湿疹の治し方◇原因不明のかゆみを抑えるには?

湿疹の治し方◇原因不明のかゆみを抑えるには?
寒くなってくると乾燥もはじまり、湿疹や原因不明のかゆみを肌に感じることがありますよね。「痒い」という感覚は最も我慢するのが難しく、日常生活でもかなり苦しめられる人も多いのではないでしょうか。

仕事中だけでも我慢が大変なのに、通勤時や睡眠時などに無意識に掻いてしまうこともあります。しかし、湿疹や原因不明のかゆみは掻いてしまうと悪化してしまい、完治までより長い時間がかかってしまいます。よく使う手や、人に見られる顔に湿疹ができても気になりますし、肌の柔らかい場所にできてしまうと痕が残ってしまう場合もあるでしょう。

ここでは、そんな湿疹がもしできてしまった時のために、かゆみを抑える方法から原因の取り除き方まで幅広く解説します。



 

湿疹の治し方◇
原因不明のかゆみを抑えるには?

 

どんな対処よりも、まず掃除を優先させましょう


湿疹は、家にでるホコリや抜け毛などからダニが繁殖し、ハウスダストとして原因をつくります。まず、湿疹になってしまったら、身の回りをよく掃除しましょう。クリームや薬で対処しようとも、環境が悪ければ必ずぶり返したり、悪化してしまいます。

また、水回りに繁殖するカビの胞子もハウスダストと結びついてしまう可能性もあります。お風呂やキッチン、家具が密集している場所は特に注意が必要です。拭き掃除以外にも足ふきマットやシーツなどリネンの洗濯をこまめにすること、換気をしっかりしてじめじめした空気をとどめないことも大切です。

 

乾燥にはマメな保湿で対応しましょう


湿疹やかゆみの原因として、多くの場合に当てはまるのが肌の乾燥です。10月ごろから気候も変わり、年末にかけて日本はどんどん乾燥していきます。

そこで、乾燥対策として、皮膚の表面の水分を保つこと。入浴後にはすぐに保湿クリームを塗ったり、外気に触れる部分にもマメにケアが必要です。日焼けも皮膚の水分を奪ってしまったり、肌に刺激を与えてしまいますよね。冬の日差しと言えども、長時間紫外線に当たるのは危険です。冬場でも紫外線対策を忘れないように心がけましょう。

 

抗ヒスタミン薬を使用しましょう


自己治療として、使用したいのが抗ヒスタミン薬です。繰り返すかゆみから患部を掻いてしまうと、皮膚の下で刺激からヒスタミンが作用して、またかゆみを繰り返してしまいます。

掻いてしまうことがクセになり、それがまた湿疹の原因や悪化につながります。 市販薬でも抗ヒスタミン成分やステロイドが配合されている商品もありますので、少量であればセルフメディケーションとして使用してみましょう。

 

かゆみを起こしやすい食べ物に気を付けましょう


食べ物も湿疹の原因としてかゆみがでやすい傾向の物があります。代表される食材は、鯖、豚肉、そば、ホウレンソウなどヒスタミンを多く含む野菜です。他にも魚介類や卵白などもかゆみを起こしやすい食品として知られています。また、嗜好品のチョコレートやアルコールなども湿疹がある間は避けましょう。

手軽に手に入るからと、添加物の多い食べ物も悪い影響があり、栄養バランスが悪くなるとホルモンバランスを崩したり、免疫力に影響するため、湿疹も治りにくくなってしまうので注意しましょう。

 

考えられる疾患もあるので、病院を受診しましょう


湿疹の原因は、乾燥などにより皮膚が傷んで、細菌感染を引き起こすためという場合が多いですが、他に、糖尿病や内臓疾患が原因で起こる場合もあります。

そして、流行性のある病気、麻疹、水疱瘡、手足口病なども湿疹の原因となる可能性が少なくありません。周囲にそのような病気の人がいないか、流行しているかなどの連絡はないかを確認しておきましょう。 あまり長くかゆみや湿疹がおさまらないようなら、速やかにかかりつけの皮膚科や内科に相談することをおすすめします。

 

ストレスが原因の湿疹は心療内科に相談しましょう


最近では、湿疹の原因がストレスによるものというケースも増えてきています。ストレスによる自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れでヒスタミンを多く分泌させることが分かっているためです。

引越しや転職など、強いストレスを感じていることが分かっている場合は、ストレスの元となっている現象を改善していくことや、皮膚科ではなく心療内科やカウンセリングを受診することが必要です。

自分の環境は上手く変えられないことは多いですが、原因が分かっているのであれば、できる改善方法を試していくこと、また、自分が落ち着いて受けられる治療法を選びましょう。

 

いかがでしたでしょうか。湿疹の原因で最も多いのは乾燥ですが、それ以外にも疾患やストレス、ハウスダストなど意外にもいろいろな原因がありましたよね。

かゆいのは辛いですから、住環境の改善、食生活やストレスに気を使うなど、治療とは平行して身近なことから良くしていくことも大切です。他にも、長湯はしないようにしたり、石鹸やシャンプー、肌に触れるものは刺激の少ないものに変えるなど、とにかく刺激を減らしていきましょう。時期的なものであれば、毎年やりやすい方法を見つけて対応していきましょう。

顔や手など人目に触れるところに湿疹がでてしまうと、人に見られることがストレスになってしまいます。湿疹は、治るまでにも時間がかかるため、なかなか治療を始めないと治るのにも時間がかかってしまいます。長い間かゆみに苦しむのは誰でも嫌ですから、気がついたら即座に対応していきましょう。

 

まとめ

湿疹のかゆみを抑えるには

・まず掃除を優先させる
・乾燥にはマメな保湿をする
・抗ヒスタミン薬を使用する
・かゆみを起こしやすい食べ物を避ける
・病院の受診も考える
・ストレスが原因の場合は心療内科に

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い「ご先祖占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

コメント