老後破産しないためにも、無理なく貯蓄をする3つの方法

老後破産しないためにも、無理なく貯蓄をする3つの方法
現在30代から50代の男女にとって、怖いのが老後破産。これからの世代は、いま年金をもらっている親世代のような年金額はとても期待できないといわれています。そうなると、今のうちにしっかりした将来設計をしておかないと、悲惨な老後を迎えることになってしまいますよね。

実際、未婚の男女、離婚者の増大で、老後破産するケースは年々増えており、50歳以下の世代でも、シングルやバツイチはこれまでの時代と比べると右肩上がり。子供に老後を託すという発想は、既に過去のものになっています。

では、どうやって老後破産せずに乗り切れるのか。それにはやはり、普段から堅実に貯蓄していくのが一番。ということで今回は、老後破産しないための無理のない貯蓄方法についてお伝えします!



 

老後破産しないためにも、
無理なく貯蓄をする3つの方法

 

老後破産しないためには、見返りを期待した援助はやめる!


老後破産の増えているいまの日本で注目されているのが、欧米型の自立した家族付き合いです。日本ではここ数年、「お孫様」ブームが続いていました。少子化の影響で、一人の孫に両親の祖父母が奪い合うように色んなものを買い与えたり、誕生日などのイベントにお金をかけたりする現象です。

孫や子供たちに対するこうした「奉仕」の背後には、将来の同居や介護がちらついています。子供や孫にお金をかけるぶん、将来は宜しくという意味が含まれているということですね。

ですが、これからの世代にとっては、子供たちとの同居というのは、頼れる将来設計ではなくなってきています。新しく結婚したカップルのうち、親との同居、将来的な同居について前向きなのは、もはや少数派になっているのです。これから老年を迎える世代は、子供や孫に見返りを期待した援助をしても報われないということですね。

こうした傾向から、子供や孫に過剰な援助をする代わりに、自分たちの将来のために貯蓄することを考えた方が建設的だという考えが広まってきています。

子供や孫にお金をかけたのに年老いてから面倒をみてもらえないと、「あんなにしてあげたのに・・・」という不満がわき起こってくるものです。子供たちからすると、「してあげた」という発想が重いのですね。

「してあげた」から「してほしい」という関係から脱して、自分たちの老後のために蓄える、こうしたライフスタイルが注目されています!

 

老後破産しないためには、シンプルライフ!


老後破産する人の特徴として、仕事を引退後も現役時代と同じ生活を続けてしまうことがあげられます。特に気をつけたいのが、カードやローン。給与収入が大きいうちは平気で何でも購入してしまいがちですが、定年、引退後もこういう習慣を続けていると、あっという間に貯蓄は底をついてしまうものです。

給与の大きい人はローンを組むのも簡単なので、ある程度給与がよくて貯蓄がある人こそ、老後破産の危険を秘めているものなんです。年をとると、病気や人間関係でいつ大きなお金がでていくか分かりません。

そうなったときにローンなどが残っていると、資産は一気にマイナスになってしまうのです。老後破産をしないためには、若いうちからシンプルライフを心がけましょう。

老後破産を避けるためにも、買い物はできるだけ長いローンを組まないようにしましょう。また、無駄を排するという意味で考え直したいのが、お歳暮やお中元といった所謂「虚礼」の習慣です。

昭和時代、父親や母親の世代、さらに祖父母の世代は、お中元やお歳暮といった「付け届け」を欠かしませんでした。現役時代だけではなく、定年後も贈答や年末年始の挨拶に廻ったものです。しかし、こういった習慣は、終身雇用が普通だったころのもの、会社付き合いが人生の殆どを占めていた時代のものです。

現在では、会社との付き合いも、ご近所との付き合いもドライになっています。お世話になった人々はともかくとして、慣習だからというだけで虚礼を続けるのはそろそろ終わりにしたいものですね。

 

老後破産しないためには、健康的な生活!


老後破産を導く大きな要因の一つに、医療費の大きさがあります。人間誰しも年をとると身体は衰えるものです。いつ病気になるか、いつ事故にあうか、こればかりは誰にも分かりません。保険があるとはいえ、十全に受け取るには色々とハードルもあります。

また、病気ばかりしていると、どんなに保険で金銭的に補充されても、生活が行き届かなくなります。老後破産を経験した人々の中にも、医療費、介護費が重くて耐え切れなかったという人が少なからずいます。結局、一番大切なのは、健康を保つことなんですね。

老後に健康を保つためには、若いうちから健康的な生活を目指しましょう。食生活や生活習慣は一度身につくと生涯維持できるものです。主婦の人なら、子育てが終わって時間ができたときなどに、本やネットなどで健康に関する基礎的な知識を身に付けておくと良いでしょう。

健康は普段の気配りの積み重ねです。食生活や生活習慣を改めるだけで、お金も節約できますし、寿命も延ばすことができます。難しいことをするのではなく、毎日続けられるような生活改善から始めましょう。人間、年をとると、新しく何かを始めることは難しくなります。良い習慣は、若いうちにつけておきましょう!

 

年々増えている老後破産の背景には、生活習慣の変化があります。日本の伝統的な生活スタイルだった終身雇用、親の介護などは影を潜め、会社や子供に頼れる社会ではなくなっています。こういう社会で求められるのは、自立した生活を維持するだけの経済力です。

老後も経済力を維持するには、まず、子供や孫に過剰な贈り物をするのはやめにしましょう。子供たちの世代にとっても、孫を甘やかされるのは重いものなのです。老後破産を避けるためにも、若いうちからシンプルライフを取り入れることがお勧めです。

お歳暮、お中元などの虚礼をやめ、カードやローンの利用も最小限にしましょう。また、老後の生活を脅かす最大の脅威である病気や怪我を避けるため、普段から健康的な生活を維持するようにしましょう!

まとめ

老後破産しないためには、

・見返りを期待しない自立した生き方!
・無駄を省いたシンプルライフ!
・健康的で健全な生活習慣!

が大切です!

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

「エレメント・タロット」では、誕生日と血液型、そしてあなたの選んだタロットカードで、運命を読み解き、幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。「エレメント・タロット」で自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転するのです。しかも、今なら、スピリチュアル鑑定師による鑑定結果が全員無料でもらえますよ。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント