仕事に行きたくないという家族を鬱から守る方法

仕事に行きたくないという家族を鬱から守る方法
あなたの身近な家族が急に「仕事に行きたくない」と朝も起きず、家から出る事も難しくなってしまったら大変ですよね。

鬱病と言う言葉がポピュラーな病名として使われるようになったのも近年のこと。現代病として扱われることもありますが、普通に暮らしていた家族が突然、精神的に命にかかわる程に疲労してしまうというのは、家族の人生が大きく変わってしまう事だと不安に陥るでしょう。

鬱になってしまった本人に、どのように関わっていくのかをまず第一に考えるでしょうが、実際に回復していくのは本人の力。家族として何ができるかは、生活を守っていく立場で貢献していきましょう。それでは、これから仕事に行きたくない家族を鬱から守る対処法をお伝えします。



 

仕事に行きたくないという家族を
鬱から守る方法

 

肯定しようとしすぎる


気をつけたいのが、肯定的になろうとしすぎて、仕事に行きたくないと言う相手のネガティブな言葉を否定してしまうこと。たとえば、「自分なんていない方がいいんだ」と言われても、「そんなことない」と返してしまうと言葉自体を否定することになってしまいます。

「そうだね。」というのもおかしな気がしますが、「そんな風に思う事もあるよね。」「今、そんな悲しい気持ちなのね」と、悪く考えてしまう事を受け止めてあげられるような言葉かけをしましょう

 

適度な距離感をキープすること


鬱の状態になっている人には、どんな健康な人でも、関わりすぎるとこちらまで引き込まれて疲れてしまいます。適度な距離というのはお互いにとって大切なわけです。

鬱は根拠のない不安が覆いかぶさってくるもの。心細いだろうと側に居続けても、お互いしんどくなってしまいます。仕事に行きたくないと思うほど病んでいるワケですから、そのネガティブさは健康な人からすると計り知れません。

スタンスとしては遠くから応援すること、「後のことは任せて。」と言ってあげられると相手も安心できるものです。

 

相手のネガティブさを真に受けない


仕事に行きたくない状態というのは、人と関わること、自分が何か行動することに非常に強い恐怖を感じている状態。人間は恐怖を感じているとその警戒心から攻撃的になりますよね。そのため、仕事へ行きたくない人というのは、関わる相手に結構ひどいことを言ってきます。

これは、心理的に自分を攻撃しているわけなのですが、自分に厳しい目を向けている分、相手に対しても何かと批判的、否定的な態度や言葉を浴びせがちです。身内だと難しいところもあるのですが、相手は違う意味で言葉を使っていると考え、相手の攻撃は上手にかわす、真に受けないことが大切です

 

仕事が負担になってしまっていることを責めない


普通の人間にとっては、仕事をしてお金を得るというのは生命線。しかし、その生活の基盤になるはずの仕事に行きたくない、行かれないとなってしまうなんて、生活を投げ捨てているとしか考えられないかもしれません。

家族やパートナーが仕事に行きたくないと言い出すことは、生活の基盤を揺るがす大事件ですが、そこで慌てて誰かを責めたり、強引に問題解決をさせようとしないでください。問題自体は家族のほかのメンバーで一旦解決するとして、本人には少し離れたところで回復する時間を与えてあげましょう。

 

専門家へ相談する


社会人にとって、仕事に行きたくないというのはその後の人生がひっくり返ってしまうほど大きな問題ですよね。これは特別な事案として、絶対に自分たちだけで解決せず、信頼できる専門家に相談しましょう。

問題の大きさから、突然命を絶ってしまうことや、犯罪行為に向かってしまうことも可能性がなくはありません。本人が受診したがらない場合は家族だけでよいのでカウンセリングや精神科、心療内科へ相談してください。また、職場や社会保険で相談機関を紹介してくれることもありますので積極的に探してみましょう。

 

困った顔は見せない


精神的に参ってしまって仕事へ行きたくないとまで言ってしまう家族に対して、難しいですが、困惑している姿は見せないようにしなくてはなりません。励ましたり、原因追及をしてみたり、退職や離婚、引越しなど生活環境を変えるような決断をしようとするといったことが本人をより一層不安にさせるのです。

家族にとってみればとても困った事にはかわりありませんが、本人の為にも感情を上手に切り替えて、心配している顔さえあまり見せないように心がけましょう。

 

仕事という、生活を支えている要素が大きいものだからこそ、仕事に行きたくないと、変わってしまった家族に最初は戸惑い、不安や憤りを感じることがあるでしょう。

それらの不安な気持ちと言うのは、持って当然です。ただ、鬱になっている本人の前でだけ、言動や表情に出さないように注意をしておきましょう。気持を押し殺すのはとても辛いものなので、自分の感情を発散できる相手や場所などはしっかりと確保しておかなくてはいけません。

鬱病は、ほかの病気と同じでやはり精神科医など専門家の元で治療するのが一番です。病気でも、患っていくのと同じ時間、治癒にもかかるといいますよね。長期的な治療にさせないために、フットワークを軽くして動ける存在として家族が守ってあげましょう。

 

まとめ

仕事に行きたくない家族を守るには

・悪く考えてしまう事を受け止めてあげる
・適度な距離感をキープすること
・相手のネガティブさを真に受けない
・仕事が負担になってしまっていることを責めない
・困った顔はみせない
・専門家へ相談する

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『カラー波動診断』では、オーラの色から、あなたの本質を見極め、幸せになるための鑑定結果メッセージと「カラー波動診断カルテ」を全員初回無料でプレゼント中です^^

2017年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!

コメント