専業主婦で離婚する前に知っておきたい5つの事

専業主婦で離婚する前に知っておきたい5つの事
専業主婦で離婚するというのは、かなり勇気が必要ですよね。結婚しても仕事を続けている人が増えているのに専業主婦でいられるなんて羨ましがられるはずの生活ですが、それでも離婚したいというのは余程の事なのでしょう。

しかし理由が何であっても、専業主婦で離婚をするのは、働いている主婦よりも慎重にならなくてはいけない場合が多く、そのため、離婚後の生活を考えて踏み切れなかった人がたくさんいます。

元々、看護師などの有資格者で結婚や出産で仕事を辞めた人であれば仕事が見つかりやすいのですが、そうでない人は安定した就職先を探すのは至難の業で、実家が裕福で頼れる場合でなければ大変でしょう。

そこで今日は、専業主婦で離婚願望がある人に予め知っておいて欲しい事をお伝えします。

財産を把握しておく

今すぐなのか計画的になのかにもよりますが、専業主婦で離婚する場合は、離婚後の生活資金をどうやって捻出するか、住居はどうするかなどの不安を解消しないと実行するのは難しいでしょう。

そのため、預貯金や不動産、ローンの残高など財産の把握をしっかりしておくことが大切で、ご主人の給与の源泉徴収票のコピーも取っておくと安心です。しかし、結婚前に得たものは財産分与の対象になりません。

予め確認しておけるものはしておいた方が、離婚が決まった時にスムーズに処理出来ます。離婚原因がご主人の浮気などであなた自身がダメージを受けた場合は、慰謝料を受け取れる場合があるので、証拠があれば保管しておいてください。

専業主婦で離婚する場合、実家に戻れるのであれば費用を考えるとおすすめですが、もし今の家に住むのであればローンの残りをあなたが払う可能性もあるので様々なことを想定出来るように準備が必要です。

 

老後の年金額をシュミレーションする

何歳で離婚するかによっても変わりますが、専業主婦で離婚する場合は老後の資金も考えておかなくてはいけません。

まだ若くて子供もいなければ年金保険の加入期間が長くなる可能性があるので良いですが、そうでない場合は将来もらえる金額がかなり少なくなるため、老後の生計も考えておく必要があります。

特に離婚後1人で生活する場合は、病気やケガで働けないことも考えなくてはいけませんよね。離婚したことを晩年、後悔しないためにも、一時の感情ではなく将来を見越して様々なことを考えておかなくては専業主婦で離婚するのは危険です。

もちろん、話し合いによっては将来もらう年金の配分なども決めておくことが出来るので、年金についても確認しておきましょう。離婚後、本当に困ったら生活保護という制度もありますが、出来るだけ頼らなくても良い生活を予め準備をしておいてください。

 

親権が取れない可能性を考える

夫婦の間に子供がいる場合は必ず親権者を決めなくてはいけないので、子供への愛情や経済力、そして年齢によっては子供本人の意思も考慮し話し合わなくてはいけません。

子供に選択させるのはとても酷ですが、子供の精神状態や育っていく上で良い環境を整えるのが離婚してしまう親の義務でもあるため、事前にしっかりと考えておきましょう。

話し合いで決まらない場合は、調停や審判で決めてもらうことになりますが、子供の年齢が低いほど母親が親権を得ることが多く、専業主婦で離婚して子育てと仕事を1人でするのは、相当な決意がないと出来ません。

離婚時に養育費を決めたり母子家庭がサポートを受けられる公的なシステムがあるので調べておきましょう。ただし、養育費はご主人の減収や再婚等で減額されたり、支払われなくなることも心に留めておいて下さいね。

 

離婚協議書の作成の仕方を確認する

話し合いで離婚が成立することになっても、決め事を口約束や簡単に一筆書いてもらうだけというのは絶対に止めましょう。財産分与や慰謝料、子供がいる場合は養育費などを決めても、本当に実行されるかは分かりませんよね。

かなりの確率で離婚後にトラブルになるので、離婚協議書という書面を作成してください。夫婦が離婚に同意したこと、子供の親権や監護者と面会の頻度と養育費の金額や支払期間と方法、手術や入院などの特別な支出も記載します。

他にも

他にも多くのことを書面にして作成したら、執行認諾文言付の公正証書にしておきましょう。

ご主人が約束を守らなかった時に、裁判をせずに強制執行をかけることが出来るので、記載する内容を予めしっかりと把握しておいてください。

 

離婚するために必要な費用を知っておく

専業主婦で離婚するには、今後のことを考え夫婦、そして自分の財産を極力使わない様に離婚の話をうまく切り出す必要があります。

タイミングや協議に失敗し、それでも離婚したいという意思が変わらなければ弁護士に相談したり離婚調停を行うことになってしまい、その費用を更に捻出しなくてはいけません。

離婚調停を家庭裁判所に申し立てても離婚が成立しなければ裁判で争うことになり、時間だけでなく更なる費用も発生します。これを避けるには、夫婦2人ともに時間の余裕があり、アルコールが入っていない平常心の時に離婚を切り出すことがポイントです。

離婚になりそうもないような状態であれば、「大事な話があります」ときちんと前置きし、決して感情的にならないように話すことを心掛けなくてはいけません。そして浮気などの非がない限り、ご主人のことを批判してはダメですよ。予め簡潔に話す練習をしておきましょう。

 

このように、あなたがなりたかったからなのかご主人が望んだのかは分かりませんが、専業主婦で離婚を考えるなんて想定外だったはず。ですが、理由は何であれ、結婚生活の継続を望まないのであれば、離婚する準備を1日も早く始めるべきです。

しかし、結婚するのは意外と簡単ですが、離婚は財産分与や親権など決めなくてはいけないことが多く、かなりのパワーが必要なので感情的になって離婚を決めるのだけは止めてくださいね。

専業主婦で離婚するには、金銭面も含めて今後の生活が成り立つのかをきちんと把握し、そしてうまく離婚を切り出さないと収入がないのに離婚費用が掛かるという悪循環で更に疲れてしまうので、心を強く持つことが大切です。

シングルマザーになるのなら、強くならないと子供を愛情を持って育てていくことは出来ませんよ。そして、離婚前に知っておくべきことを確認したら、結婚生活を継続出来ないか今一度考えて、最終的な判断をしてください。

まとめ

専業主婦で離婚する前に知っておくこととは

・ 財産を把握しておく
・ 老後の年金額をシュミレーションする
・ 親権が取れない可能性を考える
・ 離婚協議書の作成の仕方を確認する
・ 離婚するために必要な費用を知っておく

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い『恋と運命の真実』では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

連記事

コメントをお書きください