睡眠中によだれが垂れてしまう人が注意すべき9つの事

睡眠中によだれ
朝起きたら、口の周りが真っ白になっていたり、枕がよだれでベタベタになっていることってないですか?ちょっとうたた寝した時なんかも結構よだれが出てしまいますよね。

なにげなく気にしないよだれですが、実は病気に繋がってしまうほど危険なことなのです。そこで今日は、よだれが垂れてしまう人が注意すべき9つの事についてお伝えします。ではご覧ください。



 

睡眠中によだれが垂れてしまう人が
注意すべき9つの事

 

口を閉じるように気をつける


よだれが出るということは、口が開いているということなのです。人間は鼻呼吸が通常で、鼻づまりや鼻炎などで鼻呼吸がしにくいときに、口を開いて口呼吸してしまうのです。

しかし口が開いたままだと口が渇いてしまったり、のどが狭くなるのでイビキをかいてしまったり、雑菌が入ったり必要以上によだれが出てしまったりと、体にいいことは何一つありません。

要は口を閉めればいいのです。応急処置として、薬局などで売っている口を閉じるテ-プで閉じて寝てみましょう。

 

枕が高くないかチェック


寝ているときのアイテム、枕をチェックしてみてください。体に合っていますか?枕が高くなっていませんか?枕が高いとあごが下がってしまい息苦しい姿勢になってしまうので、自然と口を開けて酸素を沢山とろうとしてしまいます。

その為にやはりよだれが出ることになります。頭を少し下にするほうが、息も吸いやすくなるので、枕の高さをしっかりとチェックして、合ってないものは変えるようにしてください。

 

うつぶせに寝ない


まっすぐ上を向いて寝ていても、寝苦しかったり癖で横になったりゴロゴロと姿勢を変えてしまうものですよね。一番苦しい寝方はうつぶせ寝です。

胸も口も鼻も苦しくなるのでやはり口を開けることになってしまいます。特にあごへの負担も大きく口周りへの負担にもなりますので、うつ伏せで寝ないように抱き枕を買うなどして極力避けれるように工夫してみましょう。

 

ガムであごを強化する


口を開けてしまう原因の一つに口の筋力の低下などもあります。筋肉が緩んでいるとどうしても口のしまりが悪くなってしまいます。

病院にいかなくても筋力は鍛えることができますので、ガムなどの咀嚼に力を入れてみましょう。よく噛む事で口周りの筋力がつき、顎関節症や歯軋りなど周りのトラブルの解決にもなります。

 

マスクをして寝る


口が開いてしまうと、雑菌が入ったり、口が渇いたりします。喉の炎症にも繋がりますので、マスクをつけて寝てみましょう。

自分の息の蒸気で口や喉も潤ったり、鼻の乾きも助けてくれるので風邪予防にも繋がります。体にとってもいいことばかりなので、マスクはとてもオススメのグッツになります。

 

口臭はきつくないかチェックする


自分では気づかないのが口臭ですが、周りの人に自分の口臭がきつくないか聞いてみましょう。口を開けていると雑菌が大量に増えるので口臭に繋がります。

うがいをまめにすることで、口臭の雑菌をふせぐことができますが、あまりうがいばかりすると、雑菌予防のよだれの分泌が減ってしまうので、病気になりやすくなりますので、とりあえず、起きたてにはうがいを習慣つけましょう。

 

強いストレスはないか


仕事や人間関係などで日々日常にはストレスが蔓延していますが、うまくストレス解消をできていないと、ストレスによって体の緊張などが現れたり、それにともなって唾液の分泌量が急激に減り、口内の雑菌が増え、いろんな病気を引き起こしてしまいます。

唾液には雑菌を処理してくれる役割があるので、とても大切です。よだれの量が安定しなくなるので、要注意です。

 

睡眠時無呼吸症候群の可能性


口を開けて寝るということは、下が喉の奥でふさがってしまうことになりよだれが出たり、イビキをかくことになりますが、中には呼吸がしにくくなり無意識に呼吸が止まってしまうという病気があります。

ただよだれがでる、イビキをかいてしまう前に、命に関わる怖い病気が潜んでいないか調べてみるのも大切です。

 

歯並びが悪くないか


実は歯はとても大切な役割があって、食べ物を噛み砕くためだけではなくて顔のバランスをとったり、言葉の発音にも関わっています。

歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなり、口のしまりが悪くなります。あまりにも夜に口が開いてしまう人は、歯並びもチェックしてみてください。気がつかずに放っておくと、顔が歪んでくることもあるので注意してください。

 

いかがでしょう、思い当たることがありましたでしょうか、もし沢山思い当たることがあれば対策してみてください。たかがよだれと思っていても、体にとってはまったくいいことはなくマイナスなことばかりか、命に関わることもあります。すぐに口を閉めて寝る習慣がなかなかつかないかもしれませんが、意識したりアイテムを使ったりして注意すれば防げることなら簡単なことですよね。これを機会に鼻が悪かったら鼻の治療や、歯の治療などして体のメンテナンスのきっかけにもなれば良いですよね。この記事があなたにとってお役に立てる記事であることを祈っています。

まとめ

睡眠中によだれが垂れてしまう人は

・口を閉じるように気をつける
・枕が高くないかチェック
・うつぶせに寝ない
・ガムであごを強化する
・マスクをして寝る
・口臭はきつくないかチェックする
・強いストレスはないか
・睡眠時無呼吸症候群の可能性
・歯並びが悪くないか

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消するモーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている神経を休ませる働きがあります。

何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント