離婚したくない方へアドバイス!気持ちを上手く伝える方法

離婚したくない方へアドバイス!気持ちを上手く伝える方法
離婚したくない方が離婚をしたがっているパートナーに上手に気持ちを伝えることは、離婚したい伝えるよりも難しいものですよね。

離婚を切り出す側としては、離婚後の生活や子供をどうするかなど、離婚したくないと言われた時のための説得材料を用意しなければならないので、先回りして情報収集してから話をします。ところがいきなり離婚を切り出された方はどうしても感情的になり、離婚を回避するためにするべきことをできないまま時間ばかり経過してしまいます。

でもここで、離婚したくないあなたが相手の不満を冷静に受け止めて上手に自分の気持ちを伝えることができれば、離婚を回避して元の鞘に収まることができるかもしれません。そこで今回は、離婚したくないときに上手く気持ちを伝える方法についてお伝えします。



 

離婚したくない方へアドバイス!
気持ちを上手く伝える方法

 

とりあえず離婚を受け入れる姿勢を見せる


離婚したくないのにそんなことをするのは難しいと思われるでしょう。しかし最初から「離婚なんて絶対に無理!」と頑なになると、相手も困りますしどうしても離婚しようとして離婚調停を申し込んだり、裁判に発展したりしてしまいます。

そうなる前に、いったん相手の提案を受け入れて前向きに考えてみるという姿勢を見せましょう。そうすれば相手も冷静になり、まずは2人で落ち着いた話し合いをすることができます。

離婚を切り出される時はどうしても切り出す方が優位になりがちですが、「一緒に離婚を考えましょう」となると対等な立場になれますし、場合によってはあなたが優位に立つこともできるのです。

 

相手を責めずに自分が変わろう


相手が離婚を切り出してきた理由が何であれ、もうあなたとの結婚生活を続けられないと思われたからということに変わりはありません。離婚したくないのなら、あなた自身が変わる必要があります

例えばあなたが不倫や借金などしたため離婚を切り出されたのなら、誠心誠意謝り、二度と同じ間違いはしないことを誓いましょう。決して相手が悪いから自分が浮気したんじゃないか、などと不遜な態度をとってはいけません。

逆に相手が不倫していて離婚したいと言われた時は、ショックでしょうが自分にも落ち度があったのだと振り返ってみましょう。価値観の相違、みたいな抽象的な理由を持ち出された時も、ではどうすればいいのかを問いかけ、相手が感じているあなたへの隠れた不満をひきだし積極的に改善する努力をするべきです。

 

子供を引き合いに出さない


離婚問題がこじれるきっかけとして、子供のことがあります。相手はあなた自身に何か不満があって離婚したいのに、子供のことを持ち出して離婚したくないと突っぱねてもあなたの気持ちは伝わりません。

もし離婚を回避できたとしてもそれはあくまで子供のために我慢してくれているだけで、夫婦関係の修繕にはつながりません。家庭内別居状態となり、かえって子供にも悪影響となってしまうでしょう。まずは離婚の原因を解決することを最優先しましょう。

 

別居はしないこと


離婚について話し合いが膠着状態になると、相手が別居を提案してくることがあります。「いったん離れてお互いに冷静になろう」などという口実ですが、実際はさらなる離婚への準備のためにといった目的である場合がほとんど。

一緒に生活していれば、粘り強く話し合ったりふとしたきっかけで関係を改善できるチャンスもありますが、別居してしまえばそれもなくなります。離婚したくないばかりに相手のいいなりになって、別居するようなことは避けましょう。

 

早めにカウンセラーに頼る


いきなりパートナーから離婚を切り出されると、動揺してどうしていいかわからなくなりますよね。相手はどう切り出せばいいか事前に研究しているのに、こちらは急なことですから無理もありません。

離婚したくないけれど、自分だけではどうしようもないと思ったら第三者に頼るのも手です。友人や家族でもいいのですが、意見が偏る可能性が高いので、カウンセラーなど完全に他人目線でアドバイスしてくれる人の方がいいでしょう。

信頼できる相談相手がいれば、パートナーから見限られたという孤独感も解消でき、勇気が湧いてくるでしょう。

 

いかがでしたか。

離婚にいたる原因はさまざまですが、結婚する時のように夫婦揃って「お互いもう愛情がないので離婚しましょう」とすんなり進むということはほとんどありません。

しかも表面的には不倫が原因だったとしても、なぜ不倫にはしってしまったのかを突き詰めていくともっと複雑な問題が潜んでいたりします。離婚したくない方は、もつれた毛糸をほどくように冷静に根気よく問題を解決し相手と交渉していく必要があるのです。

怒りで我を忘れたり、泣いてばかりで話し合いに応じないなどの感情的な行動をとると、糸は余計にもつれ最後には切れてしまうでしょう。

あなたが前向きに行動することで相手の不満が少しづつ和らいで、逆にあなたとは離婚したくないと考えるようになるかもしれません。一度は永遠の愛を誓った仲です。どうか希望を失わず、問題解決に力を注いでくださいね。

 

まとめ

離婚したくない方へアドバイスは、

・離婚を頭ごなしに否定せず、受け入れる姿勢を見せよう
・相手のせいにせず、自分の悪い点を修正しよう
・子供を引き合いに出しても問題は解決しないと心得よう
・別居には応じず、一緒にいる時間をフル活用しよう
・早めに第三者を味方につけよう

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い「ご先祖占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

コメント