息苦しいとストレスを感じた時に最適な7つの簡単息抜き術

息苦しいとストレスを感じた時に最適な7つの簡単息抜き術

現代はストレス社会と言われるほど、さまざまなところにストレスはありますよね。小さい頃から幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、大人になると会社、バイト先、また人間交流の面では家族、友達、先輩、後輩、上司、部下など、本当に身近なところからストレスなど感じやすくなったりします。

軽い症状ならまだ安心ですが、気がつかないままストレスを放っておくと急に胸が苦しくなったり、息がしにくくなったりします。体からサインが出ているのですね。そういう重いストレス症状が現れたときはどうしたらいいでしょうか?そこで簡単にできる身近な解消法を7つお教えしたいと思います。



 

息苦しいとストレスを感じた時に
最適な7つの簡単息抜き術

 

ストレスの原因を発見しよう

まずは、何からこういう症状が出ているのかを探ることが解決への糸口ですよね。どんなきっかけで苦しくなるのか、いつかから、どんな時に息苦しくなるかを少し考えてみましょう。

いつもは気がつかないで見過ごしてきた日々に、少し立ち止まって考えてみることで、思っても見なかった自分を知ることができます。また、少しでも原因が分かれば排除していくことで症状も楽になり、気分もスッキリします。

 

思っていることを吐き出そう

実は自分の思っていることは、結構こころに溜まっていきます。なんでもかんでも話してしまうとトラブルに繋がったり、関係が悪くなったりするので、見ず知らずに勝手に自分の気持ちや言いたいことを抑制しています。

その抑制があまりにも強かったり、我慢していることが多くなると、だんだんストレスとして溜まってきてしまいます。なので、もし症状に出てきたなと思ったら、誰もいない部屋で思っていることを全部吐き出してしまいましょう。

誰も聞いていなかったらなんでもいいです。吐き出すことで、溜まったストレスがだいぶクリアされますので気持ちもスッキリとします。また頭も整理されるので、いいことばかりです。

 

深呼吸してみよう

普段、なにげに暮らしていると、呼吸が勝手に浅くなっています。特にストレスを感じたりすると、呼吸をするのを忘れているときもあるくらいです。それくらい、呼吸というのは大切なのに、意識しないとおろそかになってしまうものです。

しっかりと呼吸ができていないと、酸素が頭にも全身にも回らないので、体が思うように動いてくれなくなります。ストレスを感じるなと思ったら、一度深い深呼吸を何度も行ってみてください。

体に酸素がいきわたるようなイメ-ジもして集中して深呼吸を何度もしてみてください。それだけでも体が生き返るような気持ちになってリフレッシュします。

 

体をほぐそう

ストレスを感じると呼吸が浅くなり、体に酸素が十分にいきわたらないために、動きが鈍くなったり働きが悪くなってしまったりします。また筋肉に酸素が行き渡らないと硬くなりがちです。

運動なども意識しないと運動不足となったり、緊張から体に余分な力が入って勝手に硬くなってしまいます。体が硬くなると血行も悪くなり、動きも悪くなります。ストレッチやマッサ-ジなどで定期的に体をほぐし、メンテナンスを行いましょう。

体が健康だと心も体についてきます。体を動かすことで気がつくとストレスもリフレッシュされることがあります。

 

自然に触れよう

人間は、目から刺激を受けて生活をしています。色や物などをみることによって、心や脳にもすごく影響を受けます。ストレスを感じたなと思ったら、身近にあるもので構いませんので自然に触れてみてください。

例えば葉などの緑は、とても心を落ち着けてくれる色ですし、自然の色はとても体に優しい色をしています。柔らかな色を見ることで心も安らぎ、リラックスします。

また、海などの水の色はとても綺麗な青ですし沈静効果のある色なので、眺めるのも心が安らぎます。もし歩くのがイヤでなければハイキングに出かけましょう。緑の木々を眺めながら綺麗な空気を思いきり吸う気持ちよさは最高に癒されます。

 

瞑想してみよう

頭を空っぽにする時間というのは、実はとても体によいことです。普段のいろんな複雑な刺激を受け、いい刺激ばかりではないので、心も脳も疲れてしまいます。

そういうときには、一日一回でいいので瞑想の時間を持つと頭がリセットされ雑念が消えていきます。体をリラックスしたら、今度は頭もリラックスさせましょう。

すると、自然と気持ちが落ち着き、イライラしたり緊張した心がゆっくりとほぐれていきます。

 

楽しいことを沢山しよう

実は楽しいことをすると、嬉しい・楽しいと感じたとき、脳からドーパミンという脳内物質が作られます。このホルモンのおかげで楽しい気分になります。

逆に、このホルモンが出ないと、楽しい気分になれないのです。ストレスを感じているときは、この物質はでません。脳内ではホルモン不足になっているのです。

なので、自分からこの物質を出すことでストレス回避に繋がるのです。自分がしたいこと、楽しいことを定期的に行うことで、脳内の不足しているホルモンを潤わせて、ストレスを乗り切ることができるのです。

 

いかがでしたか?

とても身近で簡単に出来ることばかりなので、意識さえすればストレスに負けてしまいそうになる自分を奮い起こすことが出来のではないでしょうか。

また、ストレスを消す・無くすという発想より、いかにストレスとうまく付き合うか、回避できるかといった発想のほうが簡単なのかもしれませんね。この記事があなたにとってお役に立てることを祈っております。

 

まとめ

息苦しいとストレスを感じた時に最適な7つの簡単息抜き術

・ストレスの原因を発見しよう
・思っていることを吐き出そう
・深呼吸してみよう
・体をほぐそう
・自然に触れよう
・瞑想してみよう
・楽しいことを沢山しよう

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント