ストレスの症状に早く気付き深刻な病気を予防する基礎知識

ストレスの症状に早く気付き深刻な病気を予防する基礎知識

ストレスは蓄積されればされるほど、深刻な病気を引き起こします。体には呼吸、消化、発汗、体温の調節、代謝、などの器官をつかさどる重要な「自律神経」があります。

ストレスはその自律神経に影響し、肌荒れ、耳鳴り、頭痛、腹痛、便秘、ホルモンバランスを乱れさせ様々な症状を引き起こし、深刻な病気の引き金となります。

自分自身で体の変化にいち早く気付く事が、病気を予防する一番の近道です。深刻な病気になる前に、発見し、原因を理解し、対策を立てましょう。自分の体を守れるのは自分しかいない事を忘れず、大切にしましょう。



 

ストレスの症状に早く気付き
深刻な病気を予防する基礎知識

 

寝ても疲れが取れないなら、運動をしよう


疲れが取れないと感じるときは、体を少しでも動かしましょう。体を動かす事で血行が良くなり、体の中に溜まった老廃物が排出されやすくなります。

疲労物質と呼ばれる乳酸は、肝臓に運ばれ、時間が立てば回復するように出来ています。血液の循環が悪ければ、乳酸が減らずに、疲れも抜け出す事ができないのです。日頃から有酸素運動を心掛けましょう。ストレス発散にもつながり、症状を回復させます。

 

肩や首が凝っている時は全身浴をしよう


血行が悪い体は肩や首が凝るといった症状が出やすいので、肩までゆっくりとお風呂に浸かる全身浴をオススメします。肩までお湯につかる事で水圧がかかり、血行が促進されます。

半身浴はじわじわと体を温めるのに対して、全身浴は短時間で温まる事ができます。入浴剤やバスソルトを入れて、香りのリラックス効果も加えれば、ストレス解消にもつながります。

 

便秘や下痢が続く時には、乳製品を食べよう


自律神経がストレスにより乱れると、腸の動きを抑制し、腸内環境を悪くしてしまいます。便秘や下痢になった時は、乳製品を食べて善玉菌を増やす努力をしましょう。ヨーグルトやキムチや味噌などの発酵食品に含まれています。

一緒に食物繊維をとると、さらに効果がUPします。腸が元気でないと、免疫力がさがり、アレルギーも発症しやすくなります。日本人のガンの死亡率で近年大腸ガンが多くなっています。大腸ガンをふせぐためにも、腸内環境の改善に力を入れましょう。

 

肌荒れが気になる時は、睡眠をしっかりとろう


吹き出物やくすみ、などの肌トラブルの症状もストレスによる影響です。どんなに高価なスキンケア用品を使っても、睡眠をしっかりとらなければ効果はありません。睡眠時間を確保する工夫をしましょう。10~12時までには布団に入る事が肌の為には一番です。

つい頑張りすぎたりする人や几帳面な性格の人は、特に、ストレスを感じやすいので、注意が必要です。睡眠時間を確保するだけで、美肌効果もアップし、ストレスも発散できるので好都合ですね。

 

人に会いたくない時は一人の時間を楽しもう


人間関係で疲れてしまう時は1人の時間を少しでも楽しみましょう。ストレスの症状は人それぞれです。人とおしゃべりを楽しんで解消できる人もいれば、1人の時間を楽しむ事が必要な人もいます。

趣味や旅行など、自分が心地よいと思える時間を持ちましょう。音楽鑑賞や映画鑑賞も良いですが、お笑い番組を見て大きな声で笑う事もストレス発散に繋がります。

口角があがるだけで、体はリラックス状態になるという研究結果もあります。日頃から口角をあげて体にストレスを溜めないようにするのもいいですね。

 

寝つきが悪い時はエッセンシャルオイルで気分転換しよう


医学的にも香りには脳をリラックスさせるリラクゼーション効果があると言われています。イライラした気分にはラベンダー、明るい気持ちになりたい時にはイランイラン、リフレッシュしたい時にはローズマリーなど自分の気分に合わせて楽しむ事ができます。

アロマポットやヒューザーを使ったり、ハンカチにエッセンシャルオイルを1~2滴落とし、枕元に置いておくだけでも、香りが広がります。ストレスケアにピッタリのエッセンシャルオイルを利用しましょう。

 

頭痛がする時はストレッチや深呼吸をしよう


ストレスから起こる頭痛は痛みの症状も様々です。片頭痛のような激しい痛みの人も多く、薬に頼りすぎた事から「薬物乱用頭痛」を引き起こす人までいます。

飲まなければ不安という事から予防の為に薬を飲んでしまう事が原因です。ストレッチや深呼吸など、体の緊張状態をほぐす事を意識して、ストレスを解消しましょう。

 

いかがでしたか。

ストレスは自律神経の車のアクセルのような交感神経を活発にし、ブレーキ役の副交感神経の動きを抑制してしまいます。交感神経のままでは体は疲れ、不眠などを引き起こすので、副交感神経の状態に変えなければいけません。

体を動かす事はリラックス状態となり、血行不良も改善されます。動かなければ、どんどん体は老化していくので、ストレスで体調が悪くなるような症状が出た時は特に率先して体を動かしましょう。

何もやる気が起らない時は、心が弱っているからかもしれません。音楽を聞いたり、気の合う仲間とおしゃべりしたり、自分の元気になる事をいくつか見つけましょう。

 

まとめ

ストレスの症状に早く気付き深刻な病気を予防する基礎知識

・ 寝ても疲れが取れないなら、運動をしよう
・ 肩や首が凝っている時は全身浴をしよう
・ 便秘や下痢が続く時には、乳製品を食べよう
・ 肌荒れが気になる時は、睡眠をしっかりとろう
・ 人に会いたくない時は一人の時間を楽しもう
・ 寝つきが悪い時はエッセンシャルオイルで気分転換しよう
・ 頭痛がする時はストレッチや深呼吸をしよう

これで頭をスッキリさせよう!

ちょっと辛い、、、そんなふうに思った時にはこの音声を聞いてみてください。頭がすっきりして、嫌な気持ちや、沈んだ感情がちょっとだけ楽になるはずです

下記よりダウンロードして、iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れてお使い下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント