生理不順の原因を詳しく知ろう。意外と見過ごされる7つのストレス

生理不順の原因を詳しく知ろう。意外と見過ごされる7つのストレス

月経の周期は正常であれば25日~38日といわれています。しかしその周期が乱れてしまうことがあります。毎月一定の間隔で月経がこなかったり、生理期間が極端に長くなったり短くなったり・・・。意外と軽く見過ごされがちな生理不順ですが、その原因は複雑で繊細なもの。

そしてそこには大きな病気がかくれていることもあるのです。生理不順の原因を知ることで私たちの体から発せられるサインを知ることもあるのです。女性にとって重要な体の仕組みの一つである生理の周期を乱すのにはどのような原因があるのでしょうか?



 

生理不順の原因を詳しく知ろう。
意外と見過ごされる7つのストレス

 

ホルモンのアンバランス 

生理不順はホルモンバランスが乱れていることが原因と考えられています。月経は基本的には女性ホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)によって一定の周期をコントロールされています。女性ホルモンを分泌するのは脳の一部と卵巣が複雑に関係し合っている状態です。

つまり、この体の器官に何かあれば即月経へと影響が出てしまうのです。女性ホルモンのバランスの乱れと一言で言ってもそこには複雑な理由があります。そしてそのバランスを乱す原因の一つとしてストレスが考えられています。

 

環境の変化は大きい 

ストレスはいろいろなところから私たちを攻撃してきます。環境の変化もその一つです。新しい仕事に就いたり、クラスが変わったりすると体は日々緊張にさらされます。この緊張が続き、そのストレスをうまく発散できずにいると脳がそれに反応するのです。

環境の変化による月経不順は一時的なものが多く、環境に慣れるとストレスも少なくなり正常な状態にもどります。疲れていると感じたら体と脳をゆっくりと休めることが重要です。また、どうしても続くようであれば早めに病院を受診しましょう。

 

ダイエットによるもの 

急激なダイエットは生理の大敵です。現代の女性は美の追求のあまり、ダイエットも過激になりつつあります。しかし、急激な体重の増減をしてしまうダイエットはそれだけで体に大きな負担を与えます。また、体重が軽くなり過ぎると月経自体がなくなってしまうこともあります。

これは女性にとって大変な事態です。ダイエットは体にとって特別なストレスを与えます。できるだけ無理のない、長期的なダイエットをしましょう。女性的な体を作るホルモンを止めてしまっては美しさも半減です。

 

ありがち、不規則な生活 

不規則な生活は日常になってしまうと体への負担をあまり感じなくなってしまいます。しかしジワジワと体の中でストレスを溜めていることになります。仕事が忙しくてなかなか食事ができないとか寝る時間が短いなど不規則な生活が体に与える影響というものは決して小さくありません。

そしてそれになかなか気つかないことが多いのです。小さなストレスは脳を少しずつ疲れさせます。そしてその結果の一つとして生理不順が現れることがあるのです。特に思い当たる原因がない生理不順の時は自分の生活をまずは整えてみましょう。

 

体の冷え 

病気の原因の一つとしてよくあげられる「冷え」は、もちろん生理不順にも関係してきます。特に女性は冷え性の人が多く、この体を冷やしてしまうことが原因の時があります。体が冷えると血流が悪くなり自律神経に障害が起きます。

そうして体の中のバランスがおかしくなって女性ホルモンに影響が出てしまうのです。また冷え性は生理中の痛みも重くしてしまう原因でもあります。下半身はもちろんですが、体を内部からあたためるようにして冷え性ではない体作りをめざしましょう。

 

タバコの影響 

タバコが体に良くないことはよく知られています。もちろん生理不順にも強く関係しているといわれています。タバコを吸うことは精神的な意味でのストレス解消になっているという意見もあります。しかしそれとは逆に体には大きなストレスをかけているのです。

異物が体内に入ってきて、それを処理するためにエネルギーを使うのですから当然ですね。もしタバコを吸っていて生理不順に悩んでいるなら、ぜひ禁煙をお勧めします。タバコを我慢するストレスも考慮しなければなりませんが、ぜひ正しい方法で禁煙を成功させてみてください。体への負担を減らして生理不順を解消しましょう。

 

プレ更年期かも 

女性にとってはいつか訪れるであろう更年期と閉経。その準備期間であるプレ更年期といわれる30代後半から40代にかけては生理の周期が乱れることがあります。これは体にとっては自然なことであり、あまり深く悩んではいけません。悩むことでストレスがかかり、また生理不順が進んでしまうからです。

もちろんあまりに早くこのような状態になってしまうときには病院で女性ホルモンを補う治療をしてもらいましょう。女性の体にとって重大な変化である閉経ですが、体のほうはちゃくちゃくと準備をしているのですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ホルモンをつかさどる脳の一部はストレスに大変弱い場所です。ストレスがかかることでホルモンは簡単に乱れて体へ大きな影響を出します。そしてそのストレスへの耐性も人それぞれ。生理不順の原因はいろいろですが、ストレスもまたその一つです。体は嘘をつきません。体のサインをちゃんと聞き分ける力をつけて生理不順から開放されましょう。

 

まとめ

生理不順の原因を詳しく知ろう。意外と見過ごされる7つのストレス

・ホルモンのアンバランス
・環境の変化は大きい
・ダイエットによるもの
・ありがち、不規則な生活
・体の冷え
・タバコの影響
・プレ更年期かも

これで頭をスッキリさせよう!

ちょっと辛い、、、そんなふうに思った時にはこの音声を聞いてみてください。頭がすっきりして、嫌な気持ちや、沈んだ感情がちょっとだけ楽になるはずです

頭をスッキリさせる音声:

下記よりダウンロードして、iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れてお使い下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント