睡眠を適切に管理するだけで 仕事の業績が10倍になる!

睡眠を適切に管理するだけで仕事の業績が10倍になる!

睡眠一つでその日の体調・気分が大きく変わってきますよね。睡眠はその人の自己管理能力が現れるものなんです。

眠気がない状態だと頭がすっきりとしているので、イキイキと出勤し、イキイキと仕事ができると思います。気分も明るくなるので、職場に良いエネルギーも与えます。

逆に睡眠不足が続くと、ストレスが蓄積し、短気になりがち。そういった状態をコーヒーなどでごまかして仕事を続けても、それは車がガス欠状態で走っているようなもの。

逆に仕事の質・ペースが落ちてしまいますよ。職場の人間関係を悪化させてしまう恐れも。そこで今回は、睡眠を適切に管理するだけで仕事の業績が10倍になる!方法をお伝えします。



 

睡眠を適切に管理するだけで
仕事の業績が10倍になる!

 

睡眠が人間に与える効果を知っておこう


起床中の人間の脳は、様々な毒素がつくられ、それを取り除くといった作業を繰り返していて、相当なエネルギーを消耗し続けているんです。

睡眠はノンレム睡眠(深い眠り)とレム睡眠(浅い眠り)を起床までに繰り返すもので、ノンレム睡眠が脳を、レム睡眠が身体を休めてくれることによって、起床中に消耗したエネルギーを回復してくれると言われています。

つまり、寝不足だとエネルギーが不足し、毒素を取り除く力が弱まってしまい、頭がぼーっとしたり、集中力・思考力・判断力などの低下につながってしまうのです。

それがストレスとなり、心の病気につながる危険性もあります。こういった状態で仕事に取り掛かると、思わぬミスを犯してしまったり、柔軟な発想ができなくなるなど、大きな弊害となってしまいますよね。

また、ノンレム睡眠が浅いときには、その日の出来事や、学んだことを記憶として定着される効果があるので、睡眠が仕事に与える影響は絶大なんです。

 

効率よく睡眠を取ろう


睡眠は人間の活動に多大な影響を及ぼすものですが、スマホ等の登場によって睡眠時間は年々減少傾向にあるのが現実。忙しい現代社会、睡眠時間は限られてしまいますよね。

理想とする睡眠時間は人それぞれ異なるものですが、全ての人に共通する重要事項は”睡眠の質”です。短時間の睡眠でも”良質の睡眠”を取ることが、効率の良い睡眠といえます。

良質の睡眠を妨げる主な行為・睡眠前の激しい運動、熱い風呂・カフェインの摂取(アルコールは○)・激しい音楽の試聴・過度なストレス・睡眠前の食事(消化器官が食事を消化するためにエネルギーを使い始めるため入眠の妨げとなる)寝室の湿度や温度を常温に保つなど、気候や環境に一工夫することも”良質の睡眠”を得る近道になるので試してみて下さい。

 

起床時間は一定にしよう


起床時間を一定にすれば身体が就寝と起床のリズムを覚えるので、朝の目覚めがよくなります。覚醒が自然と起こるので、”良質の睡眠”を得る大きな助けとなりますよ。

逆に起床時間が不規則だと、なかなか寝付けず、朝の目覚めが悪くなり、出勤中でも頭がぼーっとした状態が続いて集中力が散漫となってしまいます。

更に倦怠感を感じさせ、寝不足の大きな原因となるストレスを得ることになってしまう悪循環が起こり、仕事への悪影響は計り知れません。休日でもできるだけ起床時間だけは一定にするように心がけましょう。

 

水分補給を行い、起床後は太陽の光を浴びてみよう


起床後は汗をかいていることが多いですよね。就寝中は常に水分を放出している状態で、一般的に500ml~1リットルの水分が失われていると言われています。

身体が水分不足になってしまうと健康に害を与えたり、余計なエネルギーを消耗することになるので、起床前と後、それぞれコップ一杯の水を飲むようにしましょう。

起床後に太陽を浴びることも”良質の睡眠”を得るには効果的!太陽の光を浴びると、その約17時間後にメラトニンの分泌量が最大となります。

メラトニンは睡眠ホルモン。これが就寝中に最大の分泌量を迎えることになるので睡眠の質がグッと上がりますよ。

 

時間があれば昼寝を取り入れてみよう


昼寝の30分間は夜の一番眠りの深い30分間に値するため、昼寝は夜の睡眠に比べて3倍の疲労回復があると言われています。

更に注意力・判断力もアップし、作業の効率が増すことは統計的にも証明されていますよ。職場で行う場合は耳栓やアイマスクなどを持参するといいかもしれません。

記憶力の上昇にもつながるので、昼寝は短時間でも是非試してみて下さい。仕事の効率が良くなり、業績に好影響を与えてくれます。

 

いかがでしたか。

睡眠をしっかり取れた日は身体が軽く、気分が良いですよね。睡眠はそういった体感できる体調の良さだけでなく、仕事に多大な影響を及ぼす重要なものなんです。

アメリカでは過去に、睡眠不足による生産性低下で年間の経済損益は約632億ドルにも達すると発表されました。「寝る間を惜しんで仕事をする」ということは、身体に負担をかけるだけで、逆に効率が悪くなってしまうだけなのです。

実際に実験でも、睡眠不足の状態だと、時間の経過とともに、注意力・判断力・身体能力の低下が早まることは証明されています。眠気を感じたら、短時間でもいいので思い切って睡眠を取り、睡眠を万能薬として活用してみましょう。

 

まとめ

睡眠を適切に管理するだけで仕事の業績が10倍になる!

・ 睡眠が人間に与える効果を知っておこう
・ 効率よく睡眠を取ろう
・ 起床時間は一定にしよう
・ 水分補給を行い、起床後は太陽の光を浴びてみよう
・ 時間があれば昼寝を取り入れてみよう

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント