激し、神経を興奮させる効果があるため、不安や恐怖に陥ったり、集中力ややる気を失くしたり、記憶が曖昧にったり、痛みを感じなくするなどの働きがあります。

血圧や血糖、心拍数を高めて躁状態・異常な怒りにつながっていきます。ノンアドレナリンの分泌でそのような心の動きからではない無理した明るさの躁状態になると神経も疲れてうつ状態が訪れ、ここから躁うつ病になるケースもあります。

 

分泌能力の異常

息苦しい、呼吸困難といった呼吸器系の異常が現れる原因がストレスの場合には、インスリン分泌能力が低下して血糖値が上昇したり、胃酸の分泌が低かったり、反対の胃酸過多になったりします。コルチゾールというホルモンは多量に分泌されると脳の記憶形態である海馬を萎縮させます。

糖、タンパク質、脂質、電解質、骨の代謝に関わっており免疫機構にも必要な生命を維持していく為にはなくてはならないホルモンです。さまざまな分泌能力の以上に関わっているのがストレスです。

 

身体維持反射作用

脳幹にある姿勢反射中枢では体のバランスをとる役目があります。息苦しいと感じるストレスがある場合、うまく働かないため正常な姿勢が保てなかったりするバランス機能に支障をきたしています。めまいが怒ったり、症状がひどくなればパーキンソン病と診断をつけられる場合もあります。

耳鳴りに悩まされたり、歩行時に体の平行を保てずまっすぐ歩けなかったりめまいから起きていられなかったりします。

 

血流障害の恐怖

息苦しいと感じる睡眠不足が影響を及ぼすものに血流障害があり、血行障害とも呼ばれ血液ドロドロと表現すればピンとくるはずです。血液は体内をめぐり酸素や栄養素を供給働きをし、母乳は血液が変化したものですのでいかに質の良い血が体をめぐることで健康に貢献しているかがわかります。

栄養や酸素を送り届けたら、帰りは老廃物や有害物質を回収して排泄します。血行が悪くなると肩こりや冷え性、倦怠感から慢性疲労に至りますが、ひどくなれば脳梗塞、心筋梗塞、狭心症、脳溢血、認知症にも移行するおそれがあります。

 

交感神経・副交感神経の調整

ストレスは自律神経に最も影響を及ぼしますので、息苦しいと感じたら注意してください。交感神経がアクセルだとすると副交感神経はハンドルとイメージできます。交感神経が体を活発に動かす作用があり起きている時のや緊張している時に活発で、副交感神経がバランス調整をし眠ったり、リラックスした状態で働いています。

どちらもうまく働かないと内蔵、血管、分泌線などがうまくコントロールできなくなります。自律神経が崩れると原因がわからない痛みに襲われたりイライラしたりしますので、サインを見逃さないことです。

 

いかがでしたか?

息苦しいと感じるストレスは最初は我慢できる痛みや異常であっても色々な病気を孕んでいます。病は気からという言葉を重く受け止めストレスを溜めないことが一番です。

 

まとめ

息苦しいストレスがあなたの命を蝕む9つの理由

・体温・水分・ホルモンの調整
・睡眠の管理ができなくなる
・顆粒球とリンパ球の異常増減
・排泄の低下(毒素の排出)
・分泌能力の異常
・身体維持反射作用
・血流障害の恐怖
・交感神経・副交感神経の調整

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消するモーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている神経を休ませる働きがあります。

何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント