学校に行きたくない悩みを相談して新しい未来を開く術

学校に行きたくない悩みを相談して新しい未来を開く術

「学校に行きたくない」という気持ちは誰もが一度経験したことがあるはず。その思いがとても強い人もいれば、一時的な面倒さで学校に行きたくないと思う人など様々。

しかしその学校に行きたくないという思いが人一倍強く、とてもストレスになっている場合その状況は深刻であり苦痛を感じる日々となりますよね。

時代の流れが変わっていく中、学校に行きたくないという理由も一昔前とは大きく異なり軽く片付けることのできないケースも多々あります。

学校に行きたくないというのは自分が人より弱いからだろうか…、何かがおかしいのだろうか…と一人悩む学生も少なくありません。人に自分の気持ちを相談したらどんな反応が返ってくるだろうかと心配になる気持ちも分かります。

しかし相談することによって良い方向へと進めたという人もたくさんいます!そこで今回は学校に行きたくない悩みを相談して新しい未来を開く術をお伝えします。



 

学校に行きたくない悩みを相談して
新しい未来を開く術

 

自分の心の中を分析してみよう


学校に行きたくないという気持ちの背後には必ず何かの理由があるはずです。それを知っているのは自分だけ。前に進むために誰かに相談するにしてもまずは何故学校に行きたくないのかその理由と向き合う必要があります。

いろいろな原因があるかもしれませんが自分に素直に正直になってその理由を書き出してみましょう。いじめられている、苦手な先生がいる、勉強についていけない、体調が悪い…。もしくは学校に行く以外で自分のやりたい事があるなどその気持ちの背後に何があるかを正直に分析してみましょう。

まずは分析するだけで少し心が軽くなるということも大いにあり得ます。そして誰かに相談して話しを聞いてもらうにしても整理された自分の気持ちをうまく話すための一歩となりますよ。

 

広い視野を持って自分自身を受け入れてみよう


学校に行きたくないという気持ちに悩んでいる人の多くは、逆に「学校に本当は行かなければならない!」という気持ちも強く持っているよう。

それゆえに学校に行きたくないと思っている自分は人よりダメだとか、弱いとか…自分のことを責めがち。だから本当なら行った方がいいのだけど…行きたくないという2つの気持ちに挟まれて心が苦しくなっていくということもあるようですね。

そこで一度その概念から離れてもっと大きな視野で自分のことを見るようにしてみましょう。学校に行きたくない理由が何かによっても考えることは変わってくるかもしれませんが、自分の正直な気持ちのままに学校に行かなかったからと言って人生が終わる訳でも、お先真っ暗になる訳でもないということを理解しましょう。

意外にも人に相談すると自分があまりにも狭い視野で考えすぎていたということに気付かされることもありますよ。

 

自分の意志を持っていることに対して自信を持とう


学校に行きたくないという意志を持つことが悪いことであるとは誰も言うことができません。もしかすると学校に毎日欠かさず通うことは社会人になった時に責任を持って毎日出勤することの練習となっているかもしれません。

学生のほとんどが当たり前のように毎日学校に通う中、自分は行きたくないという強い意志を持てることも人間としてはある意味で強みなのかもしれませんよね。

ある理由があって自分は学校に行きたくない…と自分の明確な意志を持ってそれを言い表すこともまた自分なりの考えをきちんと持った大人へと成長するために必要なことの一つ。

特に日本人は世界の人々と比べて人とは違う自分の意見を隠したり、自分の意志すらない…という傾向もあるので国際社会という大きな観点から見れば学校に行きたくないという意志を持っていることに後ろめたさを感じずに人に相談することをお勧めします。

 

様々な人の意見を参考にしよう


学校に行きたくないという悩みを相談して新しい未来を開くため、一人の人の意見だけでなく様々な人の意見を参考にしましょう。

学校に行く、または行かないという選択肢はどちらの道を進んだとしても何かの道を開く重要な選択と言えますよね。とても大事なことであるからこそ様々なことを経験してきたいろいろな大人の意見を求めてみましょう。

相談していく中で、学校に行かないことを支持する意見や学校に行き続けることを奨める意見など大人たちの意見はその人の経験によって違うことでしょう。多くの参考意見を聞くことによって開ける未来の扉がたくさん広がることを期待できます。

一人の人に相談した結果、自分の気持ちとは相反する答えが返ってきたとしてもそれも一つの意見として受け止め、また違う人の意見も参考として聞いてみるということをすると予想もしていなかったような未来が開けるかもしれませんよ。

 

最終的には自分で決定するようにしよう


学校に行きたくないという悩みを一人で考えすぎて参ってしまうよりは、自分の意見を誰かに聞いてもらい前に進むための後押しをもらいたいところ。

しかし相談にのってもらった人に先の道を決めてもらうということはやめましょう。あくまでも最終決定は自分でするというスタンスを持つことをオススメ。

なぜなら新しく開けたその未来がどんな結果になったとしてももし自分が納得して出した答えであればその決定を後悔することはないはず。

気持ちを軽くするために相談し、たくさんの意見を求めて選択肢を並べたなら、やはり最後は自分の心に問いかけてどんな決定をし、どんな道に進むかを決めるようにしましょう。

自分で切り開いた未来であれば自信を持って力強く歩めること間違いなし!大人の意見によく耳を傾けつつ自分の納得の行く答えを見つけましょう。

 

いかがでしたか。

学校に行きたくないという悩みを持つことは決して悪いことでも弱さの表れでもありません。そこには何かの原因があるはず。

その気持ちと向き合って新しい未来を開いていくためにもまずは正直な自分の気持ちを知り整理することが欠かせません。

また学校に行きたくないという気持ちを抱いている自分への劣等感で人に相談することを控えようとする人もいるかもしれませんね。

しかし、自分の意見を持っていること自体素晴らしいことであり決して引け目を感じる必要はありません。勇気を持って相談してみると意外にも大人たちも共感してくれたり理解してくれるはず。

多くの人の意見を求めて新しい未来を開くための参考としましょう。様々な経験を通して語る大人の意見は経験の少ない若者の意見よりも正確な事が多いということも心に留めつつ感謝して人の意見を聞きましょう。

そして納得の行く仕方で自分なりの答えを出せると、新しい未来が開けますよ!

 

まとめ

学校に行きたくない悩みを相談して新しい未来を開く術

・ 自分の心の中を分析してみよう
・ 広い視野を持って自分自身を受け入れてみよう
・ 自分の意志を持っていることに対して自信を持とう
・ 様々な人の意見を参考にしよう
・ 最終的には自分で決定するようにしよう

でも自信がない、ちょっと元気がなくなってしまった時にはこの音声を聞いて、やる気を取り戻しましょう。だまされた!と思って試してみてください、結構すっきりして自信を取り戻せるはずです。

自信満々になってやる気を取り戻す音声

この音声のダウンロード版を用意しているので、よかったら下記よりダウンロードして、スマホや音楽プレイヤーなどに入れてお使い下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント