離婚した後、離れて暮らす子供と会う時のルールとは?

離婚した後、離れて暮らす子供と会う時のルールとは?
世の中には多くの離婚カップルがいますが、両親の離婚に伴い、子供もどちらかに引き取られることになりますよね。女性が仕事をして家庭を支える収入を得られるようになってからというもの、無理して抑圧された家庭の中にいなくても良いと考える女性が増えています。

離婚の良し悪しはともかく、離婚をして子供をどちらかが引き取るという状況になった後の話になりますが、子どもを引き取らなかった方の親は、定期的に子供と「面会」をするという時間が設けられますよね。通常は、離婚前に子供と合う頻度や時間を決めて、それを公的証書に記し、それに従った範囲内で子供と合うことが許されます。

離婚後も、子供の前では元夫婦としてお互いを思いやっていければいいのですが、血みどろの離婚調停を経た後では、元伴侶への鬱屈した思いが残っている場合もあります。しかし子供には親の事情は関係ありませんので、子供が健康な精神で成長できるように、時には自分の思いを押し隠すことも必要です。

そこで、離婚した後に離れて暮らす子供とスムーズに会うために、守るべきルールについてお伝えします。



 

離婚した後、
離れて暮らす子供と会う時のルールとは?

 

時間をきちんと守る


離婚後に子供と会う時に「何月何日の何時から何時まで」という約束を、元伴侶とかわすことになります。元伴侶との関係はそれぞれでしょうが、お互いは顔を合したくないというケースも少なくないでしょう。更なる憎しみを煽らないためにも、時間や日付の変更をしないようにして、お互いにスムーズに子供の引き渡しが出来るように心がけてください

特に面会時間を過ぎているのに、連絡もなく子供と一緒に遅れてくるという事があると、次回の面会に響くことになりかねません。公的な決まりと理解して、面会時間を厳守するようにしましょう。

 

子どもと同居している元伴侶の悪口を言わない


両親が離婚しようとも、子供にとっては「親」は親です。一生変わることはありません。子供はどちらの親も好きで、どちらの親とも仲良くしたいものなのです。そんな子供の気持ちを無視して、自分の気持ちを押し付ける親がいますよね。

離婚後の、せっかくの子供との時間なのに、「お前のお母さんは最低だ」「お前のお母さんが悪いから、離婚したんだ」「お前のお母さんはお前のことを嫌っている」などと言って、自分の愚痴の吐き出しどころとして子供に話す人がいるのです。最低ですよね。しかし最低であっても、伴侶や家族から引き離された孤独な人間であれば、陥ってしまう闇でもあるので、気をつけるようにしましょう。

 

あまり遠方まで連れ出さない


当然と言えば当然ですが、久々の我が子との再会に興奮して、奮発して遠方へお出かけしてしまう人もいます。計画をきちんと立てて、あらかじめ元伴侶にそのことを伝えて、了解を得ていれば何の問題もありません。

しかし突発的にどこかへ出かけよう!という事になった時に、「時間内に戻ればいいや」と何も伝えずに遠方にお出かけしてしまう人もいます。旅先で事故などに合わないとも限らないため、必ず元伴侶の了解を得てからのお出かけにするようにしましょう。

 

過剰に物を買い与えない


離婚後に久々に合う我が子に、「どうしても好かれたい!」「良い印象を持たれたい!」と願う人は多いですよね。当然の人間の心理と言えます。しかし好かれるためには長い時間をかけて手間暇をかけ、信頼関係を築く必要があるのです。

たまに会うだけで信頼関係を結ぶことは難しく、距離を感じるのは仕方のないこと。健全な成長を願いつつも、一歩引いた立ち位置で見守っていく気持ちが大切です。その場限りで愛情を示そうと躍起になって、やたらとお金をかけて物を買い与える人がいますが、ゲームや電子機器など高価すぎるものを与えるときは、あらかじめ元伴侶に相談してからにしましょう。

 

子どもが立ち入らない場所に連れて行かない


せっかくの離婚後の面会時間なのに、日常のギャンブルにおぼれ続ける愚かな人もいます。愚かと他人が言って良いことではないかもしれませんが、そんな時くらい子供に真摯に向き合ってほしいものですよね。

義務だから仕方なく子供と面会しているのでしょうか。競馬やパチンコに連れていき、キッズスペースで子供だけ遊ばせて、自分はギャンブルに夢中になる親もいるのです。離婚後、たまにしか会えない子供なのだから、そんな時くらい子供のいきたい場所へと連れて行ってあげてくださいね

 

さて、離婚後に子供に会うときに、守るべきルールがいくつかあります。それについて理由とともに紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

一昔前に離婚したとなると、周囲からものすごく色眼鏡で見られたものですが、現代での「離婚」は全く珍しくありません。離婚夫婦の間の子供の処遇も、法の下、取り決めがなされています。

しかし法ではカバーできない子供の心というものが、存在するのです。ただでさえ両親の離婚という辛い経験をせざるを得なかった子供に、せめて更なる負担をかけない配慮を、両方の親で持つことが大切です。

お互いは憎しみ嫌い会っているのかもしれませんが、「子供を守りたい。健全に育ってほしい」という気持ちは二人とも持っているでしょう。その気持ちを大切に、自分よりも子どもの気持ちを優先させるのです。

 

まとめ

離婚後、子供と会う時のルールとは

・日付や時間をきちんと守る
・子どもと同居している元伴侶の悪口を言わない
・あまり遠方まで連れ出さない。止むを得ず連れ出すときは、元伴侶の了解を得る
・「良い親」と思われるために、過剰に物を買い与えない
・パチンコ屋など、子どもに不適切な場所に連れて行かない

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント