どうしても離婚したくないなら、気をつけるべき3つのコト!

どうしても離婚したくないなら、気をつけるべき3つのコト!
離婚したくない、婚姻届けを出すときに誰もが考えることですよね。沢山いる人の中からお互い「この人」と決めて結婚した相手です。これから幸せになろう、幸せにしてあげようとは考えていても、離婚するかもと考える人はいないでしょう。

しかし、現在、結婚したカップルのうち、10組中3組は離婚しているという現実があるのです。昔に比べ離婚が普通になってきた世の中ですが、結婚当初は、一生この人と添い遂げよう、離婚したくないと考えていましたよね。

離婚しているカップルは何が原因で離婚しているのかを知って今から気を付けましょう。そこで今日は、どうしても離婚したくない人必見、結婚生活で気をつけるべきことについてお伝えします。



 

どうしても離婚したくないなら、
気をつけるべき3つのコト!

 

1.「ありがとう」「ごめんなさい」を言葉にする


結婚前は相手のしてくれたことに感謝したり、相手に不快な思いをさせたときは謝っていたのに、結婚すると徐々に「ありがとう」や「ごめんなさい」を言わなくなってしまうカップルは多いものです。

付き合っているときは、自分と相手は違う人間という認識があるのに、結婚して家族になると甘えが生じてくるのか、相手を違う人間として尊重しなくなってしまうのです。

確かに家族でも親と子であれば、どんなに我儘をいっても、嫌なことをされても縁が切れない見えないつながりがあるでしょう。しかし、結婚相手に関しては違います。愛しているというお互いの気持ちだけで繋がっている関係なのです。離婚したくないのであれば、結婚してからも相手は自分と違う人間なのだと気持ちを尊重しましょう。

特に「ありがとう」「ごめんなさい」は幼稚園でも教えられる人間関係を円滑にする基礎となる言葉です。離婚したくないのであれば、この二つの言葉は日頃から忘れないようにしてくださいね。

 

2.浮気をしない


離婚したくないと考えるのであれば、浮気は厳禁です。自分の浮気はばれないと考えていても、完全犯罪が存在しないように、完全な浮気も存在しないのです。どんなに気をつけていても、共通の友人が見かけてしまったとか、急用で連絡を取った際に嘘がばれたなどの理由で簡単に発覚してしまうのです。

一時の感情や性欲で、全てを手放すことになっても後悔しないのか冷静になって考えてみましょう。

また、女性によくあることなのですが、結婚するときに「浮気はばれなければしていいよ」と言ってしまう人がいます。しかし、そういう人に限って、浮気の兆候を敏感に感じ取り、浮気を確定させてしまう傾向があります

男心がわかる寛容な奥様に憧れるかもしれませんが、男性は意外と言葉通りに受け止め「ばれないように浮気してしまう」ものですよ。

本心では浮気して欲しくないのであれば、強がらずに正直に「浮気はダメ」と伝えるべきです。それに関して、窮屈だとか束縛だとか返してくる男性は逆に安定した結婚生活に向いてない人といえます。

 

3. 相手を変えようとしない


結婚生活は違った環境で育ってきた者同士が一から生活を始めることです。実際に二人で生活を始めてみると、予想もしなかった小さな違いが喧嘩の原因になります。

例えば、トイレのトイレットペーパーが切れたら、ホルダーに新しいものを替えておくとか、バスタオルは使うたびに洗濯したいとか、下着の畳み方、干し方にこだわりがあるとか。

共同生活を始めるということは、これら一つ一つに対して、新しいルールを‎作っていくということです。自分のやり方を相手にのんでもらえれば一番快適ですが、自分が相手のやり方をすんなり受け入れられないのと同様、相手も長年してきたやり方は変えられないものです。

相手を変えようとしても衝突するばかりですし、お互い疲れるだけです。

トイレットペーパーが使い終わっても替えてくれないのであれば、自分が入った時にトイレットペーパーがなくてイライラしないよう、トイレットペーパーが少なくなってきたら新しいものを手の届く場所に準備しておけば良いのです。バスタオルは使うたびに洗濯したいのであれば、洗濯したい方がバスタオルの洗濯担当になれば良いのです。

二人での生活が長くなっていけば、それが自然になってきて、相手も自分の方に寄ってくるようになりますよ。離婚したくないのであれば、何事も時間が必要だと理解しましょう。

 

以上、どうしても離婚したくない人必見、結婚生活で気をつけるべきことについてまとめてきましたがいかがでしたか。

結婚するということは家族になるということですが、夫婦は元々は他人同士で、愛情というもので繋がっている関係だということを忘れないようにすることが大事なことです。

離婚したくないのであれば、相手を変えようとしないことと言いましたが、それはあなたに我慢しろということではありません。結婚生活を長続きさせる秘訣は日々の小さなガス抜きの積み重ねだったりします。

相手の言動で、嫌だな、止めて欲しいなというものがあるときには、その場で伝えるのことも大切です。全部我慢していては、何かあったときに「これも嫌、あれも嫌」と不満が大爆発してしまいます。

普段から何気なく注意されていたのならば別ですが、普段は何も言っていなかったのに、喧嘩になった途端、「あれもこれも嫌だった、もう限界だ」となると相手もびっくりしてしまいます。

不満を伝える際は、離婚したくないのであれば、相手の気持ちも尊重しながらを忘れないでくださいね。

 

まとめ

どうしても離婚したくないなら、

・「ありがとう」「ごめんなさい」を言葉にする
・浮気をしない、裏切らない
・相手を変えようとしない

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い「ご先祖占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

コメント