子供に湿疹ができる6つの原因とその対処法!

子供に湿疹ができる6つの原因とその対処法!
一般的に子供は湿疹ができやすいと言われていますよね。特に初めての子供の場合、皮膚にぶつぶつと湿疹が出ていると、原因がわからず母親はギョッとして慌てて病院に連れていきます。何時間もの待ち時間を経た後に「あせもですね」と軟膏を出されて終わりなんてこともしばしば耳にします。

生まれたばかりの赤ん坊の肌は、繊細で湿疹が出やすいため、ちょっとした原因でもぶつぶつが出てしまうのです。慌てず焦らずに、適切な対処ができるように勉強しておくと良いでしょう。以下に子供に湿疹ができる6つの原因と、その対処法についてまとめてみました。

もちろん医者に行くことが一番いい対処法なのですが、「夜中でも病院に行った方が良い?」「本当に自宅療法はないの?」という疑問にもお答えしていきます。急な子供の湿疹の原因がわからず、不安を抱えている方は、是非目を通してください。では、子供に湿疹ができる6つの原因とその対処法をお伝えします。



 

子供に湿疹ができる
6つの原因とその対処法!

 

食品のアレルギー反応


現代人は、様々なアレルギーに悩まされています。化学物質が充満している生活の中で、アレルギー反応が起きない方がおかしいと言ってもいいくらい、自然な生き方から遠ざかってしまったことが原因でしょうか。

母体である世代も多くの化学物質や添加物にさらされてきて、その胎児であった現代の子どもたちもまた、敏感にアレルギー反応を起こす子が多いと言われています。単純な話でいえば、牛乳や小麦粉・卵に対する食品アレルギーを持っている子が多く、それらを口にしたときに体に湿疹が出ることがあるのです。

その湿疹の原因は食事なのです。よく「そばアレルギーは命に関わる」なんて怖い話も聞きますが、アレルギー反応で命の危機にさらされることはあまりありません。しかし体が拒絶していることも事実。幼少期に初めて口にした食べ物などの場合、母親だってなぜ湿疹が出たのか原因がわからないケースもあります。

湿疹が出た原因がアレルギーであると調べるためにも、皮膚科を受診すると良いでしょう。受診の際には、湿疹が出る直前に口にしていた食べ物を紙に書いて持参すると良いですよ。

 

暑い時期のあせも


暑い時期に汗をかいたままの服を着続けると、毛穴にばい菌がつまり炎症が起きてあせもという名の湿疹が出ます。汗がたまりやすい背中やズボンのウエスト部分に湿疹が出ることが多いですが、着ているものの材質によっては全身に湿疹が出ます。

急に全身に原因不明のぶつぶつがでて、親はパニックになって病院に行くのですが、あせもは簡単に治るので心配しないでください。皮膚科を受診してもいいですし、その前に家でお風呂に入れて、お子さんの体を優しい石鹸で丁寧に洗ってあげてください。肌を清潔に保って様子を見ることで、多くのあせもはすぐに引いてしまいますよ。

 

乳児のニキビ


乳幼児の場合、急に手足に赤いぶつぶつが出ることもあります。おでこや背中などの「油線」の多い場所に現われるぶつぶつに関しては、大人の「ニキビ」と同じメカニズムで発生していると考えられます。

乳幼児のニキビは黄色く膨れることもあり、見た目は本当に痛そうでかわいそうになりますが、大人のニキビ同様に、清潔にしておけばそのうち治ります。湿疹の原因は皮脂の汚れやつまりなので、適切な頻度できれいに洗うことで、治っていくでしょう

長引いたり繰り返すなどして心配な場合は、皮膚科を受診するといいでしょう。塗り薬を処方してもらえるはずです。

 

突発性発疹によるぷつぷつ


突発性発疹という、子供ならば誰でもかかる病気があります。多くは1歳代にかかり、全身に赤い湿疹が出ます。湿疹の原因は突発性発疹。名のとおり、突発的に全身に赤い湿疹が出て、数日のちに湿疹が引きます

湿疹が出ている間に高熱を出す場合もあるのですが、大抵の赤ちゃんは機嫌が良いと言います。そして湿疹が引いた後に機嫌が悪くなることが多く、この時の機嫌の悪さは覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

普通の風邪


普通の風邪であっても、湿疹が出ることがあります。湿疹の詳しい原因はわかりませんが、皮膚科や小児科でも「風邪が原因でしょう」と言われます。風邪をひいている時、普段よりも体が弱っています。

普段ならば耐えられることでも、風邪で弱った体には耐えられずに、湿疹が出てしまうことがあるのです。それこそ軽度のアレルギー反応が出るようなものでしょうか。湿疹の原因は風邪なのだから、風邪からの回復とともに、湿疹も治っていくでしょう。

 

アトピー性皮膚炎によって繰り返す発疹


生まれつき皮膚に疾患がある子供を「アトピー」と呼ぶことがあります。アトピー性皮膚炎の子供は、あらゆる原因で慢性的に湿疹を繰り返します。アトピー専用の薬などを定期的に処方してもらい、湿疹が出るたびに塗ってあげましょう

 

さて、子供の湿疹の原因と対処法をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

子供は大人と違って肌が弱いと考えていいですよね。肌だけでなく、体自体も成長過程です。成長とともに少しずつ強くなってくるとはいえ、子ども時代はしょっちゅう湿疹などに悩まされることもあるでしょう。

急な湿疹でも原因さえわかっていれば対処できるはず。上に紹介してきたように、多くの湿疹はその原因に関わらず、家で様子を見ても問題ないものばかりです。

もちろん急な高熱と一緒に広範囲にわたる湿疹が出るなどした場合は、すぐに救急に受診した方が良いのですが、そうでない場合は家で様子を見て、朝になってから普通の外来を受診しても十分間に合います。急な湿疹でも、原因を推測して慌てず騒がず速やかに対応しましょうね。

 

まとめ

子供の湿疹の原因とは

・食品のアレルギー反応による湿疹
・暑い時期のあせも
・放っておいてもそのうちに治る乳児のニキビ
・突発性発疹によるぷつぷつ
・普通の風邪による湿疹もある
・アトピー性皮膚炎によって繰り返す発疹

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント