起業の失敗は成功の元! その経験を活用する7つの思考術

起業の失敗は成功の元! その経験を活用する7つの思考術

起業したころ、多くの人は富や社会的地位の確立など成功することを思い描いていたことでしょう。それが何らかの原因で、失敗に終わったとき、悔しさや将来的な不安を抱え、これから先どうやって生きていけば良いのか分からなくなってしまうこともありますよね。

人は、失敗をすることで成長する生き物です。初めから何もかもうまくいくわけではありません。私たちは、数々の経験を繰り返し「今」を積み上げています。失敗だって「今」を作り上げている大切な経験のひとつなのです。

そもそも失敗とは、何もせずそのままの状態にしておくから失敗と言うのであって、その失敗から何かを学び、次に生かすことができれば、それはもう失敗ではなく「成功の種」。起業の失敗を次に生かすために、今できることから始めましょう。



 

起業の失敗は成功の元!
その経験を活用する7つの思考術

 

人生を諦めるのはまだ早い!


起業の失敗からなかなか立ち直れないと言う方に、まずはとても大切なことをお伝えします。あなたが今、どんな状態であっても、命を投げ出すことだけは決してしないでくださいね。

月並みな言い方ですが、止まない雨がないように、明けない夜がないように、悪いことばかりが続くものではありません。悪いことがあれば、当然良いこともあるのです。とは言え「これまでの人生悪いことしかなかった」と言う人もいますよね。

本当にそうでしょうか?人は、嬉しかったことや幸せだったことよりも辛いことや嫌なことの方をよく記憶しています。これは、未解決の感情を抱えていることほど記憶に残りやすいからです。

よく思い出してみると、楽しかった記憶や嬉しかった記憶があなたにもあることに気づくはず・・。この先だって同じです。嫌なことばかりではなく、あなたが笑顔になれることがちゃんと用意されているのですから、人生を諦めるのはまだ早いですよ。

あなたが命を投げ出してしまったら、あなたを大切に想う人があなたを救えなかったことを一生悔いて生きていくことになってしまいます。それを避けるためにも、どうか命を軽んじるのはやめてくださいね。

 

根本的な原因を探りましょう


失敗という経験を活かすためには、失敗をした根本的な原因を探る必要があります。とても辛い作業になってしまいますが、そこから目を背けていては、いつまで経っても先へは進めません。次の道へ歩きだすためにも、過去を見つめ直しましょう。

たとえば失敗の原因が、資金不足だったとしましょう。しかし、資金不足は表面的な原因に過ぎないため、これだけを見ても本当の原因究明には至らないのです。

資金不足に陥ってしまった根本的な原因は、価格と原価の不適切、仕事量に対する人件費の不釣り合い、ニーズがなかったなどいろいろなものが考えられます。

さらに、失敗を誘発した環境や要因、そのときの心理状態、あなたを含む社員のスキルなどさまざまな角度から失敗した原因を探っていきましょう。

 

その後悔は成長の証!


続いて、あなたの心の中を整理していきましょう。そのために必要な質問をいくつかします。あなたにとって厳しい質問になりますが、あなたを責めたいわけではないので、気楽に心の中で答えてみてくださいね。

あなたは、すべてを背負う覚悟ができていましたか?気楽に考えていませんでしたか?「忙しい」とか「初めてだから」と自分に言い訳をして手を抜いていませんでしたか?

これらの質問に思い当たる部分がある方は「失敗した原因は自分にある」と必要以上に自分を責め過ぎてしまうことがあります。そのため、失敗したことを悔やみ、いつまでも引きずってしまうのです。

後悔することは大切なことですが、いつまでも引きずってしまっては、経験を次に活かすことができません。少し考え方を変えてみましょう。

後悔は文字通り後で悔やむこと。視点を変えてみると、後悔できるほど、今の自分は過去の自分より成長したと言うことです。つまり、起業に失敗した自分よりも今の自分の方が成長していると言うことなのですから、悔やむだけ悔やんだら、後悔するのはそこで終わりにしましょう。

 

未来は今のあなたが作り出している


大きな失敗をしてしまうと、これから先のことを考えたときにどこか投げやりな気持ちになってしまいがちです。そのため、「どうせうまくいかない」「どうせ良いことなんてない」など、物事を悪い方に考えてしまう傾向があるのですが、本当にそうでしょうか?

先のことは誰にも分かりません。この先にどんな未来が待っているのか誰も知る由もないのです。ひとつだけ確かなことは、未来は「今のあなた」が作り上げると言うこと。

未来には数えきれないほどたくさんの可能性があります。その中のひとつを選んでいるのは、今のあなた。次こそ成功を掴みたいと思う方は「今」成功に向けてできることを始めましょう。

 

失敗をプラスに切り替える


失敗は必ずしも悪いものではありません。それを物語るアメリカの発明王トーマス・エジソンの言葉をご紹介しましょう。”私たちの最大の弱点は諦めることにある。

成功するのに最も確実な方法は、常にもう1回だけ試してみることだ””失敗すればするほど、我々は成功に近づいている””成功できる人っていうのは「思い通りにいかないことが起きるのはあたりまえ」という前提を持って挑戦している”。

私たちは、失敗を悪いものだと捉えてしまいがちですが、失敗を悪いことだと決めつけるのではなく、「うまくいかない方法」を見つけられたと捉え、失敗をプラスに変えましょう。

 

失敗を成功に繋げるための土台作り


悔やむだけ悔やみ、落ち込むだけ落ち込んだら、いつまでもそこにいてはいけません。失敗の経験を次に活かすための土台作りをしましょう。あなた自身にこう質問してみてください。

「成功させるために、あなたに必要なものは何でしょうか?」「今のあなたならどう起業してどう経営しますか?」答えはすぐに出なくても構いません。自分自身に問いかけて考えることにより、あなたの失敗は失敗から「成功の種」に変わります。

 

自分を信じて新しいチャレンジを!


ここまできたらあとは踏み出すだけです。しかし、経験した失敗が大きければ大きいほど、新しいことにチャレンジするときの恐怖心も大きくなってしまいがち。最初の1歩をなかなか踏み出せないこともありますよね。

でも大丈夫。自信を持ってください。なかなか経験できない大きな失敗をしたあなたは、とても大きな後悔を乗り越え、失敗を成功の種に変えたのですから、一回りも二回りも成長しているはずです。

この再挑戦こそ失敗を成功に繋げる最後の砦。失敗を恐れる気持ちと自分を信じる気持ちを持って新しいチャレンジへと踏み出しましょう。

 

いかがでしたか。

起業の失敗の経験を活かす方法をご紹介しましたがいかがでしたか?人生を左右してしまうほど大きな経験ですが、言い方を変えれば、これからのあなたにとって必要な経験だったと言えます。

どんな経験もこれからのあなたを彩る大切なもの。それがたとえ一見すると「なかった方が良い」と思うものでも、ひとつひとつの経験を大切にすることで、あなたの未来が大きく変わります。

大きな失敗の経験を活かし、より良い未来を手に入れてくださいね。あなたを心から応援しています。

 

まとめ

起業の失敗は成功の元!その経験を活用する7つの思考術

・ 人生を諦めるのはまだ早い!
・ 根本的な原因を探りましょう
・ その後悔は成長の証!
・ 未来は今のあなたが作り出している
・ 失敗をプラスに切り替える
・ 失敗を成功に繋げるための土台作り
・ 自分を信じて新しいチャレンジを!

試練に直面して、自分を信じられないときに必要な言葉

音声はいかがでしたか?こちらの、ダウンロード版も用意していますので、スマホや音楽プレイヤー等に入れて諦めそうな時に、挫けそうな時に、何度も聞き返して下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント