市販の睡眠薬でぐっすり眠る為に覚えておきたい9つのポイント

市販の睡眠薬でぐっすり眠る為に覚えておきたい9つのポイント
睡眠薬というとどうしても悪いイメージを持ってしまう人も多いことでしょう。睡眠薬には2種類あって、医師の診断で処方されるのが睡眠導入剤と呼ばれて一般的にいう睡眠薬です。

これに対して医師の処方なしに薬局で購入できるのが睡眠改善薬と呼ばれるものです。市販の睡眠薬というのは実はこの睡眠改善薬のことを指しています。

もちろん大量に服用することは御法度なのですが、適正な使用を心がけることで適度の快眠が得られます。

熟睡するための使用法について考えてみましょう。



 

市販の睡眠薬でぐっすり眠る為に
覚えておきたい9つのポイント

 

睡眠改善薬の主要成分

 睡眠改善薬という名前で市販されてはいますが、睡眠そのものに効用があるということではありません。抗ヒスタミンという主にアレルギーの治療で用いられる薬剤が持つ催眠作用を利用した薬です。

抗ヒスタミンは風邪薬などにも含まれていて、風邪薬の効能書き部分に「眠気を催すことがあります」という注釈がついています。

通常の用法で使用する時には比較的副作用が少ないとされていますが、意外な副作用があることを覚えておきましょう。

 

熟睡できない

 抗ヒスタミンにある催眠作用は、実は熟睡をさせる効能はありません。よく、風邪薬を飲んだ後にウトウトしてしまう、ということをよく聞きますが、実はこのウトウトというのは深い眠りの前兆ではなく、浅い眠りの前兆なのです。

また、この改善薬自身が長期の服用を前提としていませんので、長期に服用することでさまざまな副作用が出てくる可能性があります。つまり睡眠改善薬は一時的な不眠症対策としての使用を心がける必要があるのです。

 

【副作用1】日中に眠くなる

 では長期間の服用による副作用にはどんなものがあるでしょうか。 一番顕著なものは熟睡できないことによる日中の眠気です。

人間の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠をおよそ90分間隔で繰り返すことによって身体も脳も休息し、翌朝の快適な目覚めや日中の活動の基礎になっていくものなのです。

睡眠改善薬は本来リズミカルに繰り返される睡眠のサイクルを壊してしまい、睡眠中のサイクルはおろか日中の身体にまで影響を与えてしまうということを意識しておきましょう。

 

【副作用2】起床時の頭痛

 次に注意したい副作用は、起床時の頭痛です。熟睡できないわけですから「寝た気がしない」状態で朝を迎えることになります。そうすると睡眠不足の時と同じように頭が痛くなるわけです。

一日の始まりがこのような状態であれば、当然日中の活動にも影響が出てきますし、この頭痛が原因による注意力散漫や日中の眠気にもつながっていくことになります。

 

【副作用3】急なイライラ

 こちらも浅い眠りによる影響なのですが、精神的にもリラックス出来ていない状態が続いていることになりますから、些細なことにイライラすることが多くなります。

普段なら気にも留めない職場や学校などでの周りの言葉や行動、仕草などが変に気になってイライラしてしまうことになるのです。

 

質の良い眠りとの違い1

 これらの副採用があるということは眠りの質は決して良いものではない、ということです。ただ眠りたいためだけにこの睡眠改善薬を乱用することが質の低い眠りにるながっているのです。

では質の良い眠りとはどんなものなのでしょうか。 まず寝つきが良いこと。この部分では健康的な眠りも睡眠改善薬を長期間使用した際の眠りもあまり変わりはありません。

次に途中で目覚めないこと。先に述べたようにレム睡眠とノンレム睡眠が交互に訪れている睡眠であれば、俗に言う「ぐっすり眠る」ことが可能になり、睡眠途中で目覚めることは余りありません。

これに対して睡眠当初が同じ状態の睡眠改善薬を使用した場合には、睡眠後の眠り自体が浅いものになってしまうため、わずかな物音などで目が覚めてしまいます。

 

質の良い眠りとの違い2

 質の良い眠りの3番目は朝スッキリ目覚められるということです。一日の始まりである目覚めがスッキリしていれば、その一日の活動はスムーズに進むということが言えます。

しかし、睡眠改善薬を長期間使った睡眠の後には、起きた時の頭痛があったり、寝た気がしないという感覚で朝を迎えることが多くなります。

そして当然ながらその日一日の活動に支障がない状態で過ごせることが質の良い睡眠を取った後の状態です。

今まで述べた通り、睡眠改善薬に頼った眠りでは、浅い眠り、寝覚めの悪さから日中の活動にも急な眠気が起きたり、イライラしたり、ぼーっとしてしまうという結果になってしまうのです。

 

市販の睡眠薬は一時的な服用に留めましょう

 これまで睡眠改善薬のネガティブな面ばかりご案内してきましたが、これはあくまでも長期間の服用による副作用である、ということは忘れないでください。

どのような市販薬でも使用法を間違えずに服用すれば、それぞれの症状に対してベストではないかもしれませんが、ベターな効用が期待できるものなのです。

病院に行くまでもないが、夏希が悪い時がある、といった症状の時にこそ効果を発揮する薬だということなのです。

 

服用の際の注意事項

服用の際に注意しなければならないことも記しておきます。もう「この文章をお読みになってある程度はお分かりのことと思いますが、抗ヒスタミンを有効成分として含有している他の薬との併用をしないことです。

鼻炎の薬、初期の風邪薬、鎮痛解熱剤、乗り物酔いの薬などがこれに当たります。ダブルで服用すればダブルの効果がある、などと考えてはいけません。副作用がより強く現れると考えてください。

もう一つはアルコールとの組み合わせにも注意してください。アルコールを体内に吸収することで、体内でアルコール代謝酵素が働くのですが、アルコール代謝酵素の手伝いをするのが薬代謝酵素だと言われています。

つまり、アルコールと薬を同時に体内に入れてしまうことで本来薬の代謝に使われるべき酵素がアルコール代謝の手伝いをしてしまい、くすりの効果がなくなってしまったり、強化されてしまい、悪い影響を及ぼすことになるのです。

 

いかがでしたか?

市販の睡眠薬に頼りすぎないためには、服用と同時に自分の眠りを再検証することが必要です。

どうしたら快適な睡眠ライフが送れるのか、どうすれば気持ちよく目覚められるのか、といったことを生活習慣に取り入れ、薬の服用と並行して行うことで薬に頼らない快眠ライフが訪れることでしょう。

 

まとめ

市販の睡眠薬でぐっすり眠る為に覚えておきたい9つのポイント

・睡眠改善薬の主要成分
・熟睡できない
・【副作用1】日中に眠くなる
・【副作用2】起床時の頭痛
・【副作用3】急なイライラ
・質の良い眠りとの違い1
・質の良い眠りとの違い2
・市販の睡眠薬は一時的な服用に留めましょう
・服用の際の注意事項

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント