相続の相談をしようと思う時に注意するべき5つのポイント

相続の相談をしようと思う時に注意するべき5つのポイント

相続についての相談はどこにするか知っていますか。葬式については葬儀を取り扱う葬儀屋さんがありますが、相続については相続屋さんはありません。相続は役所が手続きをしてくれるわけではなく、相続人が手続きを行います。

相続の相談に乗ってくれる事務所や相談センターも多くあり、関わる職業も多くあります。弁護士が法律にも詳しいので頼りやすいと思いますが、弁護士では出来ない手続きがあります。

また弁護士以外に依頼する方が費用がかからない場合もあります。弁護士以外にどんな相談先があるのかを知り、どのような場合にどの相談先が適切なのかを予め把握しておき、いざという時に困らないようにしましょう。

相続手続きには期限がありますので、その時になり慌てないように、相続についての注意点を押さえて確認をしておきましょう。



 

相続の相談をしようと思う時に
注意するべき5つのポイント

 

裁判事は弁護士に相談しましょう。


相続について争いがあり、裁判をするような場合は弁護士に相談しましょう。遺言書や遺産分配について親族とに意見が分かれ、争うような場合、代理人として交渉や手続きを行える弁護士が必要となります。

相続放棄や遺言書の作成等相続に関わる事を弁護士も出来ますが、不動産の名義変更、相続税の申告は弁護士には出来ません。依頼費用は依頼した時に支払う着手金と成功した時に支払う報酬金があり、弁護士により費用設定は違います。

弁護士費用は高いといわれる事が多い為か、費用を明確にしている所もあり、無料相談を行っている所もあります。プライベートな事に係る自分の代理になる弁護士なのでしっかり相談をし信頼できる弁護士を選びましょう。

 

相続税について無料で相談しに税務署に行きましょう。


相続税について知りたい場合は税務署の相談所に行きましょう。書類を提出する場所だけではなく、無料で一般的な知識を教えて貰える場所を設けています。

相続税がいくらかかるのか等個人個人の詳しい計算はしてもらえませんが、計算方法や書類の記載方法等を教えて貰えます。相続について何かをしてくれる訳ではなく、話を聞いてくれる場所として気軽に利用しましょう。

 

相続税の申告の依頼は税理士にしましょう。


相続税の申告が必要で、自分で行わない場合は税理士に相談しましょう。相続税の申告に必要な書類は相続人と税理士しか作成できません。相続税は遺産が基礎控除額より多い場合に申告をします。

基礎控除額は平成27年から『3000万円+600万円×法廷相続人数』です。以前は『5000万円+1000万円×法廷相続人数』でしたので、相続税がかかる場合が少なかったのですが、平成27年以降は基礎控除額が下がったので相続税がかかる場合が多くなりました。

依頼費用は遺産総額の約1%です。相続税の申告手続きは被相続人が亡くなってから10か月以内に行う必要があります。相続税の申告についての相談は税理士にしましょう。

 

土地を相続する場合は司法書士に依頼しましょう。


土地、建物がある場合は司法書士に相談しましょう。土地や家等の名義を変更する手続き『相続登記』は司法書士しか出来ません。相続登記は必要な書類を集め、手続きが完了するまで1ヶ月程かかる場合があります。

遺言書の作成、相続放棄や相続に関わる事も司法書士は出来ますが、相続税の申告は出来ません。裁判沙汰になるような争いがなく遺産も少なく相続税がかからない場合は、司法書士に相談するのが良いでしょう。

依頼費用は各司法書士ごとに自由に設定されています。争い等のトラブルがなければ書類の手続きのみですので、見積もりを確認して選びましょう。

 

行政書士には出来ない手続きがあるので注意しましょう。


書類の作成については行政書士に相談しましょう。遺言書の作成、戸籍・相続人の調査等は出来ますが、相続税の申告、相続登記は出来ません。

相続についての手続きを行うという行政書士事務所でも、相続税が出た場合は提携する所知り合いの税理士に依頼する事になります。相続登記を行う場合も提携する所や知り合いの司法書士に依頼する事になります。その分の依頼費用が別途かかる場合があるので注意しましょう。

 

いかがですか。

相続の相談を乗ってくれる所は多くありますが、資格ごとに出来る手続き、出来ない手続きがあるので、しっかり把握する事が大切ですね。自分が相続人になる場合にどのような手続きが必要になるのか、また、自分が亡くなった時の相続はどのようになるのか、あらかじめ確認しておくのが良いでしょう。

今は『終活』という言葉が出来たように、亡くなった時の葬式の事だけでなく、亡くなった後の事も考えて準備を行う事により相続についてのトラブルを減らせるでしょう。

自分が相続人になる場合を正しく把握している人も少ないのではないでしょうか。相続人になった場合にトラブルなくスムーズに手続きが出来るように普段から親戚付き合いをして、相続に必要な手続きを行える所に相談出来るようにしておきましょう。

 

まとめ

相続の相談をしようと思う時に注意するべき5つのポイント

・ 裁判事は弁護士に相談しましょう。
・ 相続税について無料で相談しに税務署に行きましょう。
・ 相続税の申告の依頼は税理士にしましょう。
・ 土地を相続する場合は司法書士に依頼しましょう。
・ 行政書士には出来ない手続きがあるので注意しましょう。

目標を達成する為に!

そして、今日は、目標の明確化と、その達成のために役立つ「ナビゲーションシート」を用意しました。ぜひあなたの問題解決と目標達成のために活用してください!あなたが本当に達成したい目標を知ることができれば、今までのように頑張らなくても、もっと楽に目標達成することが出来るようになりますよ。

目標達成を明確するナビゲーションシートのダウンロードはこちらから

 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント