生理前にイライラする人必見。症状改善法

生理前にイライラする人必見。症状改善法
毎月必ず訪れるブルーな日々・・・生理は不愉快でイライラする事も多く面倒だと感じる女性も多いですよね。特に生理前は普段なら気にも留めないことでもイライラ。家族にもちょっとしたことであたってしまい「もしかして生理前なんじゃないの?」なんて言われてしまうことも。

また、イライラするだけでなく憂鬱になったり集中力が低下して無気力になったり、頭痛や腰痛に悩まされることもあります。生理は女性にとってとても大切なものというのはわかるけれど、毎月毎月こんな気分になるのは憂鬱ですよね。これらの症状はPMS(月経前症候群)といわれるものですが、実は改善する方法があるんです。

そこで今回は、生理前のイライラなどPMSの改善方法をお伝えします。



 

生理前にイライラする人必見。
症状改善法

 

なぜ、生理前にイライラするの?


生理(月経)の1週間~2週間前から始まる身体的・精神的な不快な症状をPMS(月経前症候群・月経前緊張症)といいます。PMSは月経が始まると消える特徴があります。それに代わって、月経中独特の不快な症状、生理痛が生じます。生理痛がひどくて生活に支障が出ると、「月経困難症」と呼ばれます。

PMSと生理痛(月経困難症)は、症状がよく似ていますが全く別ものです。PMSの原因は、女性ホルモンのバランスが崩れるために起こるのです。

女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。排卵期が終わる頃からプロゲステロンの分泌が急に増え、生理が始まると急に減少します。このプロゲステロンの急増・急減がPMSと関係してます。

プロゲステロンが急増するとイライラが始まり、攻撃的になったり何にでも反感を持ち、ちょっとしたことで怒るようになります。

女性の80%以上がPMSに悩みを抱えています。たいていの女性が「生理前にイライラする」と言うほど、症状の中で一番悩みが多いのが「イライラする」ことだという事です。

 

イライラする他にどんな症状があるの?


PMSには個人差があり、イライラする度合いも女性によって違います。戦闘的になる場合でも、特に男性に対して攻撃的になる女性もいます。最悪のケースは、イライラするために万引きしたり、暴力をふるったりする女性もいます。PMSには精神的症状と身体的症状があります。

[精神的症状]
「イライラする・攻撃的闘争的になる・何にでも反感を持つ・緊張する」 という症状が出る反面「倦怠感・無気力・憂鬱な気分・疲労感・集中力の低下・不安感」に悩むこともあります。

判断力が衰えたり、孤独感が強くなったりします。そのため、よけいイライラすることも。時には悪夢に悩まされたりします。

[身体的症状]
PMSの身体的症状は生理痛とよく似ています。「頭痛・腰痛・下腹部痛・下腹部の張った感じ・便秘または下痢・吐き気」などです。

PMSでよく見られる症状は「乳房の張りと痛み」です。身体がむくみ、体重が増えることも。また、ニキビができたり、めまいが起きたりします。

食欲と睡眠にも異常が起きます。やたらに食欲が出て、食べまくります。不眠に悩まされる女性もいれば、眠くて眠くてたまらなくなる女性もいます。仕事中・授業中に居眠りすることもあります。眠くてたまらないのに寝られずイライラする女性もいます。

 

生理前にイライラするのを改善する8つの方法


基本的には、自律神経系の働きを良くして女性ホルモンのバランスを整えるようにします。ホルモンバランスの乱れを整えれば、イライラするなどのPMSを改善することができます。

➀ストレスを解消する
生理前にイライラするのは、女性ホルモンのバランスが崩れることと関係があるようです。ストレスがたまると、自律神経系の働きが低下して、女性ホルモンのバランスが崩れます。強いストレスや長く続くストレスは、生理前にイライラする症状を悪化させます。イライラするだけでなく、他のPMS症状も重くなります。

いつもの月はそれほどイライラすることはないのに、仕事や人間関係で強いストレスを受けるとその月だけ、やたらにイライラする場合もあります。

ストレスを解消あるいは軽減するには、次の5つの方法が効果的です。
大声を出すとストレスが解消します。カラオケボックスやお風呂場で大声出して歌うと、イライラする気持ちが収まります。

イライラするのは攻撃的・戦闘的になっているので、少し激しい運動をするとイライラが解消できます。ストレス解消にもなり一石二鳥ですね。ボクササイズ、バッティングがオススメです。特にボクシングジムやバッティングセンターでサンドバッグを殴ったりボールをひっぱたいたりするとスッキリします。

がまんしないで、大声で泣きわめくのもストレス解消になります。PMSではイライラするだけでなく突然泣きたくなることもあるので我慢しないで泣いてください。

不要な雑誌をビリビリ破いたり、捨てる前のボロボロシャツを切り裂いたり、何かを破壊すると、ストレスが解消します。イライラする気分も良くなります。壊す品物は、よく考えて選んでくださいね。

親しい友人としゃべりまくります。おしゃべりは、手軽で効果的なストレス解消法です。女性同士なら、毎月のイライラする気分も、よくわかり合えますね。

②リラックスする
ぬるめのお風呂にゆったりつかると、緊張感が和らぎます。優しい音楽を聞いたり、アロマテラピーをしたりするのも、効果があります。お風呂にゆったりつかるのは、身体の冷えを防ぐ効果もあるので、生理前のイライラする気分を軽くすることができますよ。

③バランスの良い食事をする
バランスの良い食事で自律神経系の働きを良くします。ホルモンバランスの乱れを改善するようにします。

大豆食品(豆腐・納豆・豆乳など)はイソフラボンを含んでいるので、女性ホルモンのバランスを整えます。カルシウム・マグネシウムを含む食品(小魚・チーズ・ブロッコリーなど緑黄色野菜)はイライラする気分を軽くします。

生理前は、異常に食欲が出ることがあるのでダイエットは少し控えめにします。厳しいダイエットはストレスになります。

④タバコ・酒類・カフェイン・油脂分・甘い物は控える
酒類・カフェイン・油っこい料理・甘い物は取りすぎると自律神経系の働きを低下させ、女性ホルモンのバランスが悪くなります。PMSを悪化させるので、要注意です。

ただ、ワインやビールなど少量のアルコールはリラックス効果・ストレス解消効果があるのでイライラする気分を鎮めます。少量の甘い物も同じです。

でも、タバコは「百害あって一利なし」です。自律神経の働きを悪くします。自分がタバコを吸わなくても、間接喫煙は、直接喫煙より害があります。タバコを吸っている人達には気をつけてくださいね。

⑤身体を冷やさない
身体が冷えると自律神経系の働きが低下します。お風呂につかって身体を温めると、いいですよ。冷たい飲み物の取りすぎや強すぎる冷房は身体を冷やすので注意してください。

⑥セロトニンの分泌を増やす
セロトニンの分泌が減少すると、イライラするようになります。生理前は女性ホルモンのバランスが崩れて、セロトニンが減少します。

午前8時前に朝陽を浴びるようにすると、セロトニンの分泌が促されます。少し早起きして、朝陽を浴びながら散歩したり、ストレッチしたりしてください。セロトニンは気分を安定させて、幸せ気分にしてくれます。

⑦良質の睡眠をとる
睡眠不足は自律神経系の働きを低下させます。22時から翌朝2時までを「睡眠のゴールデンタイム」と言います。この時に、最も深い眠りノンレム睡眠が訪れるといいます。

でも、それは、ちょっと間違いです。ノンレム睡眠に入るのは、睡眠後3時間です。睡眠後3時間を大事にすれば、何時に寝ても良質の睡眠がとれます。

⑧医者に相談する
あまりイライラするようなら、婦人科医に相談するといいですよ。イライラする気分がひどい時は、他のPMS症状も強く出ています。

婦人科医は生活指導やカウンセリングを行ったり、軽いホルモン剤を処方したりします。漢方薬を勧める医師もいます。

イライラする気分が激しい場合、婦人科系の病気など重大な疾患が潜んでいることがあります。私は45歳で卵巣腫瘍の手術を受けましたが、その1年ほど前から生理前のイライラする気分が異常に強くなりました。ただのPMSと思って放っておいたので、結局、卵巣子宮全摘出となりました。

 

いかがでしたか。女性は生まれながらに重荷を背負っています。重荷は十代の初期に現れ、五十代初期まで背負い続けなければなりません。毎月、毎月訪れる生理(月経)は面倒くさい上に、心身の苦痛をともなうので、本当に厄介な存在です。

しかも、心身の苦痛は生理の時だけでなく、その1~2週間前から始まります。PMSが消えると生理痛が起きますから、思春期から熟年期まで、女性は1ヶ月の半分以上を不快な症状に悩まされているのです。

私は45歳の時に卵巣腫瘍で卵巣子宮全摘出手術を受けました。手術後、私は「自由」を実感しました。「女性喪失」というショックなど微塵もなく、毎月の厄介な症状から解放された喜びしか感じませんでした。

もちろん、女性には、こうした苦痛に勝る喜びや幸せがあります。妊娠と出産は、女性だけしか体感できない喜びであり、幸せです。何のかのと言っても、男性は想像することもできない無上の喜びなのです。

生理は女性の根源のようなものですが、だからといって、生理痛やPMSをがまんする必要はありません。本当に生理前のイライラする気分は耐え難いものです。これをがまんするだけでもストレスが溜まります。イライラする気分が、ますます強くなります。

イライラするのは、女性ホルモンのバランスの乱れが関係しているようです。自律神経系の働きを良くして、ホルモンバランスを整えれば、イライラする気分を改善することができます。

ストレスを解消し、食生活や生活習慣を変えて、自律神経系の働きを上げることで、生理前のイライラする気分を少しでも軽くしてくださいね。

 

まとめ

生理前のイライラを改善するには、

・ストレスを解消しましょう
・リラックスする時間をとりましょう
・バランスの良い食事をとりましょう
・タバコ・酒類・カフェイン・油脂分・甘い物を控えましょう
・身体を冷やさないようにしましょう
・セロトニンの分泌を増やしましょう
・良質の睡眠をとりましょう
・ひどいときは医師に相談しましょう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『カラー波動診断』では、オーラの色から、あなたの本質を見極め、幸せになるための鑑定結果メッセージと「カラー波動診断カルテ」を全員初回無料でプレゼント中です^^

2017年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!

コメント