食後の睡眠の正しいとり方を知って、集中力をキープする9つの方法

食後の睡眠の正しいとり方を知って、集中力をキープする9つの方法

食後、特に昼食後に眠くなるのは、人の体内時計の仕組みとして当然のことなのです。昼食後に眠くなってしまい、仕事や勉強への集中力が持続できずに困った経験は誰にでもあるものです。ですが逆に、この昼食後に眠くなるということを利用して適切な睡眠をとることで、昼食後の午後の時間も集中力をキープさせることができます。

短時間の適切な昼寝をとることによって、かえって仕事や勉強の効率が良くなるのです。ただし、その為には、正しい方法で昼食後の睡眠をとらなければなりません。昼寝は夜の睡眠とは全く違う性質のものです。これからあげる9つの方法を知って、効果的に食後の睡眠をとり、集中力をキープしましょう。



 

食後の睡眠の正しいとり方を知って、
集中力をキープする9つの方法

 

その1: 時間は15~20分

昼寝の時間は、15分から20分とれば十分です。30分以上の時間の昼寝をしてしてしまうと、脳が熟睡する体制に入ってしまいます。そうすると、昼寝から起きた後にかえって眠気が残ってしまうことになりかねません。

昼食後の15分から20分の睡眠は、通常の夜の睡眠に比べて約3倍の疲労回復力を持っているのです。疲れているからと言って夜の睡眠をだらだらと長くとるよりも、適切な睡眠時間と昼寝の習慣をつけた方が、効率よく質の良い睡眠をとることができます。

 

その2: 寝る前にカフェインを摂る

寝る前にカフェインの入った飲物、コーヒーやお茶、紅茶などを飲んでください。カフェインには覚醒効果がありますが、効果が表れるのは飲んでから約30分後ですので、昼寝から起きる頃にちょうど効果が現れて、起きやすくしてくれる効果があります。

 

その3: 時間帯は午後15時までに

昼寝をするなら午後15時までにしましょう。通常の体内リズムでしたら、人間の身体は午後13時から14時ごろに眠気が生じるようになっています。15時以降に寝てしまうと体内リズムが狂ってしまうので、この眠気の強い時間帯に昼寝が出来るようにすると、一番効果的です。

 

その4: リラックスする

効果的な昼寝をするためには、短時間であってもリラックスした状態で眠ることが大切です。そのためには、ネクタイやベルト、時計などを外したり、靴を脱ぐなどして、身体が解放されてリラックスできるような状態を作ってあげるようにしましょう。

 

その5: うつぶせ寝で昼寝をする

オフィスで昼寝をするという方は、デスクにうつぶせ寝をする方も多いでしょう。これは、とても理にかなった昼寝の仕方です。うつぶせ寝は背骨や内臓に負担をかけませんし、気道も確保でき、理想的な昼寝のスタイルです。顔に跡形が付くことを心配させれる女性などは、うつぶせ寝用の枕などもありますので、利用してみるのもいいでしょう。

 

その6: 無理矢理眠ろうとする必要はありません

普段から夜もなかなか寝付けない人もいます。そういう方にとっては、15分や20分などでは眠りに入ることなど難しいことかもしれません。だから昼寝など必要ないと思われるかもしれませんが、そんな方はしっかりと寝入らなくてもいいのです。

目をつぶり頭を空っぽにして、身体をリラックスさせて、午後からの活動に入る前に脳をリフレッシュすることができれば十分なのです。無理に寝ようとしなくても、昼寝するためのリラックスタイムは、心身にとてもいい影響を与えてくれます。

 

その7: 便利グッズを活用

最近は昼寝の効果が一般的に認められるようになってきたため、沢山の昼寝用便利グッズが出回っています。うつ伏せで寝た時に顔に跡形が残らないクッションや、うたた寝用の枕、シリコン製の高性能な耳栓などの便利グッズを集めたコーナーが作られるほど、お昼寝用便利グッズは豊富です。快適な昼寝タイムの為に、こういったものを活用してみるのもいいかもしれません。

 

その8: 交代制勤務の人は注意

夜勤などのある交代制勤務の仕事をしている人は、体内時計のリズムが狂ってしまいがちです。自分の生活の中にある程度のリズムができるように、もし昼寝などをするのなら、夜勤の何時間前とかいった一定の時間に昼寝をするようにするのがおすすめです。

 

その9: 目が覚めたら、太陽の光を浴びる

昼寝から目が覚めたら、太陽の光を浴びましょう。太陽の光を浴びる刺激によって、脳がしっかりと覚醒します。また太陽の光を浴びると、メラトニンという睡眠ホルモンを抑制するので、脳が昼と夜をしっかりと区別してくれることになります。

 

いかがでしたか。

昼食後の午後13時から14時の間に眠くなるのは、人間の本能です。この本能に従って上手に睡眠をとれば、疲労が回復され、記憶力はアップし、集中力もキープすることができます。今年に入って、厚生労働省が11年ぶりに一新した「睡眠指針」を発表しました。この中で、働く世代に対して30分以内の昼寝が効果的だと示してします。

これは昼寝の推奨とも言える内容です。近年、昼寝の効果への認知度が高まり、すでに会社として昼寝の制度を取り入れているところさえあります。ぜひこの9つの方法を参考にして、上手に自分の生活に昼寝を取り入れ、午後からの仕事や勉強への集中力をキープするのに役立ててください。

 

まとめ

食後の睡眠の正しいとり方を知って、集中力をキープする9つの方法

その1: 時間は15~20分
その2: 寝る前にカフェインを摂る
その3: 時間帯は午後15時までに
その4: リラックスする
その5: うつぶせ寝で昼寝をする
その6: 無理矢理眠ろうとする必要はありません
その7: 便利グッズを活用
その8: 交代制勤務の人は注意
その9: 目が覚めたら、太陽の光を浴びる

これで頭をスッキリさせよう!

ちょっと辛い、、、そんなふうに思った時にはこの音声を聞いてみてください。頭がすっきりして、嫌な気持ちや、沈んだ感情がちょっとだけ楽になるはずです

下記よりダウンロードして、iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント