短時間睡眠を活用してベストコンディションを維持する秘訣

短時間睡眠を活用してベストコンディションを維持する秘訣

睡眠時間は短くする事が出来ます。睡眠時間は7時間、8時間が良いといいますね。ですが、仕事の都合により7時間寝ることが難しい日もあるでしょう。短い睡眠では疲れが残りダルさを感じてしまう人が多いでしょう。

休みの日に寝溜めとして長時間寝て、休みの日を1日寝て過ごす人も少なくありません。もったいないですね。毎日快眠が出来ていれば休日に長時間寝ることもなく、趣味の時間に1日を使えます。

毎日快眠する為に必要な事は時間ではなく質です。短い睡眠時間で疲れがとれないのは、時間が足りないからではなく質が悪いからなのです。

短時間睡眠を行うコツを知り、正しい短時間睡眠の方法で、短時間で健康的に疲れをとり、スッキリした目覚めで一日を迎え、休日も充実させましょう。



 

短時間睡眠を活用して
ベストコンディションを維持する秘訣

 

90の倍数の時間を睡眠時間にしましょう。


睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠が交互に繰り返しています。レム睡眠とノンレム睡眠の1サイクルが約90分です。レム睡眠は体は寝ていて脳は働いている状態で浅い眠りです。ノンレム睡眠は脳も寝ていて深い眠りです。

一回目と二回目のノンレム睡眠が特に眠りが深く、レム睡眠時に目覚める事でスッキリとした目覚めを得られます。その為、3時間、4.5時間の睡眠で起きる事が短時間睡眠となります。

長時間寝ても疲れがとれないのは、起きるタイミングが睡眠のサイクルと合っていなかったり、ある程度疲れはとれているのに寝続ける事で逆に筋肉を疲労させている場合があります。疲労がとれる睡眠時間をしっかり把握しましょう。

 

アイマスクで脳を休ませましょう。


短時間睡眠をする際にはアイマスクをしましょう。短時間睡眠はすぐ眠りに入り深い眠りにつくことが大事です。素早く眠りに入る為に明かりを遮断しましょう。

明かりがあると脳が明かりを認識して活動してしまうので、脳が休まる深い眠りになるように明かりがないようにしましょう。また、体内時計や睡眠リズムを作っているメラトニンというホルモン物質は光により増減します。

朝日によりメラトニンが増え、14時間~16時間後には減少し、睡眠モードになっていきます。明かりがある事で、メラトニンの分泌リズムが乱れ、睡眠モードに切り替わりにくくなるのです。

速やかに睡眠モードに入る為にアイマスクをして、メラトニンの分泌リズムを整えましょう。同じ理由で、テレビやスマホも脳への刺激が強く明かりも強いので、寝る前に使用するのは控えましょう。

 

湯船に浸かって睡眠しやすい身体にしましょう。


短時間で眠る為にお風呂に入るのが大切です。睡眠時間が少ないのだから湯船に浸かる時間なんてないと、湯船に浸からずシャワーで済ます人もいるでしょう。

ですが、疲れのとれない睡眠に7時間を使うより、お風呂に使う時間約2時間と疲れがとれる睡眠に約5時間で7時間を使う方が結果としては良いですよね。

入浴方法は寝る30分~1時間前に38度~40度のぬるま湯に10分~20分程つかる事です。体が温まり副交感神経が刺激されリラックスし睡眠に移行しやすくなります。

また、体が温まる事で、熱を放出し、深部体温が低下していき深い睡眠に移行しやすくなります。人は寝てる間は脳と体の活動を抑えて休ませようとエネルギー消費を抑える為に、エネルギーである熱を手足から逃がします。

熱が逃げた体は深部体温が下がり、脳の活動が休まるので深い休息、深い睡眠になります。入浴はこの体温調整をスムーズに行えるようになるのです。

 

死者のポーズでリラックスして眠りにつきましょう。


『死者のポーズ』『屍のポーズ』とも言われるポーズで恐ろしい名前ですが、ヨガの最後に行われるリラックスポーズです。ヨガというと体に柔軟性がないと出来ないと思ってしまいますが、シャバアーサナはとても簡単です。

布団に仰向けで寝ます。両手を広げ掌は天井に向けます。足は肩幅程に広げます。そして目を閉じて、体が地面と一体化、地球と一体化するのをイメージするだけです。簡単ですね。

その時のポイントは鼻から息を吸いお腹を膨らませ、お腹の空気を押し出すように意識しながら鼻から息を吐き出す腹式呼吸を行うことです。

シャバアーサナのポーズと副交感神経により副交感神経が刺激され体と脳がリラックスし、そのまま睡眠に移行する事で、疲労回復効果が高まります。眠る時はシャバアーサナのポーズで入眠しましょう。

 

起きる時間を同じにしてリズムを整えましょう。


短時間睡眠は体内時計、睡眠リズムを利用し、短い時間でも疲労を回復する方法です。その為、睡眠により体内時計を乱さないように、起きる時間は一定にしましょう。

仕事等の都合により毎日起きる時間を同じに出来ない場合は、朝日を見て体内時計をリセットするとともに、眠りに就く準備はいつもと同じようにして睡眠モードに入る習慣をつける事で、睡眠リズムが大きく乱れる事は防げます。

朝日を浴びるて体が覚醒していく事がスッキリした目覚めにつながるので、なるべく起きる時間は午前中にしましょう。休日だからといっていつもの起床時間より遅くに起きる事のないようにしましょう。

ダラダラした睡眠はダラダラしたコンディションになります。もし多く寝たい場合は起床時間を伸ばすのではなく、就寝時間を早めたり、20分程の仮眠をとりましょう。起床時間を一定にする事が短時間睡眠を継続するコツです。

 

いかがですか。

3時間、4時間半で快眠が出来るのなら是非実践したいですね。必要な物はアイマスク位で、それ以外の秘訣はこれからでも実践出来る事ですね。

短時間睡眠で大切なのはただ睡眠時間を短くするのではなく、体内時計と睡眠リズムを整え、それに合わせてリラックスして睡眠モードに移行する事です。

ただ睡眠時間を短くしただけでは寝不足になり余計に疲労が蓄積され、身体的にも精神的にも悪影響を及ぼします。それでは睡眠時間は短くても仕事の効率が落ちたり、体調を崩す事になり結果的には時間を有効に使えないでしょう。

しっかり疲労を回復したベストコンディションなら、仕事の効率も上がり、体調を崩す可能性も低くなり、有意義な時間を過ごせます。

寝すぎてダルさを感じる人や短い時間しか睡眠時間がない人は、体内時計と睡眠リズムを整え、正しい短時間睡眠でベストコンディションになりましょう。

 

まとめ

短時間睡眠を活用してベストコンディションを維持する秘訣

・ 90の倍数の時間を睡眠時間にしましょう。
・ アイマスクで脳を休ませましょう。
・ 湯船に浸かって睡眠しやすい身体にしましょう。
・ 死者のポーズでリラックスして眠りにつきましょう。
・ 起きる時間を同じにしてリズムを整えましょう。

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

Comments

  1. maimaiboya1978 says:

    ダラダラ寝てしまうので悩んでいます。普段から、昼夜逆転をしているからなのですか?
    この文から、起きている時間を一定にすることを学びました。
    夢中になると、一定以上の時間を起きてしまうのです。
    病気でしょうか?

コメント